Webライター関連記事は新サイトに移転しました。新サイトはこちら

賃貸併用住宅の収支を公開!実際にかかった費用やキャッシュフローも紹介

本ページはプロモーションが含まれています。
1棟2戸の賃貸併用住宅 実際にかかった費用と収支を公開

こんにちは、不動産ライターの小花絵里(おばなえり)です。

賃貸併用住宅を検討する中で気になる項目の一つが、実際の収支ではないでしょうか?

実際に賃貸併用住宅を建てて運用していくには、初めにどのくらい費用がかかり、居住中はどのような支出があるのか気になる人も多いでしょう。

そこで今回は、実際に1棟2戸の賃貸併用住宅を建てて暮らしている私たちの収支を公開します。

私たちの実例から初期費用・ランニングコストを細かくご紹介しますので、賃貸併用住宅に興味のある人は、ぜひ参考にしてみてください。

私たちは2019年に賃貸併用住宅を新築しました。現在とは建築費が大きく異なるため、参考程度としてください。

前回の話はこちら

この記事を書いた人

不動産会社・住宅メーカーでの経験から、不動産についてわかりやすく解説する不動産ライター。大手Webメディアにも多数寄稿。執筆実績はこちら

保有資格:宅地建物取引士/賃貸不動産経営管理士/FP2級/日商簿記2級/教員免許(国語)他

Twitter:@writerERI
Instagram:@eri.writer
Blog:不動産×ライターの生きる道
   Webライターのお悩み相談室

目次

賃貸併用住宅の建築にかかった費用の内訳

賃貸併用住宅の建築にかかった費用の内訳

私たちが建てた1棟2戸の賃貸併用住宅にかかった建築費は、土地+建物+諸費用の合計で約2,800万円でした。

費用
古家付土地約650万円
建物解体+残置物撤去約110万円
建築費(外構工事含む)約2,000万円

更地ではなく古家付土地であったため、建物を解体する必要がありました。室内には要らないものがたくさん残っていたため、残置物撤去費用もかかっています。

絵里

解体業者に残置物撤去もお願いしたので、多少は値引きしてもらえました。

私たちはそう遠くない将来に住み替えを検討していたため、一時的に暮らす住宅としてローコストメーカーを選択しています。

このハウスメーカーは賃貸併用住宅用の建築プランをいくつか準備していました。そのため、他社よりも圧倒的に建築費を抑えることができたのです。

現在は、建築費高騰の影響を受けて、そのハウスメーカーにあった賃貸併用住宅用の建築プランはなくなっています。

私たちの土地探しとハウスメーカー選びについての体験談は、こちらの記事にまとめています。

1棟2戸賃貸併用住宅の収支

1棟2戸賃貸併用住宅の収支
総価格2,800万円
住宅ローン総額2,800万円
月賃貸収入8.4万円
月返済額6.3万円
月諸経費0.7万円
月収支+1.4万円

キャッシュフローは月々約14,000円プラス。収益化できるマイホームを実現しています。

今後も不動産投資を続けていくつもりだったので、手元に多くキャッシュを残すためにフルローンで新築しました。

住宅ローンの借入期間を長めに設定して、月々の返済額を抑えています。万が一、空室期間が長引いても自力で返済できる金額にしたかったからです。

絵里

空室リスクに備えて、私たちの本業からの収入で問題なく支払える返済額にしています。

私個人としては、住宅ローンは金利が低いので長く借りて短く返すのが理想だと思っています。余裕があるときにまとめて返済する戦略です。

ちなみに、月々かかっている諸経費の内訳は、管理委託料・ケーブルテレビ・インターネット(ネット無料)・共用水栓です。

賃貸併用住宅では余裕のある資金計画を立てよう

賃貸併用住宅では余裕のある資金計画を立てよう

住居費を抑えられる上に、収益化も可能なマイホームとして魅力の賃貸併用住宅。

賃貸併用住宅で失敗しないためには、余裕のある資金計画を立てることが重要でしょう。

【PR】

賃貸併用住宅で失敗しないためには、立地選び&ハウスメーカー選びが非常に重要です。

【タウンライフ家づくり】を利用すると、あなたの街のハウスメーカー各社から間取りプラン・資金計画・土地提案をしてもらえます。

出典:タウンライフ家づくり

人それぞれ、住宅に求めるポイントは異なります。ご自身に合ったオリジナルの家づくり計画書を無料で依頼できるので、賃貸併用住宅を検討している人は、ぜひ資料を取り寄せて比較してみてください!

\ 無料で資料を一括請求♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次