WebライターERIの日記帳

不動産WebライターERIによる副業&投資ブログです。

【読書感想文】天才はあきらめた/山里亮太

南海キャンディーズ 山里亮太さんの著書「天才はあきらめた」。

私は山里さんのファンとか、お笑いファンだとかいうわけではありません。

でも、山里さんの言葉選びが好きなのでTwitterをフォローしています。

 

先日、山里さんのTwitterでこんな話がありました。

 

私はこのツイートをリアルタイムで眺めていました。

そのとき、仕事でちょうど富山市にいたのです。

 

これは…行くしかない!

 

というわけで、本屋に立ち寄って購入しました。サイン付き本。


天才はあきらめた / 山里亮太


 

今回は山里亮太さん「天才はあきらめた」の感想文です。

 

スポンサーリンク

 

あらすじ

「自分は天才にはなれない」。そう悟った日から、地獄のような努力がはじまった。嫉妬の化け物・南海キャンディーズ山里は、どんなに悔しいことがあっても、それをガソリンにして今日も爆走する。コンビ不仲という暗黒時代を乗り越え再挑戦したM-1グランプリ。そして単独ライブ。その舞台でようやく見つけた景色とは――。2006年に発売された『天才になりたい』を本人が全ページにわたり徹底的に大改稿、新しいエピソードを加筆して、まさかの文庫化! 格好悪いこと、情けないことも全て書いた、芸人の魂の記録。《解説・オードリー若林正恭》

引用:山里亮太著「天才はあきらめた」カバーより

カバーの裏に書かれていたあらすじを引用しています。

あらすじの通り「地獄のような努力」と「怒り・悔しさ」を原動力にして爆走しまくるエピソードが素晴らしすぎます。

 

ネタバレ有りの感想文を書いていますので、気になる方は先に書籍を読んでください。 

 

 山里さんの原動力は怒り・嫉妬・悔しさ

f:id:ERIx:20190319202457j:plain

南海キャンディーズの山里さんといえば…
私の中では、「咄嗟に出てくるワードセンスが素晴らしい人」というイメージです。
私は山里さんのファンではないしお笑いにもそんなに詳しくないので、ファンの方から見て変な感想だったらごめんなさい。

読む前にしくじり先生を見ていたので、内容はなんとなくわかっていました。
ただ、文字になった言葉として見ると、しくじり先生を見たときとはまた違う感想を持ちました。

山里さんは本当にストイックです。
怒りをエネルギーにして突っ走る。
誰にでもできることではありません。

 

南海キャンディーズを組む前のコンビのとき、事務所に仕事のオファーが来ていたのに事務所が断っていることが発覚した。
事務所から言われた理由は「素人だから」。

 

…酷すぎませんか!?
私だったら確実に心折れてますね。
自力でオファーを掴んでいたんですよ!?
怒りで事務所の人に噛みついてそうです(*_*)
努力で勝ち取ったオファーだったのに、事務所が潰してたなんて。

 

しかしそこは山里さん。
ここでぐっとこらえてノートに書き殴り、成功のためにひたすら努力し続けました。
そして、少しずつ貯め込んだ自信を総動員して奮い立たせる。
並大抵の精神力じゃないよ……。

第4章「有頂天、そしてどん底」は、読んでいて私も辛くなりました。
努力家で真面目一筋、お笑いに取り組んでいた山里さんだからこそ感じるプレッシャー、焦り。

 

この本の冒頭には「ピザの話」がありました。

  • 気が付くとピザの空き箱が目の前にあった
  • 「食事をするときは仕事のことを考えなくても良い」というマイルール

最初に読んだときは、意味がわかりませんでした。

でも…。4章の終わりでこの話に戻ってきたとき、心が苦しくなりました。

 

自分を責めて責めて責めて… 
目の前が真っ暗。

 

「食事をするときは仕事のことを考えなくても良い」というマイルールを裏返せば、「仕事のことを考えないためには食事をすれば良い」ということになります。

山里さんは売れたのにプレッシャーを感じる毎日。ネタも思うように作れない。そして、M-1で決勝最下位という結果。

仕事のこと=お笑いのことを考えないために、無意識に食べてしまっていたのです。

こっちは読んでいるだけなのに、辛い思いが手に取るように伝わってきて泣けてきました。

もちろん、本人でないと辛さは100%理解できないので想像です。

 

山里さんは「人に恵まれてる」と表現していました。
私には、お笑い一筋で並大抵ではない努力をしたからこそ人が寄ってきていると感じました。

やっぱり、世の中で成功して活躍している人は普通じゃない。
自己分析も半端ないし、普通では考えられないくらい努力をしている。

 

努力の先に見えるもの

山里さんは尋常じゃない努力、怒りをエンジンにして突っ走るという常人ではできないことをし続けたからこそ、今の立ち位置を確立しているのですよね。

 

私は夫の仕事の関係で、縁もゆかりもない地方で暮らしています。

しばらくはずっとこの地方で暮らすことになりそうです。

上司から付きまとわれたり嫌がらせされたりして迷惑していますが、男尊女卑の強い閉鎖的な会社なので、「女性なら我慢しろ」という感じの環境です。

 

関連記事

www.erix.work

 

正直、仕事を辞めたいです。でも、地方で出ている求人って本当に少ないのです。

私は、どんな未来を目指しているのか?

  • ライター業のみで稼ぐ
  • 行政書士で独立する   など。

理想はたくさんあるけど、すべてをこなす技量は私にはありません。
まずは私にとっての成功・目標とは何なのかを考えていきたいな。