WebライターERIの日記帳

不動産WebライターERIによる副業&投資ブログです。

日商簿記3級を取得するメリットとは

こんにちは、ERIです。

突然ですが、日商簿記3級の勉強を始めました。
 
なぜ本業とも副業とも関係のない日商簿記3級なのか?
私は日商簿記3級を取得するメリットがあると感じたからです。
 
今回は、日商簿記3級を取得するメリットをまとめてみました。
 

 

スポンサーリンク

 

就職・転職に有利

f:id:ERIx:20190403010412j:plain

私自身、経理の仕事がしたい!と考えたことがあります。

経理事務の求人を見ると、「日商簿記3級(または2級)以上」「〇年以上の経理業務経験者」という条件が非常に多いのです。

中途採用であれば欠員補充のことが多く、即戦力を求めているということでしょう。

 

日商簿記3級を持っていれば、こういった経理事務の求人に応募することができます。

特に日商簿記2級であれば、書類選考で有利になるのではないでしょうか。

就職・転職の幅が広がるため、日商簿記3級を取得するメリットの1つといえるでしょう。

 

経理以外の業務にも活かせる

日商簿記3級の勉強をすることで、商業簿記の基本を学ぶことができます。

経理の仕事でなくても簿記の初歩的なことがわかるので、普段の業務に活かすことができるでしょう。

営業職であれば、取引先の財務諸表から財務状況を把握するのに役立ったり、利益や仕入れから顧客への提案方法を考えたりすることができるようになったり、といったことが考えられます。

経営に近い管理職であれば、財務諸表やキャッシュフロー表などから会社の経営状況を考えるのに簿記の知識が役立つでしょう。

 

また、個人事業主で青色申告を行う場合は帳簿記入が必要となるので日商簿記3級の知識が役立ちます。

経費や固定資産の減価償却などの知識も身につくため、普段から意識できるようになるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

複式簿記で家計簿をつけられる

経理部の人に日商簿記3級を受験すると話したときに提案されたことがあります。

それは、日商簿記3級の知識があれば「複式簿記で家計簿をつけられる」ということ。

 

一般的に「家計簿」と呼ばれるものは単式簿記です。

これに対し、複式簿記でつける家計簿は仕訳をして記入していきます。

家計簿を複式簿記で記入することによって、不動産や借入金などすべての取引を踏まえたお金の状況がわかるようになります。

また、特定の日・期間における資産や負債の総額や勘定科目ごとの残高がわかるようになるので家計の状況を把握しやすくなるでしょう。

  

おわりに

 私はWebライターなので、日商簿記3級を取得することで執筆できる記事が増えるかもしれないなと思っています(笑)

3級は簿記の基本ですので、直接仕事には繋がらなくても知識を持っていて損はないはず。

ぜひみなさんも、日商簿記3級に挑戦してみてください。

 

関連記事

www.erix.work