AIライティングツール「Catchy」をレビュー!評判・口コミは?使い方も紹介

AIライティングCatchy 実際に使ったレビューや評判・口コミをご紹介

こんにちは、不動産ライターの小花絵里(おばなえり)です。

文章を自動で作成できるAIライティングツール。実際の精度はどのようなものであるか気になる人もいるのではないでしょうか?

読者さん

AIの文章ってどのくらいのレベル?本当に簡単な操作で作成できるの?

そこで今回は、AIライティングツール「Catchy(キャッチー)」 を実際に使ってみました!

Catchyを実際使ってみたレビューと他の方からの評判・口コミ、使い方についても解説しますので、興味のある方はぜひ実際に使って試してみてください。

この記事を書いた人:小花絵里(おばなえり)
  • キャッチコピー
  • 記事制作
  • LINEの返信
  • メールの提案 など…

AIライティングツール「Catchy(キャッチー)」 には、100種類以上の文章生成ツールがあります。

単純な文章の作成だけでなく、広告のコピーライティングを作成したり、マーケティングの具体的なアイディアを作ることも可能です。

すべての生成ツールを無料で試すことが可能!まずは無料で使い心地を試してみてください。

\ クレカ登録不要で無料お試し /

目次

AIライティングツール「Catchy(キャッチー)」とは

AIライティングツールCatchy(キャッチー)
出典:Catchy(キャッチー)公式サイト

AIライティングツール「Catchy(キャッチー)」 は、株式会社デジタルレシピが開発・提供しているAIによる日本語対応の文章生成サービスです。

2022年6月30日にリリースしてからわずか6日で会員数が1,800人超え、12月17日時点では会員数20,000人を突破している今注目のAIライティングツールとなっています。

読者さん

日本語に対応しているのは嬉しいですね!

Catchy(キャッチー)の文章生成ツールは100種類以上

Catchyで使える生成ツール
  • キャッチコピー
  • 広告のタイトル(Google・Facebook・Twitter)
  • 記事制作(タイトル・見出し・導入文・本文など)
  • メタディスクリプション
  • CTA(読者への行動喚起)
  • 難しい話をわかりやすく説明
  • 怒られたときに使いたい謝罪LINE
  • 忘年会の参加を断る
  • TikTokの動画アイデア
  • ハッシュタグ生成
  • Instagramの投稿文 など

Catchy(キャッチー)で使える文章生成ツールは、単純な文章の作成だけでなく、SNS・LINE・広告・事業計画・マーケティングなどの幅広い分野で利用することができます。

アメリカのOpenAI社が開発した「GPT-3」という高性能な自動言語モデルが使用されているので、人間味のある自然な日本語の文章を作ることが可能です。

Catchy(キャッチー)の料金プラン

料金プラン料金機能
Free無料・全生成ツール利用可能
・10クレジット付与
Starter月3,000円(100クレジット付与)
月5,700円(200クレジット付与)
月8,100円(300クレジット付与)
・全生成ツール利用可能
・クレジットの単発購入
・チャットサポート
Pro月9,800円(使い放題)・全生成ツール利用可能
・無制限使い放題
・チャットサポート
Enterprise要問い合わせ・全生成ツール利用可能
・無制限使い放題
・チャット&ビデオサポート
・独自生成ツール作成可能
2022年12月17日時点

Catchy(キャッチー)の料金プランは上記の通りです。無料で使えるプランもあるので、実際に使い勝手を試してから有料プランを検討できるのが良いですね!

ちなみに、「クレジット」は生成ツールごとに設定されている数値です。たとえば【記事のタイトル】は1クレジット消費、【記事の本文】は4クレジット消費となっています。

クレジットはまとめて購入するほどお得になる仕組みになっているため、あとから買い足すかもしれないとお悩みの方は多めに購入しておいた方が良いかもしれませんね。

読者さん

Catchyでブログ記事制作の負担を減らせるかも…!?

\ クレカ登録不要で無料お試し /

AIライティングツールCatchy(キャッチー)の使い方

AIライティングツールCatchy(キャッチー)の使い方

ここでは、AIライティングツール「Catchy(キャッチー)」の使い方を解説します。

STEP
生成ツール画面から使いたいツールを選択
AIライティングツールCatchy(キャッチー)
出典:Catchy(キャッチー)公式サイト

ログインすると生成ツールの選択画面が表示されるので、使いたいツールを選択しましょう。今回は、記事の導入文を作成してみます。

STEP
概要を入力する

今回は、「記事のタイトル」と「何について書きたいか、少し教えてください」に例文をそのまま入力してみました。

STEP
「作成する」を押すと文章が作成される

もしあなたが独学でプログラマーになることに興味があるなら、もう探す必要はありません。この記事では、成功するために必要なツール、リソース、マインドセットについて説明します。また、どのようなサービスを開発できるようになるのか、さらに、どのように進めていけばいいのかについても、洞察を提供します。さあ、あなたの旅を始める準備はできましたか?

独学でプログラマになろうと思ったことはありますか?もしそうなら、この記事はまさにあなたに必要なものです。ここでは、プログラミングスキルを向上させるために必要なリソースやツール、正しいマインドセットを維持し、価値あるサービスを生み出すためのヒントについて学びます。さっそく読んで、独学でプログラマーを目指してください。

日本語の文章としてはそれほど問題ないのではないでしょうか?導入文として上手にまとめられていると思います。

絵里

もっと違和感ある文章が出来上がると思っていたので、精度の高さにびっくりしました!

\ クレカ登録不要で無料お試し /

【レビュー】Catchy(キャッチー)を実際に使ってみた

【レビュー】Catchy(キャッチー)を使って実際に記事本文を作ってみた

今回は、AIライティングツール「Catchy(キャッチー)」を使って、私自身のキャッチコピー(短文)と「メルカリで値下げするタイミング」のテーマで実際に記事本文を作ってみました!

絵里

さっそくレビューしていきます!

レビュー①キャッチコピー(短文)の作成

今回は、私のTwitterプロフィール文をほぼそのまま入力してみました。

↓作成されたキャッチコピー(短文)がこちら

経験豊富なプロフェッショナルによる卓越した不動産ライティング。

魅力的な料金でプロの不動産ライティングサービス。

絵里

上記2つのキャッチコピーはそのまま使っても問題なさそうに思えます。

あなたの不動産ライティングを正しく取得 – 専門家から。

10年以上にわたって不動産ライティングで優れた結果を提供する。

絵里

言いたいことはわかるけど、少し改良が必要そうですね。

すべての単語がカウントされます – ベスト不動産ライターを信頼してください。

絵里

これは意味がわからなかった。

キャッチコピー(短文)では、1クレジット消費で5つのキャッチコピーを考えてもらえます。

すぐに使えそうなクオリティのキャッチコピーもあったので、ご自身の肩書きやキャッチコピーに悩んだときに使いやすそうだと思いました。何回か元の文章を変えて試してみても良さそうです。

レビュー②記事本文の作成

AIライティングツール「Catchy(キャッチー)」

↓作成された記事がこちら

メルカリで値下げをするタイミングはいつ?売れる曜日や時間帯を解説!

メルカリで売れたいけど、値下げするタイミングがわからない……」とお困りの方も多いのではないでしょうか。せっかく不用品を売るなら、できるだけ高い値段で売りたいですよね。今回は、メルカリで値段を下げるベストなタイミングを解説します。また、売るのに最適な曜日や時間帯についても解説していきますので、値下げするタイミングに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.メルカリで値下げをするベストなタイミングは?

メルカリで値下げをする場合、一番考慮すべきなのは、類似の商品が売られている現在の価格です。類似商品が安く売られているのであれば、自分の商品の価格も下げるべきでしょう。とはいえ、時期や曜日、時間帯を考慮することも大切です。

ハロウィンの仮装など、季節感のあるものを売る場合は、ハロウィンの数週間前から商品の値段を下げ始めるとよいでしょう。そうすれば、売れていない場合は価格を調整し、競争力のある価格で販売することができます。同様に、春には夏物、秋には冬物の価格を下げるとよいでしょう。

2.メルカリで売れる曜日と時間帯

メルカリで売るのに最適な曜日や時間帯はというと、売るものによって本当に様々です。例えば、古本を売るのであれば、暇な人が多い週末の方が売れる可能性があります。一方、洋服やインテリアのようなものを売るのであれば、一般的に人々がこの種の商品を買いに出かける平日に売った方が運がいいかもしれません。

一日の最高の時間については、それは本当にあなたが販売しているアイテムに依存します。一般的に、アイテムは午前と午後の半ばの時間帯によく売れる傾向があります。というのも、この時間帯はメルカリを活発に見ている人が多いからです。ただし、夜間配送が可能な商品を売る場合は、早く届くように注文する人が多い夕方の方が売れる可能性があります。

3.メルカリで値下げするタイミングを見極め、効率よく売ろう

メルカリで値下げするのに最適な曜日や時間帯が決まったら、そのタイミングで商品の値段を下げるようにすることが大切です。メルカリで成功するコツは、自分もお客さんも満足できる価格を実験的に見つけることです。

あまりにゆっくり値下げをすると、見込み客を逃してしまう可能性があります。逆に、急激に値段を下げすぎると、商品の価値よりも安く売ってしまう可能性があります。そのため、早く下げるか遅く下げるかのバランスをとることが重要です。

まとめ

結論として、メルカリで値下げをするタイミングは、季節や曜日、時間帯を考慮することが大切です。また、利益を最大化するためには、下げすぎと下げなさすぎのバランスを見極めることが大切です。これらのポイントを押さえれば、メルカリでの出品を成功させ、実りあるものにすることができるはずです。

1,183文字の記事が出来上がりました。Web記事としては少なめの文字数ですが、そもそも「1,000字程度」の文章を作るもののようなので、大見出しごとに生成すれば文量のある記事が仕上がりそうですね。

3つ目の見出しは「まとめ」のつもりで作りましたが、新しく「まとめ」が作成されています。

ノウハウ系のテーマだったからか全体的に内容が浅いように感じられますが、人間が書いたような自然な日本語の記事としてきれいにまとまっていますよね。

絵里

「要点から文章を膨らませる」生成ツールもあるので、組み合わせると良いかもしれませんね。

AIライティングツール「Catchy(キャッチー)」

ちなみに、今回は記事のタイトル・導入文・見出しをこちらで入力しましたが、タイトルからすべて自動で作成することも可能です。

読者さん

記事の大枠をCatchyで作り、自分の言葉で推敲していくやり方も記事制作の時短につながりそうですね!

記事のアイデア・目次作成・リライトなど、【記事の作成】だけでも幅広い生成サービスを提供しています。興味のある方は、無料で試してみてください。

\ クレカ登録不要で無料お試し /

Catchy(キャッチー)の評判・口コミ

Catchy(キャッチー)の評判・口コミ

ここでは、実際にAIライティングツール「Catchy(キャッチー)」を利用した人の評判・口コミをご紹介します。

Catchyの良い評判・口コミ①:自然な日本語で文章力が高い

読者さん

AIライティングの精度が高いのは魅力ですね!

Catchyの良い評判・口コミ②:料金体系が色々あって選びやすい

読者さん

無料プランでお試し・都度購入・サブスク…と自分に合ったプランを選びやすいですね!

Catchyの良い評判・口コミ③:文章生成ツールの種類が幅広い

読者さん

100種類を超える生成ツール!幅広く活用しやすいこともメリットですね!

Catchyの悪い評判・口コミ①:無料プランだと長文を書きにくい

読者さん

本格的に使うなら有料プランの方が良さそうですね!

Catchyの悪い評判・口コミ②:文字数の指定ができない

読者さん

生成ツールの種類を変えて試してみるのも良いかもしれませんね。

AIライティングツール「Catchy」を使って記事制作を自動化しよう

AIライティングツール「Catchy」を使って記事制作を自動化しよう

AIライティングツール「Catchy(キャッチー)」は、自動で文章を作成できるサービスです。

100種類を超える生成ツールがあり、単純な文章作成だけでなくビジネスアイデアやSNSやメールの提案など幅広く活用できるのが特徴です。

自然な日本語で文章を作成してもらえるので、記事制作の負担を少なくすることができるでしょう。

絵里

上手く使いこなせば外注費を減らせるかも…!?

Catchy(キャッチー)は無料で使えるプランも提供していますので、興味のある方は使い心地を試してみてください。

  • キャッチコピー
  • 記事制作
  • LINEの返信
  • メールの提案 など…

AIライティングツール「Catchy(キャッチー)」 には、100種類以上の文章生成ツールがあります。

単純な文章の作成だけでなく、広告のコピーライティングを作成したり、マーケティングの具体的なアイディアを作ることも可能です。

すべての生成ツールを無料で試すことが可能!まずは無料で使い心地を試してみてください。

\ クレカ登録不要で無料お試し /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次