MENU

賃貸不動産経営管理士を取得するメリットとは?資格取得者が実体験から解説します。

みなさんは「賃貸不動産経営管理士」という資格をご存知でしょうか?

賃貸不動産経営管理士は、名称の通り「賃貸不動産の管理」に関する資格です。

以前は民間資格でしたが、国家資格となりました!

そこで今回は、賃貸不動産経営管理士を取得するメリットについて解説します。

賃貸不動産経営管理士を取得した私の実体験も踏まえて解説しますので、賃貸不動産経営管理士の取得を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

賃貸不動産経営管理士とは?

f:id:ERIx:20210327115924j:plain

賃貸不動産経営管理士は、名前の通り「賃貸住宅の管理・運営に関する専門家」のこと。

つまり、賃貸不動産経営管理士は、アパートやマンションといった賃貸不動産の管理に関するスペシャリストだということです。2021年より国家資格となりました!

2007年に賃貸不動産経営管理士の資格制度が始まり、2011年に国土交通省告示の「賃貸住宅管理業者登録制度」が創設されています。

現在、賃貸住宅管理業者登録制度に登録している会社は、事業所ごとに1名以上の賃貸不動産経営管理士等を配置することが必須となりました。

そのため、特に賃貸不動産の管理を行う会社では、賃貸不動産経営管理士の需要が高まっているといえるでしょう。

賃貸不動産経営管理士を取得するメリット

f:id:ERIx:20200405172314j:plain

ここでは、賃貸不動産経営管理士を取得するメリットについて解説します。

実際に賃貸不動産経営管理士を取得した私の経験も踏まえて解説しますので、賃貸不動産経営管理士の取得を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 賃貸管理に関する知識が身に付く
  • 賃貸住宅のトラブルに関連する知識が身に付く
  • 資格手当が支給される会社も
  • 不動産業界への就職・転職に役立つ
  • 名刺に追加すると賃貸管理のプロとして信頼されやすい

賃貸管理に関する知識が身に付く

賃貸不動産経営管理士の試験では、管理実務や建物・設備に関する知識など賃貸管理に関する知識が問われます。

賃貸管理に関する知識は、実務を行う人だけでなく日常生活における住まいに関連した情報として役立ちます。

特に賃貸住宅で暮らしている人にとっては、賃貸管理に関する知識は普段の暮らしに役立つ可能性が高いといえるでしょう。

賃貸住宅のトラブルに関連する知識が身に付く

賃貸不動産経営管理士の勉強をすることで、賃貸住宅のトラブルの中でも多い「賃貸借契約」「退去時の原状回復」に関する知識を身に付けることができます。

知識がないと相手の主張が正しいか判断できず、不安に感じてトラブルに発展してしまう可能性があります。

賃貸住宅のトラブルに関連する知識を身に付けることで、適切な契約内容であるか・適正な請求であるかを判断することができるでしょう。

資格手当が支給される会社も

会社によっては、賃貸不動産経営管理士の資格取得者に資格手当を支給しているところがあります。

参考までに、私が経験した不動産会社は2社あるのですが、どちらも賃貸不動産経営管理士の資格手当が支給されていました。

賃貸不動産経営管理士における資格手当の金額は、月々1,000円~3,000円程度でした。

なお、私が働いていた不動産会社では、入社して数年経ってから賃貸不動産経営管理士の資格手当が追加されています。

国土交通省告示の「賃貸住宅管理業者登録制度」に対する影響が大きいのでしょう。

今は賃貸不動産経営管理士の資格手当がない会社でも、今後賃貸不動産経営管理士の需要が高まれば、新しく追加されるかもしれませんね。

不動産業界への就職・転職に役立つ

私が不動産業界での転職活動をする中で、賃貸不動産経営管理士が役立ったことがありました。

賃貸住宅管理業者登録制度では「事業所に1人以上の賃貸不動産経営管理士が必要」です。

そのため、賃貸管理業を行う会社からすれば、少しでも多くの資格者を抱えていた方が安心なので、賃貸不動産経営管理士の資格取得者を評価するのでしょう。

ただし、不動産業界での就職・転職に最も役立つ資格は「宅地建物取引士」です。

個人的には、賃貸不動産経営管理士は、宅建士に加えて持っていたら評価されやすいサブ的な役割のように感じています。

不動産業界への転職に興味がある人は、不動産業界・宅建士の求人多数の「宅建jobエージェント」がおすすめです!

\ 不動産業界・宅建士の求人情報はこちらから /

名刺に記載すると賃貸管理のプロとして信頼されやすい

上記でも解説したように、賃貸不動産経営管理士は「賃貸管理のプロ」です。

賃貸不動産経営管理士であることを名刺に記載すると、賃貸管理のプロとして信頼されやすくなることが考えられます。

私は賃貸管理の実務経験はありませんが、名刺に賃貸不動産経営管理士も記載していました。

名刺を渡した人から「賃貸不動産経営管理士ってどんな資格?」と聞かれたことが何回かあります。

賃貸不動産経営管理士は宅建士と比較すると知名度が低いのですが、文字数が多いので目に留まりやすいみたいですよ。

賃貸不動産経営管理士を取得するメリットを踏まえて挑戦してみよう!

f:id:ERIx:20200407114526j:plain

今後、国家資格化される動きのある賃貸不動産経営管理士。

国家資格になれば今よりも知名度が上がり、さらに需要が高まることが予想されます。

賃貸不動産経営管理士は独学でも十分合格できる難易度です。

下記の記事で賃貸不動産経営管理士の受験におすすめのテキスト・問題集をご紹介していますので、興味のある人はぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる