MENU

初心者におすすめ!クラウドワークスを利用したWebライターの始め方とは

在宅ワークの中でも人気の高い仕事の1つが「Webライター」。

Webライターは基本的にパソコンとネット環境があれば仕事ができますので、仕事を始めるハードルが低いことも魅力の1つでしょう。

Webライターの仕事の始め方は様々ですが、初心者におすすめしたいのがクラウドソーシングサイトの利用です。

そこで今回は、代表的なクラウドソーシングサイトの1つである「クラウドワークス」でWebライターの仕事をする方法について解説します。

Webライターや在宅ワークに興味のある人は、この記事を参考に仕事を始めてみましょう!

目次

クラウドワークスとは

f:id:ERIx:20191214131311j:plain

クラウドワークスは、代表的なクラウドソーシングサイト1つ。

クラウドワークスでは、個人・法人を問わず、仕事を発注したい人と仕事を受注したい人をインターネット上でマッチングできるサービスを提供しています。

ここでは簡単に、クラウドワークスにある仕事の種類を解説します。

クラウドワークスにはWebライティング以外の仕事も多数ありますので、ぜひ参考にしてみてください。

クラウドワークスでの仕事受注形式

クラウドワークスにある仕事の受注形式には「タスク」「プロジェクト」「コンペ」の3種類があります。

ここでは、それぞれの仕事の特徴をまとめました。

タスク形式

タスク形式の仕事内容例

  • 特定の地域に住む人へのアンケート
  • サービスを利用した感想
  • アプリを利用した感想
  • テレビ番組・ドラマの感想   など

タスク形式は、クライアントが準備した設問等に回答して内容が承認されると報酬が支払われる仕組みとなっています。

クラウドワークス上ですぐに作業に取り掛かれるので、初心者でも簡単に取り組むことができます。

なお、タスク形式は短時間で簡単にできるものが多いのが特徴ですが、単価は低め。

クライアントの依頼内容を満たしていなければ承認されず、報酬が得られない可能性があります。

プロジェクト形式

プロジェクト形式の主な仕事内容

  • Webライティング
  • テープ起こし
  • 翻訳
  • プログラミング
  • Web制作
  • 事務作業    など

プロジェクト形式では、発注者と受注者がお互い条件に合意すると契約ができる形式となっています。

プロジェクトの中には、アルバイトのように時間単位で報酬を受け取る「時給単価制」と、仕事内容に応じて契約時に報酬を決める「固定報酬制」の2種類があります。

ちなみに、Webライターの仕事は「プロジェクト(固定報酬制)」で進むことがほとんどです。

コンペ形式

主なコンペ形式の募集内容

  • ロゴマーク
  • キャッチコピー など

コンペ形式では、クライアントが募集する内容に対して提案を行い、採用されれば報酬が支払われます。

高額報酬であることが多いのですが、採用されなければ報酬が得られません。

得意分野での募集があれば、提案してみてはいかがでしょうか。

【クラウドワークス】Webライティング仕事の始め方

f:id:ERIx:20200308220008j:plain

ここでは、クラウドワークスでWebライターの仕事をする方法について解説します。

Webライターの仕事だけでなく、他の在宅ワークにも共通しています。

Webライターなどの在宅ワークに興味のある人は、ぜひ参考にしてみてください。

また、Webライターの具体的な仕事内容や必要なものを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

まずはクラウドワークスに登録しよう

まだクラウドワークスに登録していない!という人は、会員登録するところから始めましょう。

クラウドワークスでは無料で会員登録ができます。

とりあえず登録して、募集されている仕事を確認してみるのもよいでしょう。

\ クラウドワークス無料会員登録はこちらから /

【クラウドワークス】Webライティングの流れ

クラウドワークスを利用したWebライターの仕事の流れは以下の通りです。

ここでは、項目ごとに解説していきます。

  1. 「仕事を探す」からWebライティングの仕事を探す
  2.  気になる仕事があれば、募集条件を確認
  3. 「応募画面へ」を選択
  4. 支払い方式や契約金額など必要事項を入力
  5. 「応募する」を選択
  6. クライアントとのやり取りの後、契約締結
  7. クライアントが仮払い後、作業開始
  8. 記事を納品
  9. クライアントの検収後、報酬が支払われる
  10. お互いに評価を入力

 仕事を探す

f:id:ERIx:20210223124056j:plain

クラウドワークスではWebライターの仕事以外にも、様々なジャンルの仕事が募集されています。

Webライターの仕事を探す場合は、仕事カテゴリ「ライティング・記事作成」「記事・Webコンテンツ作成」を選択すると探しやすくなります。

f:id:ERIx:20210223124120j:plain

このジャンルだけでも膨大な量の案件がありますので、多少キーワードなどで絞った方が探しやすいかもしれませんね。

ちなみに私は「不動産」というキーワードで検索していました。

気になる仕事があれば、募集条件を確認して応募画面へ

依頼内容のページでは、報酬や納期など契約を結ぶ上で必要な情報が記載されています。

興味のある仕事が見つかったら、募集条件をきちんと確認した上で応募画面を開きましょう。

応募画面で必要事項を入力

応募画面では、支払い方式や契約金額などの条件を入力します。

基本的には、依頼内容に記載された情報を入力することが多いでしょう。

まだこの時点では正式な契約ではありませんので、条件の細かい調整はこの後に行うことになります。

依頼内容の中でわからないことがあれば、応募画面の「メッセージ」から質問しましょう。

クライアントとのやり取りの後、契約締結

クライアントと契約条件の最終確認を行い、問題なければ契約します。

あとでトラブルにならないよう、契約条件はきちんと確認してくださいね。

クライアントが仮払い後、作業開始

クラウドワークスでは、クライアントが仮払いを行った後に作業を開始することになっています。

未払いのトラブルを防ぐため、必ず仮払いを確認してから作業を開始しましょう!

記事の納品・検収・報酬の支払い

記事が完成したら納品し、クライアントに検収してもらいます。

修正がある場合は差し戻され、再度納品することになります。

問題がなければ報酬が確定され、お互いの評価を入力して完了です。

初心者でも簡単!クラウドワークスでWebライターになろう

f:id:ERIx:20191210222130j:plain

クラウドワークスを利用すれば、初心者でも簡単にWebライターの仕事を始めることができます。

クラウドワークスにはWebライティングの他、テープ起こしや翻訳、事務作業など様々な仕事が募集されています。

クラウドワークスの登録は無料ですので、興味のある人は自分に合った仕事があるか探してみてください。

\ クラウドワークス無料会員登録はこちらから /

その他おすすめクラウドソーシング

Webライターの始め方・稼ぎ方については、こちらの記事もご覧ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる