不動産×ライターの生きる道

不動産ライターによる副業&投資ブログ

クラウドワークスとココナラを徹底比較!それぞれのメリット・デメリットを解説【Webライター】

Webライターの仕事を探す方法として、クラウドソーシングを利用している人が多いのではないでしょうか。

クラウドソーシングを使えば初心者でも仕事が探しやすいのですが、色々なサイトがあるのでどれを利用したら良いのかわかりにくいですよね。

 

そこで今回は、クラウドソーシングの代表的な存在である「クラウドワークス」と「ココナラ」を比較しながら、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

クラウドワークス・ココナラでWebライティングの仕事を受注を考えている人や、どのクラウドソーシングを利用したらいいのか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

 

クラウドワークスとは

f:id:ERIx:20210323170048j:plain

クラウドワークスは、株式会社クラウドワークスが運営している日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

不特定多数に仕事を依頼したいクライアントと、仕事を受注したいクラウドワーカーとをマッチングできるサービスを提供しています。

 

ここでは、クラウドワークスのメリット・デメリットについて解説します。

実際に利用している私の実体験も含めてご紹介しますので、クラウドワークスに興味がある方の参考になれば幸いです。 

クラウドワークスを利用したWebライターの始め方が知りたい人は、こちらの記事もご覧ください。

 

 

◆クラウドワークスの登録はこちら◆
日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

 

クラウドワークスのメリット

クラウドワークスには、次のようなメリットがあります。

  • 仕事・求人数が多いので仕事を探しやすい
  • 好きな仕事を選ぶことができる
  • 3種類の受注形式から仕事を選択できる
  • クライアントからのスカウト機能あり
  • 仮払いシステムなので支払いトラブルを避けやすい
  • プロクラウドワーカー制度あり

 

仕事・求人数が多いので仕事を探しやすい

クラウドワークスにおける最大の魅力は、他のクラウドソーシングサイトと比較しても圧倒的に多い仕事・求人数でしょう。

2021年3月29日現在、クラウドワークスで募集されている仕事・求人数は8,153件。

Webライティングに関連した仕事も豊富です。

クラウドワークスは仕事・求人数が多いので、仕事を探しやすいというメリットがあるといえるでしょう。

 

好きな仕事を選ぶことができる

上記で解説したように、クラウドワークスにはとにかく多くの仕事が募集されています。

そのため、たくさん募集されている仕事の中から、自分で好きな仕事を選ぶことが可能です。

家事・育児の合間にできる仕事、会社が終わって自宅に帰ってからできる仕事など、ご自身のライフプランに合わせられることは、メリットの1つといえるでしょう。

 

3種類の受注形式から仕事を選択できる

クラウドワークスには「タスク」「プロジェクト」「コンペ」といった3種類の受注形式があります。

クラウドワークスでは、ご自身の得意な受注形式から仕事を選択できることもメリットといえますね。

なお、「タスク」「プロジェクト」「コンペ」の詳細についてはこちらの記事もご参照ください。

 

 

クライアントからのスカウト機能がある

クラウドワークスには、特定のワーカーに仕事を依頼する「スカウト」という機能があります。

スカウトは、クラウドワークスで実績のある人・後述のプロクラウドワーカーに認定されている人など、クライアントが「この人に依頼したい!」と感じた特定の人に仕事が依頼できる機能です。

私はある程度実績を作ってからは、ほとんどスカウトからの案件のみで売上を作っています。

自分で仕事を探さなくても、相手から仕事を依頼してもらえる機能があることは、メリットであるといえるでしょう。

 

ただし、クラウドワークスには、希望条件に当てはまった人に一括してスカウトメッセージが送れる有料オプションがあります。

そのため、自分以外にも大量に同じスカウトメッセージを送っている可能性があるのです。

スカウトの依頼だからといって良い案件であるとは限らないので、 必ずご自身の納得する依頼内容であるか確認してから契約することをおすすめします。

 

 

仮払いシステムなので支払いトラブルを避けやすい

クラウドワークスでは、契約→仮払い→作業開始という流れで業務が進んでいきます。

クライアントが仮払いしてから作業開始するルールとなっていますので、支払い関係のトラブルを避けやすいというメリットがあるのです。

クラウドソーシングを利用すると、基本的にはネット上のみでのやり取りになるため、お互いの信頼関係が築きにくいですよね。

事前に入金が確認できれば安心して作業を開始できますから、メリットであるといえるでしょう。

 

プロクラウドワーカー制度がある

f:id:ERIx:20200710164545j:plain

画像引用:クラウドワークス プロフィール画面より

※現在は出産・育児で休業中のため認定から外れています。

クラウドワークスには、条件を満たした人に与えられる「プロクラウドワーカー」という認定制度があります。

プロクラウドワーカーに認定されると、個別依頼が増えたり、契約件数や単価がアップしたりする可能性が高くなります。

実際、私はプロクラウドワーカーになってから個別依頼が増えました! 

 

なお、プロクラウドワーカーのさらに上の認定制度「TOPクラス」もあります。

より稼ぎたい人向けの制度があることは、クラウドワークスにおけるメリットの1つであるといえるでしょう。 

 

クラウドワークスのデメリット

ここでは、クラウドワークスのデメリットを解説します。

  • 単価の低い仕事が多い
  • 悪質なクライアントが存在する
  • システム手数料がかかる

 

単価の低い仕事が多い

上記のメリットで解説したように、クラウドワークスにはとにかく多くの仕事が募集されています。

しかし、中身を見ると単価の低い仕事が募集されていることも多いのです。

 

Webライティングでいえば、文字単価1円に満たない低単価な案件を非常に多く見かけます。

しかし、クラウドワークスには単価・内容の良い仕事も多数ありますので、たくさん募集されている仕事の中からしっかりと見極めることが大切だといえるでしょう。

 

 

悪質なクライアントが存在する

たくさん仕事が募集されているということは、その分クライアントの数も多いということ。

そのため、クラウドワークスには詐欺などを目的とした悪質なクライアントも存在しています。

「あれ?おかしいな?」と思うことがあればすぐに契約せず、納得いくまで質問したり、 規約違反であればクラウドワークスに違反報告したりするなどの対応を心がけましょう。

 

システム手数料がかかる

報酬額 システム手数料
タスク形式 22%(税込)
10万円以下の部分 22%(税込)
10万円超~20万円以下の部分 11%(税込)
20万円超の部分 5.5%(税込)

クラウドワークスでは、クライアントとの契約金額からシステム手数料を引いた金額がワーカーの受取金額となります。

契約金額がそのまま受け取れるわけではないということですね。 

クラウドワークスのシステム手数料は、他の同種のクラウドソーシングと比較すると高めですが、今回比較するココナラの方がさらに手数料は高くなっています。

 

なお、クライアントとの交渉次第では、クラウドワークスのシステム手数料分を上乗せして契約してもらえることがありますよ。

私も交渉の末、何度かクライアント側で手数料を負担してもらえたことがありました。

 

ココナラとは

f:id:ERIx:20210330152510j:plain

ココナラは、株式会社ココナラが運営する「個人のスキルを売り買いできるスキルマーケット」です。

自分の得意なスキルを出品して、購入希望者がいればオンライン上でやり取りしながら進めていきます。

クラウドワークスのような一般的なクラウドソーシングよりは、どちらかというとメルカリなどのフリマアプリに似ている印象です。

 

ここでは、ココナラのメリット・デメリットについて解説します。

ココナラの出品・購入のどちらも利用した経験から解説していますので、ココナラに興味がある方の参考になれば幸いです。 

 

◆ココナラの登録はこちら◆
登録は簡単、3ステップのみ!無料会員登録はこちら

 

ココナラのメリット

ここでは、ココナラのメリットをご紹介します。

  • 自分で出品内容・条件を決められる
  • 最低出品価格が低いので気軽に挑戦しやすい
  • 出品できる内容が幅広い
  • 購入を確認してから取引ができる
  • 募集依頼から仕事を見つけることも可能
  • 出品者ランク制度あり

 

自分で出品内容・条件を決められる

上記でご紹介したクラウドワークスでは、基本的に募集されている仕事に応募する形式なので、どちらかといえば相手の条件などに合わせて仕事をすることが多いでしょう。

一方で、ココナラでは自分の好きな内容・条件で出品することができます。

自分の希望する内容で自由に出品できることは、ココナラにおけるメリットであるといえるでしょう。

 

最低出品価格が低いので気軽に挑戦しやすい

ココナラでの最低出品価格は、最も低いカテゴリで500円。

「ライティング・ネーミング」カテゴリでは、最低出品価格が1,000円に設定されています。(一部の小カテゴリを除く)

ココナラは最低出品価格が低いので、Webライターとして本当に活動できるのか不安だという初心者の方も気軽に挑戦しやすいといえるでしょう。 

 

出品できる内容が幅広い

ココナラで出品できるものは、Webライティングに限りません。

ココナラでは、イラスト制作・Web制作といったクラウドワークスなどでも請け負える仕事だけでなく、カウンセリング・占い・電話相談などの出品も可能です。

出品できる内容が幅広いので、ご自身のスキルを活かしやすいといえますね!

 

購入を確認してから取引ができる

ココナラでは、出品したサービスが購入されてから、出品者・購入者のみのトークルームが開かれます。

トークルーム上で納期・追加オプションなどの細かい条件を確認してから、作業を開始する流れになっています。

購入を確認してから取引ができるので、支払いに関するトラブルを避けやすいといえるでしょう。

 

募集依頼から仕事を見つけることも可能

ココナラでは、自分のスキルを出品するだけでなく、募集されている仕事に提案して仕事を獲得することも可能です。

仕事の獲得方法が複数あることは、メリットであるといえるでしょう。 

 

出品者ランク制度あり

ココナラでは、基準を満たした出品者に認定される出品者ランク制度があります。

出品者ランクは、下から「ランクなし」「レギュラー」「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」となっています。

上のランクにいけば信頼度が高まりますので、より稼ぎやすくなるといえるでしょう。

 

ココナラのデメリット

  • 仕事を受注しにくい
  • 個人のクライアントが多いのでやり取りが大変
  • 手数料が高め

 

仕事を受注しにくい 

ココナラは「サービスの出品」という形式上、どうしても購入者を待つ受け身になりがちです。

そのため、実績があったり、専門性の高いスキルがあったりするのでなければ、なかなか購入してもらえないことがあります。

魅力的なサービスの出品ができないと仕事を受注しにくいので、特に実績のない初心者にとってはデメリットの1つであるといえるでしょう。

 

また、公募されている仕事に提案することもできますが、2021年3月30日現在で募集されている仕事は595件。

Webライティングに絞るとさらに少なくなってしまうので、基本的にはサービスの出品から仕事を受注することになるでしょう。

 

個人のクライアントが多いのでやり取りが大変

ココナラは「自分の得意スキルを売り買い」というフリマアプリに近い仕組みが影響しているのか、個人のクライアントが多い印象です。

出品したサービスを購入した人が個人の場合、クラウドソーシングやオンライン上のみでのやり取りに慣れていない人も多く、コミュニケーションを円滑に進めることが難しいケースがあります。

個人のクライアントが多くてやり取りが大変であることは、デメリットだといえるでしょう。

 

手数料が高め

販売総額 手数料率
1円~5万円以下の部分 27.5%(税込)
5万円超~10万円以下の部分 22%(税込)
10万円超~50万円以下の部分 16.5%(税込)
50万円超 11%(税込)

ココナラの手数料は、他のクラウドソーシングと比較すると高めです。

クラウドワークスのシステム手数料と比較しても、高いことがわかります。

手数料が高いとその分手元に残る金額が少なくなってしまいます。

ココナラで出品するときには、手数料も考えた金額にするなどの工夫が必要でしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

迷っている人は両方登録して試してみよう!

f:id:ERIx:20210330152659j:plain

クラウドワークス・ココナラは、どちらも無料で登録できます。 

実際に募集されている仕事を確認するだけでも参考になると思いますよ。

Webライターなどの副業に興味のある人は、ぜひ登録して利用してみてください。

 

 

 

その他のおすすめクラウドソーシングサイト

ランサーズ

代表的なクラウドソーシングサイトの1つであるランサーズ

独自のランク制度や適性報酬のAI判定があるなど、よりよい取引ができるよう工夫されています。初心者の方におすすめ!

クラウドソーシング「ランサーズ」
クラウドソーシング「ランサーズ」会員募集 (無料)

 

 

Bizseek

クラウドソーシングサイトの手数料を気にする方におすすめしたいのがBizseek

手数料を抑えてお得に稼ぎたい人に向いているサイトです。 


手数料業界最安でお得にお仕事【Bizseek】

 

ママワークス

働く「時間」と「場所」を選べる、働くママを応援する求人サイト。

求人の中には、在宅ワーク・時短の仕事などがあります。

スキマ時間に働きたい!という主婦におすすめのサイトです。


【ママワークス】

 

Webライターにおすすめのクラウドソーシングはこちらの記事にもまとめていますので、ぜひご覧ください!