不動産×ライターの生きる道

不動産ライターによる副業&投資ブログ

【超初心者向け】不動産投資におすすめの本を5冊厳選!これから不動産投資をしたい人は必見!

将来の生活に不安を感じて、資産形成を行いたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

長期的な資産形成におすすめしたい投資方法の1つが、不動産投資です。

とはいえ、不動産に馴染みのない人にとってはハードルが高いように感じるかもしれません。

 

そこで今回は、不動産投資の知識がない超初心者におすすめしたい本を厳選してご紹介します。

不動産投資をするのであれば、ある程度自分で判断できる知識を持つことが非常に重要です。

不動産投資に興味のある人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

 

不動産投資を学びたい超初心者が学ぶべきポイント

f:id:ERIx:20210221162740j:plain

  • 不動産投資の仕組み
  • 不動産の購入・取得までの流れ
  • 不動産投資の種類
  • 不動産投資のリスク
  • 自分に合う投資法
  • 自分に合う戦略の立て方  など

不動産投資で成功したいのであれば、ご自身で判断できるための知識を身に付けることが必要不可欠です。

また、一口に「不動産投資」といっても、地域や規模、資金力、ご自身の属性などによって、人それぞれ自分に合う投資法や戦略の立て方などが異なります。

不動産投資って何?というレベルの超初心者は、不動産投資の仕組みや物件購入の流れなど上記で挙げたようなポイントを学び、ご自身に合った投資方法を選んでさらに詳しく勉強していくとよいでしょう。

 

超初心者向けの不動産投資おすすめ本

f:id:ERIx:20210423162311j:plain

ここでは、不動産投資について学べる超初心者向けの本をご紹介します。

今回は不動産投資の知識がない人にもわかりやすい本を厳選していますので、興味のある本があればぜひ読んでみてください。

  • 初心者から経験者まですべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書
  • 超ど素人がはじめる不動産投資
  • 世界一やさしい不動産投資の教科書1年生
  • 図解知識ゼロからはじめる不動産投資の入門書
  • 株式VS不動産 投資するならどっち?

 

初心者から経験者まですべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書

POINT
  • 完全初心者向け
  • 不動産投資の基本中の基本が学べる
  • 不動産投資の基礎知識を幅広く学べる
  • 丁寧な説明で初心者にわかりやすい
  • 項目ごとに「まとめ」があり、振り返りやすい

「不動産投資 最強の教科書」というタイトルの通り、完全な初心者に向けて丁寧に解説されている本です。

不動産投資を始める前に必要な事前準備から物件購入・運営、出口戦略まで解説されているので、不動産投資における一連の流れを知りたい人におすすめだといえるでしょう。

疑問ごとに質問頻度・重要度が設定されていて、どれが重要であるかわかりやすいことも特長の1つ。

不動産投資に興味があるので勉強してみたい!という初心者の方は、ぜひ読んでみてください。

 

超ど素人がはじめる不動産投資

POINT
  • 完全初心者向け
  • フルカラーなので読みやすい
  • 図・イラストが豊富でわかりやすい
  • マイホーム購入にも役立つ知識が学べる

本のタイトル通り、「超ど素人」向けにわかりやすく解説されている1冊です。

フルカラーで図・イラストが豊富なので、普段はあまり本を読まない人でも理解しやすいでしょう。

良い物件を見極めるコツ・不動産売買契約・ローン・リフォームなど、マイホームの購入にも役立つ知識が学べることも特長です。

不動産投資に限らず、不動産の購入を検討している人はぜひ読んでみてください。

 

世界一やさしい不動産投資の教科書1年生

POINT
  • 初心者向け
  • 順序立てて解説されているのでわかりやすい
  • 具体的な内容が書かれている
  • 筆者おすすめの戦略も紹介されている

まさに不動産投資の「教科書」といえる本です。

初心者に向けて不動産投資のメリット・デメリットから不動産投資の流れ、具体的なシミュレーションまで解説されています。

ステップを踏んで順序立てて解説されているので、非常にわかりやすくなっています。

筆者おすすめの戦略も紹介されていますが、不動産投資をする地域やその人の属性・資金力などによって戦略の立て方は変わりますので、戦略の1つとして参考にするとよいでしょう。

実際に不動産投資をする際にも振り返れる「教科書」としてもおすすめです。 

 

図解知識ゼロからはじめる不動産投資の入門

POINT
  • 完全初心者向け
  • 項目ごとに図解があるのでわかりやすい
  • オーナーが不安に感じやすいリスクも解説あり
  • 時折挟まるコラムも読みやすい

不動産投資の知識がない人に向けて丁寧に解説されている1冊です。

1つの項目ごとに見開きで解説されていて、右側が解説文・左側が図解という構成になっています。

オーナーが不安に感じやすい空室リスク・滞納リスク・入居者トラブルなどについても解説されています。

これから不動産投資の知識を身に付けていきたい!と考えている人の入門書としておすすめです。

 

株式VS不動産 投資するならどっち?

POINT
  • 投資の初心者におすすめ
  • 株式投資と不動産投資を比較して解説されている
  • 投資の基本を学ぶことができる
  • 文量が多いので普段本を読まない人は読みにくいかも

不動産投資って何?というレベルの超初心者の中には、「そもそも自分に合う投資は何なのか?」と疑問に感じている人がいるのではないでしょうか。

この本では、代表的な投資方法ともいえる「株式投資」「不動産投資」の特徴を比較しながら解説されています。

 

投資の種類によって、人それぞれ向き不向きがあります。

それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、ご自身に合う投資法を選択してみましょう。

  

スポンサーリンク

 

 

超初心者は不動産投資の本から知識を吸収しよう!

f:id:ERIx:20210303155007j:plain

今回ご紹介した本は、不動産投資に興味がある「超初心者向け」の本ばかりです。 

ですから、実際に不動産投資で成功させるには、さらに勉強が必要でしょう。 

 

不動産投資について学ぶ方法は本だけでなく、セミナーに参加するという方法もあります。

無料で参加できるセミナーもありますので、興味のある人はぜひ参加してみてください。

 

不動産投資無料セミナー