WebライターERIの日記帳

不動産WebライターERIによる副業&投資ブログです。

対応してくれる管理会社に感謝!不動産投資における自主管理と管理委託

こんばんは!久しぶりに不動産投資に関係する話を書きたいと思います。

現在所有している物件は、すべて不動産会社に管理を委託しています。

最近、私たち(オーナー)の耳に入れていないだけで、管理会社が入居者からの細かいクレームの対応をしてくれているということを知りました。

ありがたや…。

 

クレームがきているのは築古物件、さらに入居の仕方がイレギュラーな人たち。

客付けされた当時は、管理会社の審査に通らなかったら自主管理にするか?なんて夫婦で話していましたが、自主管理だったら相当大変だっただろうな~と思います。

 

そこで今回は、不動産投資で管理会社に委託するメリットについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

賃貸物件の管理業務内容

f:id:ERIx:20191112194513j:plain

「賃貸物件の管理」と聞くと、物件の清掃を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

もちろん清掃は管理業務の1つですが、それだけではありません。

例えば…

■物件の定期清掃(共用部分)
■退去時の敷金精算
■退去後のクリーニング
■空室時の募集・客付け
■入居者との契約・更新業務
■家賃の回収
■家賃滞納督促
■入居者からのクレーム対応
■修繕業務
など

私たちの場合、これらの管理業務をすべて管理会社に委託しています。

物件の近くに住んでいたり、時間に余裕があったりする人でなければ、入居者からのクレームにすぐ対応することは難しいですからね。

 

不動産投資における物件の管理方法

不動産会社における物件の管理方法は、「自主管理」もしくは「管理会社に委託する」のどちらかとなります。

ここでは、それぞれの特徴についてご紹介しましょう。

 

自主管理

自主管理では、賃貸物件の管理をすべてオーナーが行います。

上記で挙げた管理業務をすべて自分で行わなければならないので、かなり手間です。

日々忙しいサラリーマンの片手間で行うには、自主管理は難しいでしょう。

 

しかし、自主管理であれば管理会社へ支払う手数料はありませんから、家賃がまるまる自分の収入になります。

修繕やクリーニングの業者も自分の好きなところに頼めますので、知識や経験があって時間のある人にとっては良いかもしれませんね。

 

管理会社に委託する

「管理会社に委託する」といっても、すべての業務を委託している場合と、一部の業務のみを委託している場合があります。

管理会社と締結する管理委託契約書の内容による、ということ。

例えば、定期清掃と入居者からのクレームや修繕のみを委託するケースなど。

管理手数料も管理会社によって様々です。

会社によって得意分野が違いますから、委託する場合は複数社を比較検討して信頼できるところを見つけることが大切でしょう。 

 

スポンサーリンク

 

築古物件のため度重なる設備クレーム

私たちが保有している物件は築50年を経過しているため、これまでも予期せぬ設備クレームがありました。

過去の設備クレームについてはこちらの記事をご覧ください。

www.erix.work

 

こうした設備クレームも、自主管理であれば自分で対応しなければなりません。

入居者との対応をすべて管理会社が行ってくれるのでこっちは楽です。

「管理手数料」というお金を払う価値があると思います。

 

先日も、設備クレームがあったそうです。内容は「水漏れ」。

いくつか条件が揃ったときのみ起こる水漏れで、業者を呼んでも原因がわからなくて困りました。

きっと自主管理であれば、入居者への対応が遅れてしまっていたでしょう。

管理会社側が色々と提案してくれることで解決できますので、管理会社の質は非常に重要です。

管理会社様、いつもありがとうございます( ;∀;)

 

管理会社選びが非常に重要!

今回は建物の管理面からお話ししましたが、個人的には客付力も非常に重要だと思っています。

力がないところに任せると、空室が埋まりませんからね!

夫と私は不動産業界で働いているので「ここは〇〇が特徴の会社」という事情がわかるのが強みです(笑)

不動産投資において、信頼できる管理会社選びは非常に重要です。

複数の会社を比較検討することをおすすめします。

 

 

★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★
2017年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方!
■■■■回答者全員に5000円!!■■■■

 

深夜0時まで不動産のプロに無料で相談ができる「家AGENT+」