不動産×ライターの生きる道

不動産ライターによる副業&投資ブログ

【Webライター】不動産ライターって稼げるの?文字単価や収入の目安を解説します

こんにちは、不動産ライターの小花絵里です。

Webライターとして活動する人の中には、「不動産のジャンルは高単価と聞くけれど、本当に稼げるの?」と思う人がいるのではないでしょうか。

そこで今回は、現役不動産ライターである私が、文字単価や収入の目安を解説します。

不動産のジャンルを受注しようか悩むWebライターの参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

 

 不動産ライターの仕事内容とは

f:id:ERIx:20191016190125j:plain

不動産ライターとは、「不動産を専門として執筆するライター」のこと。

ちなみに私はSNSで不動産ライターを名乗っていますが、金融や資格関係など他のジャンルも受注しています。

「主に」不動産を専門として執筆しているライターです(笑)

 

ここでは、不動産ライターの仕事内容について解説します。

不動産のジャンルも挑戦してみようかな?と悩むWebライターは、ぜひ参考にしてみてください。

 

不動産ライターに依頼される記事のペルソナ像

  • 賃貸物件を借りたい人
  • マイホームを建築・購入したい人
  • マイホームをリフォームしたい人
  • 不動産を売却したい人
  • これから不動産投資を始める人
  • あまり知識がなく不動産投資をしている人(相続など)
  • ある程度知識があって不動産投資をしている人
  • 不動産会社の営業マンを教育したい人  など

一口に「不動産」といっても、上記のように様々な角度からの依頼があります。

不動産のジャンルに挑戦したいけどまったく知識や経験がないという人は、「賃貸物件を借りる」「マイホームの購入」といった2つの視点から勉強することをおすすめします。

なぜかというと、投資よりは実需の方が身近なので理解しやすいと思うからです。

ご自身が不動産を借りたり、買ったりするときにも役立つ知識なので、勉強して損はないでしょう。

 

不動産ライターは記事の監修を依頼されることも

不動産ライターの仕事は執筆や編集だけでなく、記事の監修を依頼されることがあります。

記事は出来上がっている状態で、内容に間違いがないか最終確認をする仕事です。

監修ではほとんどの場合、氏名や経歴などプロフィールの公開が求められます。

記事の信頼性を高めたいということでしょう。

 

不動産ライターの文字単価や収入の目安

f:id:ERIx:20200308220008j:plain

ここでは、不動産ライターである私が実体験を踏まえて文字単価や収入の目安を解説します。

不動産ライターを目指そうか悩む方の参考になれば幸いです。

 

不動産ライターの文字単価

私の場合、執筆であれば文字単価5~6円の受注がほとんど。

不動産ライターのSNSを見ていると文字単価6円以上としている人を結構見かけるので、5~6円というのは不動産ライターの平均なのではないかと感じています。

専門性が必要ない他のジャンルと比較すると、「不動産」のジャンルは高めだといえるでしょう。

 

 

【不動産ライター】収入の目安

ここでは参考までに、1か月の収入と作業内容から収入の目安をご紹介します。

  • 3,000字×20記事×文字単価5円=30万円
  • 3,000字×15記事×文字単価6円=27万円

実際には執筆だけでなく編集や監修などの仕事もあると思うので、単純な執筆文字数で計算しています。

不動産など専門性が高い記事の作成は単価が高い傾向にありますが、調査に時間がかかって執筆時間が長くなることがあるので、人によっては他ジャンルの方が効率よく稼げる可能性があります。

個人的には、稼ぐために無理して不動産のジャンルを勉強するよりは、書くのが苦じゃないジャンルを極める方が負担が少なくていいのかなと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

興味のある人は不動産のWebライティングに挑戦してみよう!

f:id:ERIx:20200308220228j:plain

専門性のいらないジャンルよりは不動産の方が高い単価で依頼してくれるクライアントが多いように感じています。

不動産のWebライティングに興味がある!という人は、まずは「賃貸物件を借りる」「マイホームを購入する」といった実需向けの勉強を始めると良いでしょう。

いきなり最初から高単価!というのは難しいかもしれませんが、勉強をして実績を積めば単価が上がっていくはず。

興味のある人は、ぜひ不動産のWebライティングに挑戦してみてください。

 

下記におすすめのクラウドソーシングサイトをご紹介しますので、興味のある人はぜひ登録してWebライティングの仕事を探してみてください。

 

おすすめのクラウドソーシングサイト

クラウドワークス

代表的なクラウドソーシングサイトといえば、クラウドワークス

クラウドワークスにはライティング業務以外にも様々な案件がありますので、気になる方はぜひ色々な案件に挑戦してみてください。


日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

 

ランサーズ

代表的なクラウドソーシングサイトの1つであるランサーズ

独自のランク制度や適性報酬のAI判定があるなど、よりよい取引ができるよう工夫されています。初心者の方におすすめ!

クラウドソーシング「ランサーズ」
クラウドソーシング「ランサーズ」会員募集(無料)

 

ココナラ

ココナラでは、「スキルのフリマ」という見出し通り自分のできることを出品できるのが特徴。

ライティングだけでなく、Web制作やイラスト制作など様々な特技を出品することができます。


無料会員登録してサービス内容を見る

 

Bizseek

クラウドソーシングサイトの手数料を気にする方におすすめしたいのがBizseek

手数料を抑えてお得に稼ぎたい人に向いているサイトです。 


手数料業界最安でお得にお仕事【Bizseek】

 

ママワークス

働く「時間」と「場所」を選べる、働くママを応援する求人サイト。

求人の中には、在宅ワーク・時短の仕事などがあります。

スキマ時間に働きたい!という主婦におすすめのサイトです。


【ママワークス】