WebライターERIの日記帳

不動産WebライターERIによる副業&投資ブログです。

不動産Webライターって稼げる?未経験から目指す方法とは

こんにちは、不動産WebライターのERIです。

先日、質問箱から不動産Webライターに関する質問を頂きました。

長文で回答しましたが、ブログにも書きたくなったので更新してみました!

質問が届くことが嬉しいです。ありがとうございます。

 

今回は、不動産Webライターの単価や、未経験から目指す方法について解説します。

 

スポンサーリンク

 

 不動産Webライターとは?

f:id:ERIx:20191016190125j:plain

 不動産Webライターに明確な定義はありません。

私は、「不動産を専門としているWebライター」だと認識しています。

医療・人事・料理・恋愛など様々なジャンルのWebライターがいるので、差別化するために名乗っている人が多いのではないでしょうか。

SNSなどでライターを探している依頼者からすれば、名前に「〇〇Webライター」と書いてあるとわかりやすいですよね。

 

不動産Webライターの文字単価

実際、不動産Webライターの文字単価はどの程度でしょうか?

他の人のことはわからないので、自分の経験からお話しします。

 

私が最初に受けた仕事は文字単価3.3円、その次は6円でした。

その後、文字単価1~2円の仕事をたくさんこなして実績を稼ぎ…

現在は、文字単価2~6円で活動しています。

 

フリーになってから他のジャンルにも挑戦しようと思って応募しまくりましたが、文字単価2円以上の仕事は獲得できませんでした。

しかし、不動産・金融分野であれば、文字単価5~6円の案件を獲得できます。

不動産に限りませんが、専門知識が必要な内容の方が単価は高くなりやすいと感じています。

 

関連記事

www.erix.work

 

 

スポンサーリンク

 

未経験から不動産Webライターを目指す方法

未経験でも不動産Webライターを目指すことは可能です!

ここでは、未経験から不動産Webライターを目指す方法についてご紹介します。

 

ライター自体未経験なら不動産以外のジャンルにも挑戦する

ライター自体が未経験ということであれば、まずは書いて仕事に慣れることから始めましょう。 

不動産のみに絞ると仕事の受注が難しいかもしれません。

まずはクラウドソーシングサイトを利用して「自分が書けそうなジャンル」に応募・提案してみましょう。

Webライターの仕事の流れを覚えたり、書くことに慣れたりすることが大切です。

Webライターの仕事内容については、こちらの記事をご覧ください。

www.erix.work

 

おすすめは「書きながら勉強する」

クラウドソーシングサイトを利用してみて感じるのは、文字単価~2円までの不動産ライティング案件では、初心者向けにマニュアルが準備されていたり、構成(書く内容)が細かく決まっていたりすることが多いということ。

こうした案件では、ライターが執筆したものをそのまま掲載しているサイトはあまりないように思います。

逆に言えば、そこまでライターに専門性を求めていないのでしょうね。

ですから、まずはマニュアルを読んでみて「書けそう!」と思ったらとりあえずやってみるのも手です。

知らないことは書けませんので、必然的に勉強するはずです。

 

「不動産の記事」の依頼内容は多岐に渡ります。

勉強していく中で、「不動産の中でも自分が得意とする分野」が見つかると良いですね。

 

宅建士の勉強

不動産会社で働く人は持っていて当然の「宅地建物取引士」。

正直なところ、宅建士の内容には実務と異なる部分があります。

しかし、Webライターとしては「民法では~」「宅建業法では~」という原則を知っておくべきです。

特に来年(2020年)は民法の大改正が控えていて不動産取引にも大きく影響しますから、勉強しておいた方が良いでしょう。

宅建士の勉強をすることで、不動産の基礎的な知識が身につくはずです。

余力があれば、そのまま受験してみましょう!笑

 

おすすめの参考書

 

未経験でも不動産Webライターは目指せる!

いきなり最初から高単価!というのは難しいかもしれませんが、勉強をして実績を積めば自ずと単価が上がっていくはず!

実際にライターの仕事をしていく中で、自分なりの方法が確立されていくと思います。

まずはクラウドソーシングサイトから仕事を受注するのも1つの手でしょう。

不動産は勉強してみると楽しいですよ!

興味のある方は、ぜひ挑戦してみてください。

 

おすすめのクラウドソーシングサイト

クラウドワークス

代表的なクラウドソーシングサイトといえば、クラウドワークス

クラウドワークスにはライティング業務以外にも様々な案件がありますので、気になる方はぜひ色々な案件に挑戦してみてください。


日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

 

ココナラ

最近、テレビCMなどでよく見かける「ココナラ」。

「スキルのフリマ」という見出し通り、ライティングを含め自分のできることを出品できるサイトです!


無料会員登録してサービス内容を見る