不動産×ライターの生きる道

元不動産営業→現役不動産ライターによる副業&投資ブログです。

【初心者向け】不動産投資の始め方を解説!不動産投資を始めるためにするべきこととは?

日本では少子高齢化の問題などから、公的年金制度に不安を感じている人がいるのではないでしょうか。

このまま高齢者の割合が増え続ければ、受給開始年齢の引き上げや受給金額の引き下げが懸念されます。

老後資金への不安などから、会社員の給与以外の収入源を確保しようと考えている人がいるでしょう。

 

このブログでは、私の経験から不動産投資に関する内容を更新しています。

そこで今回は、不動産投資の始め方についてご紹介します。

不動産投資を始めるにはまず何をしたら良いのかなど、初心者にもわかりやすく解説しますので、興味のある人はぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

不動産投資の始め方と賃貸経営までの流れ

f:id:ERIx:20200327105743j:plain

不動産投資を始めようと考えたときに、まず何をしたら良いでしょうか。

ここでは、不動産投資の始め方について順を追って解説します。

  1. 不動産投資について学ぶ
  2. 不動産投資をする目的を明確にして、方針を定める
  3. 物件購入・管理会社選定
  4. 賃貸経営が始まる

不動産投資について学ぶ

  • 不動産投資に関する本を読んで勉強する
  • 不動産投資セミナーに参加する
  • 不動産投資家のブログを読む
  • 投資家の集まる界隈に顔を出してみる   など

不動産に馴染みのない人の場合、最初は「何から考えたらいいのかわからない」という人が少なくありません。

初心者の場合、まずは不動産投資についての知識を身に着けることから始めましょう。

不動産投資で成功させたいのであれば、ある程度自分で重要な判断ができるようにしておく必要があります。

不動産会社などの言いなりになってしまうと、相手の都合のいいように話を進められてしまう可能性があるからです。

 

知識を身に着けることは、不動産投資への成功・自分の身を守ることにつながります。

不動産投資をするのであれば、勉強は必須です。頑張りましょう。

 

 

不動産投資をする目的を明確にして、方針を定める

みなさんが不動産投資をする目的は何でしょうか?

「お金が欲しい」という漠然とした考えではなく、「老後資金として〇年後にXXX円必要」などというように、不動産投資をする目的を明確にしておくことをおすすめします。

不動産投資をする目的を明確にすることで、不動産投資における自身の方針を定めることができるからです。

 

一口に「不動産投資」といっても、規模や種類は様々。

  • 一棟ものの大規模マンション
  • 分譲マンション1室
  • 貸家
  • テナント  など

不動産投資では物件選定が非常に重要な要素となっています。

物件の規模や種類によって異なる特徴がありますから、ご自身の投資方針に合う投資方法を選択しましょう。

 

物件購入・管理会社選定

無事、希望する物件が見つかれば購入へと進みます。

不動産という特性上、金額の大きな取引になるケースがほとんどでしょう。

そのため、不動産投資では金融機関などからローンを組んで購入するのが一般的です。

購入にあたり、融資先の選定も必要になります。

 

また、物件の近くに住んでいる・物件管理をする十分な時間があるといった人でない限りは、日常的な物件の管理を管理会社に委託することが多いでしょう。

管理会社によって管理する範囲や料金プランなどが異なります。

管理会社の選定も必要となってくるでしょう。

 

賃貸経営が始まる

物件の引渡しが完了すると、賃貸経営が始まります。

空室であれば入居者を募集したり、既存入居者の修繕対応をしたりするなど、運営していきましょう。

 

不動産投資を始めるためにするべきこと

f:id:ERIx:20200305180808j:plain

上記を踏まえ、不動産投資を始めるためにするべきことについてご紹介します。

不動産投資を始めてみたい!と考える人は、ぜひ行動に移してみてください。

 

不動産投資の知識を身に着ける

上記でも解説しましたが、不動産投資を成功させたいのであれば知識を身に着けることは必須です。

  • 不動産投資に関する本を読んで勉強する
  • 不動産投資セミナーに参加する
  • 不動産投資家のブログを読む
  • 投資家の集まる界隈に顔を出してみる   など

上記は一例です。自分ができることから始めてみましょう。

 

関連記事

www.erix.work

 

自己資金を作る

不動産投資には空室リスクや修繕リスクなどのリスクがあります。

どんなに綿密な計画を立てていても、予想外なことが起こってしまう可能性があるのです。

 

また、不正融資問題などを受けて、不動産投資初心者への融資審査が厳しくなっているように感じられます。

良い物件を見つけた時に融資が通らず購入できないといった問題を避けるためにも、ある程度まとまった自己資金を作っておくことをおすすめします。

 

関連記事

www.erix.work

 

複数の不動産会社を比較検討する

不動産投資用物件を取り扱っている会社や不動産投資会社、管理会社など、様々な不動産会社が存在しています。

不動産会社によって得意分野や運営方針などが異なります。

1つの不動産会社だけでなく、できる限り複数の不動産会社を比較検討することをおすすめします。

複数の不動産会社を訪れることで違いがわかり、自分の投資方針に合う不動産会社を選択しやすくなるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

初心者は不動産投資会社を利用する方法も

f:id:ERIx:20200301115543j:plain

不動産投資会社とは、名称の通り「不動産投資物件を取り扱う会社」のこと。

不動産投資を得意としている会社ですから、みなさんの投資スタイルに合った物件を提案してもらえるでしょう。

 

不動産投資会社を検討する際には、複数社を比較できるサイトを利用するのがおすすめです。

こちらの「不動産投資会社 完全比較ガイド」というサイトでは、

  • 企業成長率
  • 金融機関
  • セミナー
  • 企業規模
  • 入居率
  • 知名度

などの項目から厳選された会社が紹介されています。

カテゴリ別のランキングから検索することも可能ですので、興味のある人は下記リンクからご覧ください。

fudousantoushi-guide.link