WebライターERIの日記帳

不動産ライターERIによる副業&投資ブログです。

転職するか迷う人は必見!20代で2度の転職経験者が語る転職すべき人とは?

会社に雇われて働いている中で、様々な不満を抱えている人が多いのではないでしょうか。

残業が多い・休みが少ないなどで体調を崩しがち、上司や同僚との人間関係の悩み、給料面での不安など、働いている中で「転職」という単語が頭の中をよぎることがあるでしょう。

 

私は20代で2度の転職を経験しました。

直近では、上司のハラスメントや嫌がらせ(警察にも相談していた…)と会社の対応(無視・中傷)により精神を消耗させられ、退職せざるを得ない状況になりました。

当時は様々な理由から、転職するか今の会社に残るか迷っていましたが、今となっては精神消耗する前に行動するべきだったと思っています。

 

そこで今回は、転職するか迷っている人に向けて、20代で2度の転職経験のある私が考える「転職すべき人」について解説します。

 

スポンサーリンク

 

転職を迷う理由を明確にしよう

f:id:ERIx:20190411215413j:plain

転職をしようか迷ったら、まずはその理由を明確にしましょう。

原因をはっきりとさせることで対策を考えることができるからです。

 

転職したいと思う理由の例としては、

  • 給料が低いので給料を上げたい
  • 他業種に挑戦してみたい
  • 長時間勤務で体調に影響がある
  • 上司や同僚との関係が悪い

など、人それぞれでしょう。

 

会社を辞めたい理由が会社を辞めなくても解消できるものであれば、「会社を辞めない」という選択肢もあり得ます。

例えば、「今は給料が低いけれど、資格を取得したり昇進試験に合格したりすれば昇給する」という場合など。

今の会社でやるだけやってみる、というのも1つの選択です。

 

転職を迷う人の中で「転職すべき人」とは?

f:id:ERIx:20191205224652j:plain

ここでは、20代で2度の転職をした私が考える「転職すべき人」をご紹介します。

考えは人それぞれだと思いますが、転職を迷う人の参考になれば幸いです。

 

転職したい理由が明確で、現在の会社では希望が叶わない

例えば「現在は不動産会社で営業をしているけれど、学生時代に目指していた福祉の仕事をしたい」というケース。

現在働いている会社が福祉に関する事業をしていなければ、希望を叶えることはできません。

転職したい理由が明確であり、今の会社では絶対に希望が叶わないということであれば、転職しない限り悩みは解消されないでしょう。

 

現在働いている会社の将来性がない

  • 給料の支払いが遅れたり、未払いが続く
  • 主要な取引先が倒産
  • 役員が続々と退職している

など

上記のように会社の存続が危ぶまれるような状況であったり、倒産危機とまではいかなくても会社の将来性がなかったりする場合には、転職を検討するべきだといえるでしょう。

 

給与や年間休日などの待遇が悪すぎる

平均的な企業と比較して、給与などの待遇が悪すぎる場合は転職を検討するべきだといえます。

特に、同じ業界の企業と比べて待遇が「悪すぎる」場合、転職しない限り現状を打破できる可能性は低いでしょう。

 

ちなみに私は、転職1回目・2回目ともに、転職理由は県をまたぐ転居のためです。

転勤族の夫についていくなど物理的に会社へ通えなくなる場合は、転職せざるを得ないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

転職しない方が良い人とは

f:id:ERIx:20191207192249j:plain

上記とは逆に、現在の会社に留まった方が良いケースがあります。

例えば…

  • 転職しなくても現在の会社のまま希望が叶う
  • 現在の職場以上の待遇の会社へ転職することが極めて難しい
  • 転職に求めることが明確でない

など

 

転職を迷っている人は、転職する理由と転職をするリスクについて考えるべきだといえるでしょう。

 

転職活動は在職中と退職後どちらが良い?

f:id:ERIx:20190831225039j:plain

転職活動を在職中から行う場合と退職後から行う場合、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

 

在職中から転職活動を行う場合

メリット

  • 収入源を確保したまま転職活動ができる
  • 納得がいくまで転職活動ができる
  • 職歴に空白ができない
  • 転職活動をした結果うまくいかなければ、今の会社に残るという選択も可能

在職中に転職活動をする最大のメリットは、「収入源を確保したまま転職活動ができる」という点でしょう。

収入があるので生活が脅かされないという点は気持ちに余裕を生みます。

そして、転職は人生のターニングポイントといっても過言ではありません。

納得のいくまで時間をかけて転職先を探した結果、今の会社に残るという選択をとることもできます。

 

デメリット

  • 仕事後や休みの日など、転職活動に費やせる時間が限られる
  • 平日の日中にある面接のためにスケジュールを組むことが難しい
  • 退職の手続きが必要なため、転職先で働き始めるまで時間がかかる

在職中は転職活動に割ける時間が限られます。

仕事の都合上、面接の日程を組んだり入社日を調整することが難しいことがあるでしょう。

 

退職後から転職活動を行う場合

メリット

  • 転職活動に専念できる
  • 面接の日程を組みやすい
  • 入社日の調整がしやすい

退職後は時間に余裕がありますので、転職活動に専念できるということが最大のメリットといえるでしょう。

面接の日程が組みやすいだけでなく、入社日についても転職先と調整しやすくなります。

 

デメリット

  • 転職活動中は貯蓄を切り崩して生活することになる
  • 転職活動が長期化すると生活が苦しくなる可能性がある
  • 空白期間が長くなると転職活動で不利になることも
  • 短期で決めようと思うと転職先に妥協しがち

退職後に転職活動を行う場合はお金との戦いになります。

自己都合退職の場合は特に、失業保険の受給まで4ヶ月程度先になることがあります。

貯蓄を切り崩しながら生活することになるので、どうしても短い期間で転職先を決めることになりがちです。

 

関連記事

www.erix.work

ちなみに私は転職を2回していますが、2回とも退職後に転職活動を行いました。

私の場合は、2回とも約400km超えの距離への転居を伴う転職。

在職中に転職活動を行うには、時間が足りなかったからです。

しかし転職先を決めないと転居もできないので、かなり短い期間で転職先を決めなければならず大変でした…。

今から思うと焦って転職先を決めてしまったかな、と思います。

 

転職活動を在職中に行うか、退職後に行うか。

人それぞれ事情や環境などが異なります。

転職活動をどのように行うか、ご自身に合った方を選択してください。 

   

まずは転職する理由と希望を明確にしよう!

f:id:ERIx:20191205223153j:plain

これまで20代で2度の転職をした経験から、転職すべき人について記載しました。

ちなみに私は、現在の会社の状況や体力的な問題、今後の結婚生活を考えて会社員を辞めたいと考えています。

そのためにできることとして副業や資格取得などを行っています。

転職をするか迷っている人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

転職を検討している方におすすめ!

キャリアスタート


フリーターからの転職なら【キャリアスタート】

フリーター・第二新卒に特化したキャリア支援のプロフェッショナル。若手専業ならではの独自の内容で転職をサポートしています。

マイナビジョブ20's


20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)

20代・第二新卒向けの転職エージェントです!専任のキャリアアドバイザーが個別のキャリアカウンセリングを行います。20代専門の転職支援サービスですので、20代で転職を考えている人は要チェック!

マイナビコメディカル


言語聴覚士の転職紹介なら【マイナビコメディカル】

PT・OT・STの転職に特化しているマイナビコメディカル。理学療法士や作業療法士など、医療・介護の分野で転職を検討している方におすすめのサイトです!

マイナビ介護職


介護職の方のための転職・就職支援【マイナビ介護職】

福祉・介護職に特化した転職支援サイトです。福祉・介護職を専門としたキャリアアドバイザーが、あなたの転職を支援します。福祉・介護職で転職を希望する方は必見!