WebライターERIの日記帳

不動産WebライターERIによる副業&投資ブログです。

議決権行使で優待がプラスに!?コメダホールディングス(3543)の株主優待とは?

こんにちは!WebライターのERIです。

本の感想ばかり続いて、一体何のブログなんだ?という状況になりかねませんね…。

そこで今回は、お金に関する話題を更新したいと思います。

 

テーマは株主優待!

 

私は細々と株式投資を行っています。

ほとんどは配当&優待狙いなので、配当+優待利回り平均4~5%くらいで運用しています。

 

私が実際に購入している銘柄の中で今回ご紹介したいのが、

3543 コメダホールディングス

 

 

名古屋発祥の「コメダ珈琲店」を運営する会社。

コメダ珈琲店といえば、シロノワール!

温かいデニッシュパンの上にソフトクリームを乗せて登場。

そこにシロップをかけて食べます。美味しいですよ~

コメダ珈琲店といえば、小倉餡トーストも有名ですよね。

どちらもコーヒーとの相性抜群◎

 

私は、ゆったり過ごせるコメダ珈琲店が好きです。

 

という個人的な感想はこのくらいにして、コメダホールディングスの株主優待についてご紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

 

コメダの株主優待は電子マネーKOMECA

コメダホールディングスの株主優待は、電子マネーKOMECA

 

f:id:ERIx:20190727111922j:plain


私も株主なので届きました♪

株主優待の内容は、電子マネーKOMECAへのチャージです。

金額は…年間2,000円

※100株以上保有の株主が対象

 

年2回に分けてもらえますので、半期ごとに1,000円チャージされます。

 

また、100円利用するごとに1ポイント貯まり、10ポイント=10円として10ポイント単位で利用することができます。

電子マネーなので、株主優待でもらったこのKOMECAカードに自分でチャージすることも可能ですが、チャージだけではポイントが貯まりませんのでご注意ください。

 

議決権行使特典がある!

f:id:ERIx:20190727121432j:plain

コメダホールディングスの株主優待で面白いと思うのが、議決権を行使すると特典があるということ。

議決権というのは、株主総会での決議に参加できる権利のこと。

株主総会では会社の運営方針など重要な議案が決められます。その内容の賛否を投票できる権利が株主にはあるということです。

実際に株主総会へ行かなくても、ハガキやインターネットで議決権の行使は可能です。

私は地方在住なのでハガキで投票しました。

 

そして、コメダホールディングスの場合、議決権を行使すると…

さらにKOMECAへ500円チャージ!

議決権を行使すれば、年間合計2,500円チャージされます。

面白い(笑)

 

先日、チャージされたKOMECAを持ってコメダ珈琲店へ足を運びました。

 

コーヒーとシロノワールしか頼んだことがなかったのですが、この日はランチを頼んでみました。

サンドウィッチもボリュームタップリで美味しかったです!

 

スポンサーリンク

 

コメダの株主優待はいつもらえる?

コメダホールディングスの権利確定月は、2月8月

権利確定日に保有していた株主が対象となります。

 

初回は、株主優待KOMECAカードが郵送されます。

中間優待(8月)であれば11月下旬、期末優待(2月)であれば5月中旬頃送付されます。

新規で届くKOMECAカードは、届いた時点ではまだチャージされていません。

中間優待(8月)であれば12月1日、期末優待(2月)であれば6月1日にチャージされます。

ちなみに、議決権行使でもらえる特典は7月1日に自動でチャージされます。

 

2回目以降は、株主優待KOMECAに時期がくれば自動でチャージ。

紛失すると500円(税込)の再発行手数料がかかりますので、大切に保管しましょう。

 

KOMECAが利用できる店舗はどこ?

全国のコメダ珈琲店およびおかげ庵やわらかシロコッペで利用することができます。

コメダ珈琲店が近所にある方は特に使いやすいでしょう。

ただし、一部の店舗では利用できないようです。

詳細は公式ページで確認しましょう。

www.komeda.co.jp

 

まとめ

権利確定月

2月、8月

株主優待金額

2月:1,000円
8月:1,000円
(議決権行使で+500円)

優待取得のための
最低保有株数

100株

KOMECAカード送付月
(初回のみ)

中間優待(8月):11月下旬
期末優待(2月):5月中旬

チャージ日

中間優待(8月):12月1日
期末優待(2月):6月1日
議決権行使の特典:7月1日

 

※2019年7月現在の情報です。 

 

 

株式投資を始めるには証券口座開設から!

SBI証券

SBI証券[旧イー・トレード証券]
No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

ネット証券口座開設数No.1を誇るSBI証券。私もSBI証券でNISA口座を開設しています!証券口座に迷ったら、SBI証券がおすすめ!

 

松井証券


インターネットでお得に取引!松井証券

松井証券では、1日の約定代金10万円まで株式取引手数料が無料!少額から始めたい初心者の方にもおすすめしたい証券口座です。

 

GMOクリック証券


≪GMOクリック証券≫取引に必要なマーケット情報が充実!企業分析ツールや投資情報が無料!

GMOクリック証券の魅力の1つは、取引ツールが充実しているという点。また、1約定ごとのプランでは最低取引手数料95円(現物)・96円(信用)という安さも魅力でしょう。

 

DMM.com証券


株取引を始めるなら≪DMM株≫!

DMM.com証券では、取引手数料の1%がポイントバック!他のネット証券にはない制度です!1約定金額5万円以下(現物)なら、手数料が50円(税別)という安さも魅力ですね!