WebライターERIの日記帳

不動産WebライターERIによる副業&投資ブログです。

物を売るならメルカリ?ジモティー?それぞれのメリット・デメリットを解説

みなさんは、「メルカリ」「ジモティー」というアプリをご存知でしょうか。

よくTVでCMをしているので、 聞いたことがある!という人は多いかもしれません。

 

メルカリとジモティーには、フリマ要素のあるアプリという共通点があります。

引越しなどで不要物を売りたいとき、利用していない人にはどちらが良いのかわかりにくいですよね。

そこで今回は、私の経験からメルカリとジモティーを比較し、それぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

メルカリ

f:id:ERIx:20190506083041j:plain

メルカリとは

メルカリとは、株式会社メルカリがサービス運営をしているフリマアプリです。

フリーマーケットの場所をアプリとして提供しているというイメージ。

売りたい物をメルカリに出品し、その商品を気に入った人が購入するという流れとなっています。

スマホで簡単に商品の出品・購入ができることが特徴です。

 

 関連記事

www.erix.work

 

メルカリのメリット

 利用者数が多い

株式会社メルカリのHPでは、日本国内では7,100万ダウンロード、利用者数は月間1,000万人超え(2018年7月現在)と発表されています。

数あるフリマアプリの中でも、利用者数はメルカリが断トツの多さでしょう。

匿名配送が利用できる

「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」という配送方法を指定すると、お互いに個人情報がわからない状況でやり取りができます。

個人間売買ですと相手がどんな人かわからず、本名や住所を伝えるのは怖いと考える人がいるのではないでしょうか。

メルカリでは上記の配送方法を利用することで、出品者・購入者の情報を出さずに匿名のままにすることができます。

メルカリが出品者と購入者の間に入る

 知らない個人との取引で不安なことの1つとして、金銭のやり取りが挙げられるのではないでしょうか。

メルカリの場合は、購入者はメルカリへ入金し、出品者は入金を確認した後に発送します。

商品が無事に購入者の手元に渡ると、メルカリから出品者に入金されるという仕組みです。

出品者と購入者の間にメルカリが入るため、出品者は入金を確認してから発送ができますし、購入者も商品が届かないなどの場合はメルカリから返金がされるといった対応がされています。

ですから、「商品が届いていないし返金もできない」「発送したのに入金が確認できない」という心配はありません。

 

メルカリのデメリット

販売手数料10%

メルカリで出品すると、販売手数料が10%かかります。

500円の物を販売したとすると、取引終了後に販売手数料50円を差し引いた額が出品者に入金されます。

送料や販売手数料などを考えて出品しないと、赤字になる可能性がありますので注意しましょう。

競争が激しい

利用者数が多いことはメリットでもありますが、逆に言うと出品者・購入者ともに競争が激しくなるということです。

同じものを売っている人がいれば価格競争となりますし、購入は早い者勝ちですので競争となります。

値下げ交渉などのやり取りがある

私が実際にメルカリで出品していて感じるのは、値下げ交渉の多さ。

フリマの醍醐味ではあると思いますが、返答に困る値下げ交渉が非常に多いです。

例えば、10,000円で出品している物を2,000円にならないか交渉されたり、「購入します」とコメントがついた後に音信不通となったり。

中には「送料がありますので、値下げはできません」とはっきり言ってもしつこくコメントする人もいます。

メルカリを利用するのであれば、値下げ交渉されることは必須だと思っていた方が良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

ジモティー

ジモティーとは

 「地元でゆずりあい ジモティー♪」というTVCMでお馴染みのジモティー。

近くに住んでいる人との交流や取引ができるアプリで、株式会社ジモティーがサービス運営をしています。

近所に住んでいる人に0円で「あげます・譲ります」という取引ができたり、サークル活動のメンバー募集ができたり、不動産売買・賃貸の募集ができたりなど発信内容は多岐に渡ります。

 

ちなみに、私もジモティーで貸家を募集しています。詳細はこちらの記事をどうぞ。

 

www.erix.work

  www.erix.work

 

ジモティーのメリット

販売手数料なし

ジモティーは掲載手数料や販売手数料、利用料などはかかりません。

無料で各種広告が掲載でき、取引成立の際も手数料が引かれません。

大型家電を取りに来てもらう方法が取れる

冷蔵庫や洗濯機など、大型家電を配送しようと思うと手間とお金が気になりますよね。

ジモティーの場合、「〇〇まで取りに来られる人」という募集方法ができます。

実際に引き取りに来れる人と取引ができますので、配送の心配がありません。

掲載できる広告種類の幅が広い

 物の取引だけでなく、友達募集、サークルメンバー募集、不動産物件の募集など、掲載できる広告の種類がたくさんあります。

 

ジモティーのデメリット

直接取引をしなければならない

取引の際、ジモティーは間に入らないので、出品者と購入者が直接取引をしなければなりません。

実際に会う取引の場合は、金銭のやり取りも実際に会ったときに行われます。

人によってはトラブルになる可能性がありますので、十分に注意しましょう。

 

私はジモティーで物を売ったことがあります。

知らない人と会うことに不安があったので、複数の購入希望者の中から怖くなさそうな子持ちママを選びました。

取引当日、待ち合わせ場所に来た人はたしかに女性だったのですが、真っ赤なつなぎに派手な金髪、サングラス+マスクで顔がまったくわからないという恰好。

取引自体は普通に終わりましたが、最初はめちゃくちゃ怖かったです。

 

実際に会うときは人が多いところで会った方が良いかもしれませんね。

取引相手と打ち合わせが必要

反響があったら、取引相手と打ち合わせが必要です。

金銭の受け取り方法、物の受け取り場所など相手と相談しながら決めていきます。

打ち合わせの段階でお互いの希望が合わなければ取引できません。

場合によっては、複数の人と細かくやり取りをすることもあります。 

 

まとめ

  • 取引のお手軽さはメルカリ
  • 匿名配送をしたい人はメルカリ
  • 取引に不安のある人はメルカリ
  • 自由に取引内容を決めたい人はジモティー
  • 大型家電など引き取りにきてもらう取引はジモティー
  • 販売手数料を気にする人はジモティー

 

ちなみに私が出品するときは、「基本はメルカリ・大きな物はジモティーにする」と決めています。

ジモティーの場合は引き取りに来てもらうことを条件に出品しますので、配送方法を考えなくていいからです。

 

それぞれのアプリにメリット・デメリットがありますので、状況に応じて利用してみてください。