不動産×ライターの生きる道

不動産ライター小花絵里による副業&投資ブログ。主にWebライターと不動産投資の情報を発信しています。

【メルカリ・ラクマ】商品の梱包方法を解説!コツをつかんで高評価につなげよう

メルカリ・ラクマ 高評価につなげる梱包方法

こんにちは、フリマアプリが大好きな主婦ブロガーの絵里です。

 

メルカリやラクマで出品していると、商品の種類によってどのような梱包をすればいいのか悩むことがあるのではないでしょうか?

トラブルが怖いので丁寧な梱包が良いのはわかるけれど、送料との兼ね合いが悩ましいですよね。

 

そこで今回は、メルカリやラクマで商品を送るときの梱包方法について解説します。

商品の種類によって梱包のコツがありますので、高評価につなげる梱包を知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

【メルカリ・ラクマ】商品の梱包に必要なものをご紹介

【メルカリ・ラクマ】商品の梱包に必要なものをご紹介

ここでは、メルカリやラクマで商品を梱包するときに必要なものについてご紹介します。

商品が売れた時にすぐ発送できるように、あらかじめ用意しておくと安心ですよ。

  • ビニール袋(OPP袋など)
  • 緩衝材(プチプチ・新聞紙など)
  • クラフト封筒
  • ダンボール
  • テープ類(セロハンテープ・ガムテープなど)

 

ビニール袋(OPP袋など)

本や雑誌など水濡れを防ぐために使われるのが、ビニール袋です。

私は既に合格した資格試験の参考書を出品することが多いので、常備しています。

衣類や小物にも利用できるので、重宝しますよ。

 

緩衝材(プチプチ・新聞紙など)

配送中の衝撃を防ぐ役割をする緩衝材。

特にプチプチは小さい物から大きな物まで幅広く使えますので、大変便利ですよ。

私は基本的にどんなものでもプチプチで包んで発送しています。

 

クラフト封筒

本・雑誌・小物を送るときに使えるのがクラフト封筒です。

私はプチプチやビニール袋で包んだ商品を、クラフト封筒の中に入れて発送しています。

透明のプチプチ・ビニール袋だと中身が見えてしまうので、外から中身がわからないようにクラフト封筒があると安心でしょう。

 

ダンボール

発送する商品の量が多かったり、大きかったりするときはダンボールを使います。

商品の大きさに合ったダンボールを用意するとよいでしょう。

私は大型商品を出品することがないので、60サイズ・80サイズのダンボールを使うことが多いです。

 

テープ類(セロハンテープ・クラフトテープなど)

梱包した商品が出てこないように、テープ類でしっかりと止めましょう。

セロテープやクラフトテープは生活していく中でも使う場面があるので、1つは家の中に置いておくと便利ですよ。

 

【メルカリ・ラクマ】商品の梱包方法を種類別に解説

【メルカリ・ラクマ】売れた商品の梱包を種類別に解説

ここでは、メルカリやラクマで商品を送るときの梱包方法について、種類別で解説します。

商品別の注意点もご紹介しますので、どんな梱包をして送ればいいのかわからない…という人は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 本・雑誌
  • CD・DVD・ゲーム
  • 衣類
  • 靴・鞄
  • 小物
  • PC周辺機器

 

本・雑誌


www.youtube.com

本・雑誌の梱包で気を付けるポイントは、「水濡れ」と「破れないようにすること」です。

水濡れしないようにビニール袋で包み、さらに破れないようにプチプチなどの緩衝材でも包みます。

数冊程度の本であればクラフト封筒、まとめ売りなどで量が多い場合はダンボールを使用して発送します。

ぴったりサイズのダンボールでない場合は、本や雑誌が破損しないように隙間を新聞新などで埋めるとよいでしょう。

 

梱包が面倒な人は、クッション封筒の活用もおすすめです。

 

 

CD・DVD・ゲーム

CD・DVD・ゲームを梱包するときは、水濡れ防止だけでなく、配送中の揺れなどによる衝撃で傷がつかないようにする工夫が大切です。

緩衝材で包むことはもちろん、ダンボール等と商品の隙間がないように緩衝材を詰めましょう。

商品が小さくて少ない場合は、商品を資材にテープ類で固定する方法もおすすめです。


www.youtube.com

 

衣類

衣類は水濡れに注意するだけでなく、変なところに折り目がつかないように綺麗に畳んでビニール袋に入れるとよいでしょう。

破損しやすい装飾がある場合は、緩衝材で包んでおくと安心です。

配送中に商品が外に出ないよう、テープ類で開封口をしっかりと塞ぎましょう。 

厚さによって送料が変わることがありますので、配送方法に合うように空気を抜くなど工夫をすると、送料を抑えられますよ。

 

 

靴・鞄


www.youtube.com

靴や鞄を梱包するときは、配送中に傷がつかないように商品全体をプチプチなどの緩衝材で包みましょう。

私の場合は、さらに水濡れを防ぐためにビニール袋に入れています。

箱やダンボールを使用する場合は、緩衝材を使って商品との隙間を埋めましょう。

 

小物

私の場合、アクセサリーなどの小物類は、プチプチなどの緩衝材に包んでクラフト封筒に入れて発送しています。

他の商品同様、「水濡れ」「破損」に気を配って梱包しましょう。 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【メルカリ・ラクマ】梱包のコツをつかんで高評価につなげよう!

【メルカリ・ラクマ】梱包のコツをつかんで高評価につなげよう!

メルカリやラクマで売れた商品を梱包するときのコツは、水濡れ・破損に配慮しながら、できる限りぴったりサイズで梱包することです。

送料をケチるあまり梱包が雑になってしまうと、低評価を付けられてしまう可能性があります。

無用なトラブルを避けるためにも、ぜひ今回ご紹介した梱包方法を参考にしてみてください。

 

フリマ出品が面倒な人は「マカセル」がおすすめ!

フリマアプリを利用したいけど、出品する時間がない・購入者とのやり取りが面倒くさいと感じる人がいるのではないでしょうか?

フリマ出品代行の「マカセル」なら、フリマのプロに出品を代行してもらえるのでおすすめです。

無料で会員登録できますので、興味のある人はアプリをダウンロードしてみてください!

 

\ 出品はフリマのプロにお任せ♪ /