MENU

【メルカリ・ラクマ】匿名配送を利用するメリット・デメリットとは?注意点についても解説!

スマホアプリで気軽に個人売買ができることが魅力の「メルカリ」「ラクマ」。

私は家の中にある不要品の売却によく利用しています。

個人売買で気になることの1つが、相手に提供する個人情報ではないでしょうか?

メルカリ・ラクマでは「匿名配送」ができますが、実際どのようなものなのか気になる方もいるでしょう。

そこで今回は、メルカリ・ラクマにおける匿名配送を利用するメリット・デメリットについて解説します。

匿名配送を利用する際の注意点についても解説しますので、メルカリやラクマに興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

目次

メルカリ・ラクマで匿名配送を利用するメリット・デメリット

f:id:ERIx:20200712144718j:plain

匿名配送とは、出品者・購入者ともにお互いの住所・氏名などの個人情報を公開しなくてもよい配送方法のこと。

ここでは、メルカリ・ラクマで匿名配送を利用するメリット・デメリットについて解説します。

メルカリ・ラクマに興味のある人の参考になれば幸いです。

メルカリ・ラクマで匿名配送を利用するメリット

  • 相手に個人情報を提供せずに出品・購入ができる 
  • 全国送料一律の料金体系がわかりやすい
  • 売上金から送料が引かれるので配送窓口で支払う手間が省ける

相手に個人情報を提供せずに出品・購入ができる

匿名配送を利用する大きなメリットは、相手に個人情報を提供しなくてよいことでしょう。

知らない人に住所や氏名などの個人情報を明かすことに抵抗のある人は多いのではないでしょうか?

匿名で出品・購入ができると安心できますよね。

また、匿名配送ではメルカリやラクマに登録されている住所が配送業者側で出力されますので、出品者が宛名を間違うことがないという点もメリットの1つだといえるでしょう。

全国送料一律の料金体系がわかりやすい

メルカリは「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」、ラクマでは「かんたんラクマパック(日本郵便)」が匿名配送の対象となる配送方法です。

メルカリ・ラクマいずれも、匿名配送の送料が全国一律で決まっています。

そのため、〇〇県から××府への発送だから…と調べる必要はありません。

サイズによって異なる料金体系となっているので、出品時に送料が明確にすることができることは、メリットの1つであるといえるでしょう。

売上金から送料が引かれるので配送窓口で支払う手間が省ける

通常、郵便局にゆうパックを持ち込むと窓口で配送料金を精算しますよね。

かんたんラクマパックの場合、ラクマの売上金から送料が差し引かれる仕組みとなっています。

郵便局の窓口で配送料金の支払いをする手間を省けることは、メリットの1つであるといえるでしょう。

メルカリ・ラクマで匿名配送を利用するデメリット

  • 配送方法が限定される
  • 匿名配送を利用する人の中には、いい加減な出品者・購入者がいる

配送方法が限定される

匿名配送における大きなデメリットとして、配送方法が限定されることが挙げられるでしょう。

メルカリであれば「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」、ラクマは「かんたんラクマパック(日本郵便)」のみが匿名配送となる対象です。

普通郵便やレターパックなど他の配送方法を利用したい場合は匿名にはなりませんので、注意が必要でしょう。

匿名配送を利用する人の中には、いい加減な出品者・購入者がいる

匿名配送で「自分の情報が相手にバレない」ことをいいことに、いい加減な包装や配送の仕方をする出品者や、言いがかりをつける購入者がいるようです。

私はメルカリ・ラクマで出品したときに悪い評価を2件つけられたことがありますが、2人とも匿名配送を希望したので購入される前に配送方法を変更してあげた方々でした。

2人とも「傷・汚れありで出品されているけど、本当に傷があると思わなかった」という理由で「悪い」と評価していて、他の出品者にも同様の評価をしているようでした。

また、メルカリボックスなどの書き込みを見ていると、出品者の中には「匿名だから自分の情報がバレない」といい加減な商品の送り方をする人がいるようです。

メルカリ・ラクマといったフリマアプリを利用する場合は、「匿名であること」を過信しすぎないようにすることが大切でしょう。

 

メルカリ・ラクマで匿名配送を利用する場合の注意点

f:id:ERIx:20200712144918j:plain

メルカリ・ラクマで匿名配送を希望しても、手順を間違えると匿名配送とならない場合があります。

そこで、この項目ではメルカリ・ラクマで匿名配送を利用する場合の注意点について解説します。

匿名配送で出品・購入をしたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 必ず出品時に匿名配送となる方法を設定する
  • 最低販売価格に注意

必ず出品時に匿名配送となる方法を設定する

メルカリ・ラクマのいずれにしても、必ず出品時に匿名配送となる方法を設定してください。 

購入されたあとから「らくらくメルカリ便」などの配送方法に変更することはできますが、この場合はお互いの住所・氏名が公開されることになります。 

匿名配送の商品を購入したい場合は、あらかじめ匿名配送となる方法が設定されているものを検討する必要があるでしょう。

最低販売価格に注意

ラクマでは、「かんたんラクマパック」を利用できる最低販売価格が設定されています。

かんたんラクマパック(日本郵便)のゆうパケットは販売価格300円以上、ゆうパックは販売価格1,560円以上で利用できることになっているのです。

匿名配送を利用する場合は、必ず配送する際のサイズを確認して最低販売価格に注意した価格設定をする必要があります。

メルカリにも以前は匿名配送を利用する場合の最低販売価格が決められていましたが、2020年7月現在では撤廃されています。

送料が販売利益を上回る場合は販売利益が0円となってしまうので、メルカリ手数料と送料を踏まえて販売価格を設定することが大切です。

なお、商品価格よりも送料が著しく高額な場合は、メルカリによる警告・制限の対象となってしまいますので注意しましょう。

注意点に気を付けてメルカリ・ラクマで匿名配送を使ってみよう!

f:id:ERIx:20200601190447j:plain

メルカリ・ラクマの匿名配送にはメリット・デメリットの両面があります。

また、少し手順を間違えると匿名配送とならないケースもあるので注意が必要です。

今回ご紹介したメリット・デメリットを理解し、注意点に気を付けて、メルカリ・ラクマで匿名配送を利用してみてください。

フリマ出品が面倒な人は「マカセル」がおすすめ!

フリマアプリを利用したいけど、出品する時間がない・購入者とのやり取りが面倒くさいと感じる人がいるのではないでしょうか?

フリマ出品代行の「マカセル」なら、フリマのプロに出品を代行してもらえるのでおすすめです。

無料で会員登録できますので、興味のある人はアプリをダウンロードしてみてください!

\ 出品はフリマのプロにお任せ♪ /

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる