MENU

ラクマの「購入申請」とは?「購入申請あり」で出品するメリット・デメリットを解説!

フリマアプリのラクマには、「購入申請」という独自の仕組みがあります。

出品時に購入申請のあり・なしが選択できますが、それぞれの違いがわかりにくいという人がいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ラクマの購入申請の仕組みと「購入申請あり」で出品するメリット・デメリットを解説します。

ラクマでの出品を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ラクマの「購入申請」とは

f:id:ERIx:20210304191033j:plain

ラクマの「購入申請」とは、出品者が購入の意思表示をした人を承認してから取引が始まる仕組みの機能のこと。

したがって、「購入申請あり」の商品を購入したい人は、購入申請をして出品者が承認してからはじめて取引が開始されることになります。

すぐには購入できないということですね。

ラクマの「購入申請あり」と「購入申請なし(すぐに購入可)」の違い

ラクマには「購入申請あり」と「購入申請なし(すぐに購入可)」の2種類の出品方法があります。

両者の違いがわかるように表にまとめました。

購入申請あり 購入申請なし
(すぐに購入可)
購入者 購入申請後、出品者が承認するまで取引が始まらない 出品者の承認が必要ないので、すぐに取引が開始できる
出品者 購入申請を確認し、承認してから取引開始 購入した人とすぐに取引が開始される

「購入申請あり」と「購入申請なし(すぐに購入可)」の大きな違いは、すぐに取引が開始できるか否かという点です。

なお、「購入申請あり・なし」は出品者が設定することができます。

購入者側で変更することはできないので、急いで購入したい場合などは「購入申請なし(すぐに購入可)」に設定されている商品から選ぶようにしましょう。

「購入申請あり」で出品するメリット・デメリット

f:id:ERIx:20210304191304j:plain

ここでは、ラクマで「購入申請あり」にして出品するメリット・デメリットについて解説します。

購入申請は、メルカリなどの他のフリマアプリにはないラクマ独自の機能です。

既にラクマを利用している人や、ラクマでの出品を検討している人の参考になれば幸いです。

「購入申請あり」で出品するメリット

  • 問題のありそうな購入者を断ることができる
  • 在庫や状態などを改めて確認してから取引を開始できる
  • 購入者を選ぶことができる

問題のありそうな購入者を断ることができる

ラクマは個人間取引なので、相手によってはトラブルに発展してしまうことも少なくありません。

「購入申請あり」として出品すれば、低評価が多いなど問題がありそうな購入者を断ることができます。

出品者側で見定めてから取引を開始するかしないかを選択できるので、ある程度未然にトラブルを防ぐことができるでしょう。

ちなみに、購入申請した人と取引したくない場合は、商品情報を編集することでキャンセル扱いになります。

在庫や状態などを改めて確認してから取引を開始できる

「購入申請あり」にして出品すると、購入申請が入った後でも在庫や状態などを改めて確認してから取引を開始することができます。

たとえば、フリマアプリではすぐには売れないけれど、出品して長時間経過してから売れることがあります。

保管状況によっては、出品時と在庫や状態が変わってしまっていることがあるかもしれません。

「購入申請あり」にしておけば、きちんと確認してから取引を開始することができるので安心ですね。

とはいえ、出品している間は随時情報を更新することが望ましいでしょう。

購入者を選ぶことができる

フリマアプリでは、値下げ交渉が頻繁に行われています。

値下げ交渉のやり取りを見ていた第三者が、値下げされた瞬間に購入してしまうこともあるのです。

基本的にフリマアプリでは早く購入した人と取引が開始される仕組みとなっているため、いわゆる「横取り」をしても規約違反ではありません。

しかし、出品者の中には、事前にやり取りをしていた人に購入してほしいと思う人もいるのではないでしょうか。

「購入申請あり」で出品すると購入者を選ぶことができるので、上記のような横取りを防ぐことができるでしょう。

「購入申請あり」で出品するデメリット

  • すぐに購入したい人から避けられるので売れにくい
  • 購入申請が手間に感じる人もいるので売れにくい

すぐに購入したい人から避けられるので売れにくい

「購入申請あり」の商品は、購入申請をしても出品者が承認するまでは取引が開始されません。

そのため「購入申請あり」にすると、すぐに購入したい人からは避けられてしまいます。

たとえば期限間近のポイントを消化したい人の場合、すぐに購入できなければポイントを失効してしまう可能性があります。

「購入申請あり」の商品はすぐに購入できないので、「購入申請なし(すぐに購入可)」と比較すると売れにくいといえるでしょう。

購入申請が手間に感じる人もいるので売れにくい

購入者の立場からすれば、「購入申請」は手間のかかる制度です。

「購入申請なし(すぐに購入可)」であれば、購入申請をしてから出品者の承認を待つという手間がなくなり、すぐに取引が開始されます。

購入申請の流れを手間に感じる人もいるので、「購入申請あり」にすると売れにくい可能性が高まるでしょう。

購入申請のメリット・デメリットを理解して上手に使いこなそう!

f:id:ERIx:20210304191454j:plain

メルカリなど他のフリマアプリにはない、ラクマ独自の機能である「購入申請」。

今回ご紹介したように、「購入申請あり」での出品にはメリット・デメリットの両方が存在しています。

ラクマで出品する人は、ぜひ購入申請のメリット・デメリットを理解した上で、上手に利用してみてください。

フリマ出品が面倒な人は「マカセル」がおすすめ!

フリマアプリを利用したいけど、出品する時間がない・購入者とのやり取りが面倒くさいと感じる人がいるのではないでしょうか?

フリマ出品代行の「マカセル」なら、フリマのプロに出品を代行してもらえるのでおすすめです。

無料で会員登録できますので、興味のある人はアプリをダウンロードしてみてください!

\ 出品はフリマのプロにお任せ♪ /

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる