不動産×ライターの生きる道

不動産ライター小花絵里による副業&投資ブログ。Webライター・ブログ・不動産投資・株式投資・フリマアプリなどの情報を発信しています。

退職する前に知っておきたい「失業保険」とは?受給資格や必要な書類について解説!

みなさんの中には、現在勤めている会社を退職したいと考えている人がいるのではないでしょうか?

退職する前に知っておきたい制度の1つに「失業保険(失業給付)」があります。

退職すれば誰でも失業保険(失業給付)を受け取れるわけではなく、受給にあたり条件が決められています。

 

そこで今回は、失業保険(失業給付)の概要や受給資格、必要な書類などについて解説します。

退職や転職を検討している人の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

 

失業保険(失業給付)とは?

f:id:ERIx:20210217115221j:plain

今回解説する失業保険(失業給付)とは、やむを得ず失業してしまった場合や自己都合で退職した場合に条件を満たせば受け取れる給付金のこと。

ハローワークの公式サイトでは、雇用保険の基本手当(失業給付)と記載しています。

したがって、雇用保険に一定期間加入していることが条件の1つとなっています。

 

失業保険が受給できれば、失業中の生活もある程度安心できますよね。

次の項目からは、失業保険の受給資格や受給までの期間といった失業保険の概要について解説します。

退職・転職を検討している人は、ぜひご覧ください。

 

失業保険(失業給付)の受給資格

  1. ハローワークに来所し、求職の申込みを行い、就職しようとする積極的な意思があり、いつでも就職できる能力があるにもかかわらず、本人やハローワークの努力によっても、職業に就くことができない「失業の状態」にあること。
  2. 離職の日以前2年間に、被保険者期間(※補足2)が通算して12か月以上あること。
    ただし、特定受給資格者又は特定理由離職者については、離職の日以前1年間に、被保険者期間が通算して6か月以上ある場合でも可。

    ※補足2 被保険者期間とは、雇用保険の被保険者であった期間のうち、離職日から1か月ごとに区切っていた期間に賃金支払いの基礎となった日数が11日以上又は賃金の支払の基礎となった時間数が80時間以上ある月を1か月と計算します。

引用:ハローワークインターネットサービス - 基本手当について

ハローワークのWebサイトでは、上記のように記載されています。

つまり、ハローワークの認める「失業の状態」である必要があるということですね。

そのため、病気やケガ、出産・育児などの理由ですぐに就職できないなどの場合は該当しません。

 

また、離職の日以前の2年間に雇用保険の被保険者である期間が通算して12か月以上あることも要件の1つとなっています。

ご自身が受給資格を満たしているか気になる人は、ハローワークのWebサイトや管轄のハローワークで確認するとよいでしょう。

 

関連記事

www.erix.work

 

失業保険(失業給付)は離職理由や年齢により支給条件が変わる

失業保険(失業給付)の支給条件のうち、実際に受給できるまでの日数や支給日数は離職理由や離職時の年齢により支給条件が変わります。

ちなみに私の場合、ハラスメントが原因で退職しています。

ハローワークから会社都合退職と認定されたため、自己都合退職よりも早く受給できることになりました。

 

支給条件の詳細は、ハローワークのWebサイトをご覧ください。

ハローワークインターネットサービス - 基本手当について

 

関連記事

www.erix.work

www.erix.work

 

失業保険の申請方法や必要な書類とは?

f:id:ERIx:20210217115349j:plain

失業保険は受給資格を満たしていたとしても、申請をしなければ受け取ることができません。

ここでは、失業保険の申請に必要な書類について解説しています。

失業保険の受給を考えている人の参考になれば幸いです。

 

失業保険の申請に必要な書類

  • 雇用保険被保険者離職票-1,2
  • 個人番号確認書類(マイナンバーカードなど)
  • 身元確認書類(運転免許証など)
  • 証明写真2枚(3.0cm×2.5cm)
  • 印鑑
  • 預金通帳orキャッシュカード(一部対応できない金融機関有)

雇用保険被保険者離職票は、退職する会社から交付されます。

会社から受け取った後、離職理由に間違いがないか確認しておきましょう。

離職理由が違うなどの場合は、ハローワークを通して確認してもらうことができます。

実際私は会社から自己都合退職として処理されていましたが、異議申し立てをして会社都合退職として認められました。

 

必要書類を揃えたら、ハローワークで手続きを行いましょう。

申請当日はハローワークで求職の申込手続きなども行いますので、時間に余裕を持っておくことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

 

退職する前に失業保険についての知識を持っておこう! 

f:id:ERIx:20210122173727j:plain

失業保険が受給できれば、失業中のお金の心配がある程度軽減されますよね。

退職する前に、失業保険について知っておくことをおすすめします。

わからないことがあれば、管轄のハローワークに確認してみましょう。 

 

なお、退職後の仕事探しは、転職エージェントの利用がおすすめです!

おすすめ転職エージェント

 

また、転職を考えているのであれば、資格取得もおすすめです。

英語関連の仕事に興味がある人・英語に関する資格を取得したい人は、こちらの記事もあわせてご覧ください。