不動産×ライターの生きる道

不動産ライターによる副業&投資ブログ

【初心者向け】Webライターの始め方をプロが解説!月5万円稼ぐための具体的な方法もご紹介

みなさんは、在宅のまま仕事ができる「Webライター」をご存知でしょうか?

Webライターの主な仕事は、Web媒体に掲載される記事を書くことです。

パソコンとネット環境があれば、いつでも・どこでも仕事ができるWebライターは、副業やフリーランスの働き方として注目を集めています。

 

そこで今回は、フリーランスのWebライターとして活動する私が、Webライターの始め方を完全解説します!

初心者Webライターが月5万円稼ぐための方法やWebライターの始め方に関するQ&Aもご紹介していますので、Webライターに興味のある人はぜひご覧ください。

 

この記事を書いた人
小花絵里
小花絵里不動産ライター

不動産・金融メインに執筆している元不動産営業のフリーランスのWebライター。夫婦で不動産投資&株式投資に励んでいます。

保有資格
宅地建物取引士/賃貸不動産経営管理士/FP2級/日商簿記2級/教員免許(国語)など

プロフィール詳細
https://www.erix.work/profile

執筆実績
https://www.erix.work/contribution

 

スポンサーリンク

 

 

 

Webライターの仕事内容とは

Webライターの仕事内容とは

Webライターの主な仕事内容は、「Web媒体のメディアに掲載される記事を書くこと」。

掲載先がWebであるという特徴から、「検索エンジンからの集客を見込める記事」の作成を依頼されることがほとんどです。

そのため、「文章を書くこと」だけでなく、Web記事が完成するまでの工程のいずれかも担当することがあります。

 

Web記事が完成するまでの流れをおおまかに示すと、以下の通りです。

  1. 検索キーワードの選出
  2. 記事の構成案を作成
  3. 記事の執筆
  4. 記事の編集・校正
  5. 記事の監修
  6. 記事の入稿
  7. 記事のリライト

各項目の具体的な仕事内容については、こちらの記事を詳しく解説していますので、興味のある人はぜひご覧ください。

 

 

Webライターに求められるスキル

  • 知識がない人にも読みやすくわかりやすい文章を書くスキル
  • 誰に向けた何を伝えたい記事なのか把握するスキル
  • 必要な情報を集める能力
  • チャットやメールでのコミュニケーション力
  • SEOの知識
  • WordPressの知識 など

Webライターに依頼される記事は、「読者が抱える何らかの悩みを解決するための記事」であることがほとんどです。

したがって、想定されるペルソナ像を把握し、知識がない人にもわかりやすく解説できる文章を書くためのスキルが求められるといえるでしょう。

  

Webライターに向いている人・向いていない人の特徴 

向いている人 向いていない人
  • 文章を書くことが好きな人
  • クライアントの求める文章を書くことが苦ではない人
  • メールやチャットでのコミュニケーションがとれる人
  •  1人で地道な作業を行うことができる人
  • 情報を集めることが得意な人
  • タイピングが得意な人
  • スケジュール管理ができる人
  • 文章を書くことが嫌いな人
  • どうしても自分を表現したい人
  • メールやチャットでのコミュニケーションが苦痛に感じる人
  • 引きこもって作業することが苦手な人
  • 納期などの約束を守れない人
  • 誰とも関わらず1人で仕事がしたい人

Webライターに向いている人・向いていない人の特徴をおおまかにまとめると、上記の通りです。

詳しくはこちらの記事で解説していますので、よろしければご覧ください。 

  

 

Webライターの始め方

Webライターの始め方

ここでは、Webライターの始め方について解説します。

時間・場所を問わず仕事のできることが魅力のWebライター。

これからWebライターを始めてみたい!という人は、ぜひ参考にしてみてください。 

  1. 【準備】Webライターに必要なアイテム
  2. 初心者はクラウドソーシングの利用がおすすめ
  3. 慣れてきたらクラウドソーシング以外から仕事を探そう

 

【準備】Webライターに必要なアイテム

最低限、Webライターの仕事をするために必要なアイテムは「パソコン」と「ネット環境」です。

スマートフォンでも仕事はできますが、パソコンの方が効率が良く仕事の幅が広がることは間違いないでしょう。

あとはWebライターの仕事をしていくうちに、必要だと感じたアイテムを揃えていくことをおすすめします。

 

たとえば、Webライターはデスクワークで首・肩が凝りやすいので、ノートパソコンスタンドがあると負担が軽減されやすいですよ。

 

 

初心者はクラウドソーシングの利用がおすすめ

Webライターの仕事の取り方は色々ありますが、初心者はクラウドソーシングの利用がおすすめです。

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と仕事を受注したい人をマッチングさせるサービスのことをいいます。

Webライティング以外の仕事も数多く募集されていますので、気軽に挑戦できることも特長の1つです。

 

クラウドソーシングで仕事をするメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 仕事を探しやすい
  • 仕事を選ぶことができる
  • 好きな時間・場所で仕事をすることができる
  • 支払い関係のトラブルを避けやすい
  • 手数料がかかる
  • 応募をしても仕事に繋がらないことがある
  • 低単価で質の悪い案件が存在する
  • 悪質なクライアントがいる

クラウドソーシングで仕事をするメリット・デメリットについては、下記の記事で詳しく解説しています。

興味のある人は、あわせてご覧ください。 

 

 

おすすめのクラウドソーシングはどれ?

Webライティングの仕事が数多く募集されている「クラウドワークス」と「ランサーズ」は登録しておくことをおすすめします。

募集されている仕事の数が多いので、初心者でも参入しやすく実績を作りやすいからです。

各クラウドソーシングサイトにはそれぞれ違った魅力がありますので、あまり多くなりすぎない程度に使い分けるとよいでしょう。

ちなみに、私は色々なクラウドソーシングに登録はしましたが、最終的にクラウドワークス・ランサーズ・ココナラを利用していました。

 

\ 無料会員登録はこちらから /

 

 

クラウドソーシングでの仕事の進め方

一般的なクラウドソーシングでWebライティングの仕事をする流れは、次の通りです。

  1. 募集されている仕事の中からWebライティングを探す
  2. 気になる仕事があれば、募集条件を確認
  3. 支払い方式や契約金額など必要事項を入力し、応募・提案する
  4. クライアントとのやり取りの後、契約締結
  5. クライアントが仮払い後、作業開始
  6. 記事を納品
  7. クライアントの検収後、報酬が支払われる
  8. お互いに評価を入力

クラウドソーシングを利用して仕事をする場合は、各サイトのルールを確認することをおすすめします。

たとえば、クラウドワークスやランサーズでは、クライアントが仮払いを行ってから作業を開始する流れになっています。

仮払い前に作業を開始してしまうと、記事を納品したのに報酬が支払われないというトラブルになりかねません。

 

クラウドワークスでの仕事の進め方は、こちらの記事もご参照ください。

 

 

慣れてきたらクラウドソーシング以外から仕事を探そう

クラウドソーシングでの仕事に慣れてきたら、他の方法でも仕事を探してみましょう。

代表的なものだと、SNSからの受注・ブログからの受注・メディアへの直接応募などがあります。

活動の幅を広げると仕事の幅も広がることが多いので、ぜひ挑戦してみてください。

 

WebライターがSNS・ブログを運営するメリットや活用方法については、こちらの記事もご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

初心者Webライターが月5万円を稼ぐ方法を具体的に解説!

初心者Webライターが月5万円を稼ぐための具体的な方法を解説

ここでは、初心者Webライターが月5万円を稼ぐための具体的な方法についてご紹介します。

初心者Webライターが月5万円を稼ぐためにやるべきことを順番に解説しますので、これからWebライターで収入を得たいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

  • まずはクラウドソーシングの仕組みに慣れよう
  • プロジェクト案件に応募・提案→受注する
  • 月5万円を稼ぐために必要な作業量の目安
  • 初心者Webライターが稼ぐには「執筆時間」と「作業量」が鍵

 

まずはクラウドソーシングの仕組みに慣れよう

先ほども解説したように、初心者はクラウドソーシングを利用して仕事をすることから始めることをおすすめします。

まずはクラウドソーシングに登録して、募集されている仕事を確認してみましょう。

 

クラウドワークス・ランサーズであれば、 クライアントと打ち合わせをせずに作業が開始できる「タスク案件」から始めるのがおすすめです。

タスク案件では、簡単なアンケートやレビュー・口コミ依頼など、簡単に取り組めるものが多いのが特長の1つ。

初心者でも始めやすいといえるでしょう。

 

ただし、タスク案件は非常に単価が低いものばかりです。

タスク案件のみで稼ぐことは難しいので、クラウドソーシングの仕組みに慣れたら「プロジェクト案件」にも挑戦してみましょう。  

 

\ 無料会員登録はこちらから /

 

プロジェクト案件に提案→受注する

クラウドワークス・ランサーズの仕組みに慣れたら、プロジェクト案件に応募・提案してみましょう。

クラウドソーシングには数多くの仕事が募集されています。

どんな案件に応募・提案していいかわからないという人は、初心者でも応募OKの案件や好き・興味のあるジャンルを選ぶことをおすすめします。

 

月5万円を稼ぐために必要な作業量の目安 

Webライターの報酬は、「文字単価」で計算されることがほとんどです。

文字単価とは、1文字あたりの単価のこと。文字単価1円で3,000文字の案件であれば、報酬は3,000円ということですね。

 

初心者Webライターが受注する文字単価の目安は、0.5円~1.0円程度。

したがって、 5万円の売上を作るには、5万~10万字程度の執筆が必要だという計算になります。

 

初心者Webライターが稼ぐには「執筆時間」と「作業量」が鍵

「初心者Webライターが月5万円を稼ぐには5万~10万字程度の執筆が必要」といわれても、どのくらいの時間と労力がかかるのかわかりにくいですよね。

Webライティングの仕事は、1記事あたり3,000字~5,000字程度のものが多いです。

したがって、記事数でいえば10~34記事程度という計算になるでしょう。

 

文章を書くことに慣れていない超初心者の場合、1記事を書くのに丸一日費やすということもよくあります。

私も、最初は1記事を書き終えるのに8~10時間程度かけていました。

しかし、Webライティングの仕事に慣れていけば、3,000字を2時間程度で書くことも可能です!

このレベルまで到達できれば、月30時間程度の稼働で5万円を稼げるようになるでしょう。

 

もちろん、執筆速度が速ければいいというわけではありません。

「仕事」ですから、クライアントの求める記事を納品することを心がけてください。

 

実績の乏しい初心者Webライターの場合、いきなり高単価の仕事を受注することは難しいでしょう。

初心者Webライターが稼ぐには、仕事に慣れて作業量を増やすことが必要です。

「自分にもできそう!」と思った案件には積極的に応募・提案してみることをおすすめします。

 

おすすめクラウドソーシング

 

 

稼げるWebライターになるために必要なこと

稼げるWebライターになるために必要なこと

ここからは、稼げるWebライターになるために必要なことについて解説します。

稼げるWebライターになるには、仕事が途切れない仕組み作りと単価アップが必要です。

Webライターの仕事で月5万円よりももっと稼げるようになりたい!と考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 得意ジャンルを決める
  • Webライターの仕事に役立つ知識を身に付ける
  • 執筆速度を上げて作業量を増やす
  • 専門性を高めて単価を上げる
  • 仕事が途切れない仕組みを作る
  • トラブルを回避&上手に対処する

Webライターの稼ぎ方については、こちらの記事もご覧ください。

 

 

得意ジャンルを決める

稼ぎたいWebライターは、自身の得意とするジャンルを決めておくことをおすすめします。

なぜなら、得意ジャンルの記事が書けるライターを探しているクライアントが声をかけやすくなったり、より効率的に得意ジャンルに関連する勉強ができたりするからです。

効率的に稼ぎたいのであれば、「何でも書けます!」という雑記ライターよりも、得意ジャンルを極めている専門性の高いライターを目指すことをおすすめします。

なお、最低1つは需要の高いジャンルから選ぶと、仕事を受注しやすいですよ。 

 

 

Webライターの仕事に役立つ知識を身に付ける

  • Webライティング
  • SEO対策
  • Webマーケティング
  • 各ジャンルの専門知識 など

稼げるWebライターになるためには、スキルアップするための努力が必要です。

専門ジャンルとWebマーケティングの両方の知識・経験がある人は非常に需要が高いと感じています。

書籍などで各ジャンルの専門知識を学びながら、実際にブログなどでメディア運営してWebマーケティングについて学ぶとよいでしょう。

 

 

執筆速度を上げて作業量を増やす

単純に、執筆速度が上がればその分作業量を増やすことができます。

Webライターは成果報酬型の仕事ですから、作業量を増やすことができれば報酬も増えるでしょう。

 

ただし、執筆が速いことが絶対的に良いとは限りません。

稼げるWebライターとして生き残るためには、クライアントの求める質の高い記事を納品することが大切でしょう。

記事の質を落とさずに、執筆速度を上げる工夫をすることをおすすめします。

 

専門性を高めて単価を上げる

得意ジャンルをとことん極めて専門性を高めるとよいでしょう。Webマーケティングに関する知識・経験がプラスされると、Webライターとしての需要がさらに高まります。

需要のあるWebライターは、引く手あまたです。

多くのクライアントが求めているので単価交渉がしやすく、必然的に単価が上がります。

 

専門性の高さをアピールできるものの1つが資格です。

権威性を高めるためにも、得意ジャンルに関連する資格を取得することは有用でしょう。

 

 

仕事が途切れない仕組みを作る

  • SNS・ブログを活用する
  • ライターチームに所属する
  • Webマーケティング会社とつながりを持つ など

クラウドソーシングなどで自ら仕事を探すとなると、時間がかかりますよね。

仕事が途切れない仕組みを作ることも、稼げるWebライターになるためには大切なことです。

詳しくは、こちらの記事もご覧ください。

 

 

トラブルを回避&上手に対処する

トラブルに巻き込まれると時間を取られますし、精神的にも消耗してしまいます。

特にWebライターの多くは個人事業主なので、何かあったときには自身で対処しなければなりません。

Webライターの仕事でよくあるトラブルと、トラブル防止策・対処法はこちらの記事をご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Webライターの始め方に関するQ&A

Webライターの始め方に関するQ&A

ここでは、Webライターの始め方に関するQ&Aをご紹介します。

初心者Webライターが気になる質問と、私なりの答えを記載していますので、Webライターに興味のある人はぜひ参考にしてみてください。

  • 未経験でもWebライターになれる?
  • Webライターの報酬の相場はどのくらい?
  • ライターネームは決めた方がいい?
  • 実績はどうやって作ればいい?
  • テストライティングは受けた方がいい?
  • 就職しないで初めからフリーランスでも大丈夫?
  • 失業保険の受給とWebライターは両立できる?
  • Webライターは確定申告が必要?

 

未経験でもWebライターになれる?

未経験でもWebライターの仕事は可能です。

Webライターになるのに特別な資格や経験は必要ありません。

また、初心者向けの仕事の場合、記事の骨組みが決まっていたり、執筆ルールが細かく定められていたりすることが多いので、文章を書くことに慣れていない人でも取り組みやすくなっています。

 

クラウドソーシングには、初心者歓迎の案件も数多く募集されています。

「これなら自分にもできそう!」という案件が見つかれば、ぜひ挑戦してみてください!

 

 

Webライターの報酬の相場はどのくらい?

  • 文字単価0~1円:超初心者向け
  • 文字単価1~2円:初心者向け
  • 文字単価3~6円:中級者向け
  • 文字単価7円~:Webライターの努力次第

ジャンルによっても相場は変わりますが、おおよそこのような感じです。

Webライターを始めたばかりの初心者は、「文字単価1円以上」の案件を継続的に受注できるようにすることを目標にするとよいでしょう。 

 

 

ライターネームは決めた方がいい?

ライターネームは早めに決めておいた方が良いです!

できれば、苗字+名前というようなライターネームにしておくことをおすすめします。

メディアによっては「苗字+名前」の記載をお願いされることがあるからです。

 

合わせて、早い段階で記名記事用の顔写真もしくはイラストを用意しておくと良いでしょう。

私はココナラでイラストの作成を依頼しました!

SNSやブログなどのプロフィールのアイコンを揃えておくと、クライアントが探しやすくなりますよ。

 

\ イラスト発注はこちらから /

 

なお、専門性の高いジャンルで活躍するライターの場合、クライアントから本名での記名記事をお願いされることが多くあります。

私はしばらく本名で活動した後に、ライターネームを決めました。

私の記事を読んで名前を検索して依頼してくださる人もいるので、最初からライターネームを決めておかなかったことを後悔しています。

Webライターを始めたばかりだと記名記事になることは少ないかもしれませんが、早いうちに決めておくことをおすすめします。 

 

実績はどうやって作ればいい?

  • クライアントに実績として公開してよいか確認する
  • 自身のブログで記事のサンプルを作る など

Webライターとしてステップアップするためには、魅力的な実績を作ることが必要でしょう。

提示できる実績があると、クラウドソーシングでも提案が通りやすくなります。

 

個人的には、Webライターはブログの開設をおすすめします。

Webライターとブログについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。 

 

 

テストライティングは受けた方がいい?

私個人としては、テストライティングで受け取れる報酬が納得できるものであれば、挑戦してみたら良いと思います。

残念ながら、「テストライティングの報酬は500円ですが、合格したら文字単価2円で発注します」という内容で募集しながら、誰も合格させる気がないクライアントもいます。

とにかく低単価で記事を集めたいのでしょう。

 

ある程度まともなクライアントであれば、テストライティングの報酬もきちんとした金額を提示しています。

「このテストライティングの金額で仕事をしても後悔しない」と思えれば、挑戦するとよいでしょう。

 

就職しないで初めからフリーランスでも大丈夫?

私個人としては会社員を経験しておくことをおすすめします。

もちろん、就職せずにフリーランスのWebライターとして活動している人もいるので否定しているわけではありません。

詳しくは、こちらの記事もご覧ください。

 

 

失業保険の受給とWebライターは両立できる?

要件を満たせば、失業保険を受給しながらWebライターとして活動することはできます。

詳しくは、管轄のハローワークにお尋ねください。

私の体験談をまとめた記事はこちら。参考になれば幸いです。

 

 

Webライターは確定申告が必要?

副業・専業のいずれにせよ、一定の所得があれば確定申告が必要です。

確定申告の準備は、クレジットカードや銀行口座と連携できる会計ソフトの利用がおすすめです!

会計ソフトは、あまり簿記の知識がなくても利用できるのが魅力です。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

Webライターに興味のある人は、クラウドソーシングの登録から始めよう!

Webライターに興味のある人は、クラウドソーシングに登録することから始めよう!

今回ご紹介したように、Webライターの仕事に興味のある人はクラウドソーシングから仕事を探すのがおすすめです。

クラウドソーシングは無料で登録できますので、まずはどんな仕事が募集されているのか確認してみるとよいでしょう。 

 

下記におすすめのクラウドソーシングサイトをご紹介していますので、気になる人は無料登録して仕事を探してみましょう!

おすすめクラウドソーシング

 

Webライターの稼ぎ方についてはこちらの記事をご覧ください。