不動産×ライターの生きる道

不動産ライターによる副業&投資ブログ

Webライターが青色申告にするメリット・デメリットを解説!正しい節税知識を身に付けよう

Webライターの多くは、個人事業主として活動しているでしょう。

会社員であれば会社で年末調整をしてもらえますが、個人事業主であるWebライターは自身で確定申告をしなければなりません。

正しく申告することはもちろんですが、控除を上手に使って節税意識を持つことも非常に大切なことです。

 

そこで今回は、Webライターが青色申告にするメリット・デメリットについて解説します。

Webライターだけでなく、個人事業主は青色申告について知っておいて損はありませんので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

 

青色申告とは

f:id:ERIx:20200613163745j:plain

Webライターのような個人事業主は、一定の所得があれば確定申告を行う必要があるでしょう。

会社員の副業としてWebライティングの仕事をしている人も、所得に応じて確定申告が必要です。

 

個人事業主が確定申告を行う場合、「青色申告」と「白色申告」のいずれかで申告することになります。

誰でも選択できる白色申告とは異なり、青色申告では様々な控除や特例を受けることが可能です。

ここでは、青色申告の特徴について解説します。

 

青色申告を選択するための条件

青色申告を利用したい場合は、税務署長宛に「青色申告承認申請書」を提出する必要があります。

新たに青色申告の申請をする場合は、原則としてその年の3月15日までに提出します。

3月16日以降となってしまうと、翌年からの適用になるということですね。

 

なお、新規開業の場合は業務を開始した日から2か月以内に提出することで、その年から適用できるようになります。

新規開業の場合は、開業届と一緒に青色申告承認申請書を提出するとよいでしょう。

Webライターと開業届についてはこちらの記事をご覧ください。

 

 

また、青色申告をすることができる人は、以下の所得がある人のみです。

  • 不動産所得
  • 事業所得
  • 山林所得

ちなみに私は開業届を提出している個人事業主なので、ライター業務で得た収益は事業所得として申告しています。

 

青色申告で必要な帳簿書類と保存期間

青色申告にする場合は、原則として年末に損益計算書・貸借対照表を作成できる正規の簿記で記帳しなければなりません。

また、帳簿や書類などは原則として7年間保存することになっています。(請求書などの一部書類は5年間の保存)

 

なお、複式簿記の知識があまりない人や、決算書の作成に時間をかけたくない人は、会計ソフトの利用がおすすめです。

 

 

Webライターが青色申告にするメリット・デメリット

f:id:ERIx:20210425085024j:plain

フリーランス・会社員の副業のいずれにしても、Webライターをするのであれば青色申告によるメリットを知っておいた方がよいでしょう。

ここでは、Webライターが青色申告にするメリット・デメリットについて解説します。

Webライターに興味のある人、Webライターの仕事で一定の所得がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

Webライターが青色申告にするメリット

青色申告におけるメリットは以下の通りです。

  • 最大65万円の青色申告特別控除
  • 青色専従者に支払う給与を経費にできる
  • 赤字を最長3年間繰り越せる
  • 30万円未満の固定資産を一括経費にできる
  • 貸倒引当金を一定割合まで経費にできる

 

最大65万円の青色申告特別控除

Webライターが青色申告をするメリットとしては、やはり「青色申告特別控除」が大きいですね。

青色申告特別控除とは、所得金額から最高65万円を控除できる制度のこと。

所得から控除されるということは、簡単に言えば「支払う税金が安くなる」ことになります。 

 

青色申告特別控除の控除額は10万円・55万円・65万円
控除額 条件
10万円
  • 簡易簿記
55万円
  • 複式簿記で記帳
  • 事業所得・不動産所得がある
  • 確定申告で損益計算書・貸借対照表を添付
  • 法定期限内に確定申告する
65万円
  • 55万円の条件を満たした上で、
  • e-Taxで電子申告または電子帳簿保存

55万円・65万円の青色申告特別控除を受けるためには、原則として複式簿記での記帳が必要になります。

個人的には、会計ソフトを利用して記帳するのがおすすめです。

会計ソフトの中にはe-Taxに対応しているものもありますので、興味のある人はぜひ無料お試しから利用してみてください。

 

 

 

なお、会計ソフトを利用しないで自力で複式簿記による記帳をするためには、簿記の知識が必要不可欠です。

個人事業主の決算書類作成程度であれば、日商簿記3級を勉強すれば十分でしょう。

日商簿記3級を取得するメリットについては、こちらの記事をご覧ください。

 

 

青色専従者に支払う給与を経費にできる

事前に届出を提出することで、青色申告をする事業者と生計を一にしている家族・親族へ支払う給与を経費にすることが可能です。

事業を手伝ってもらっている家族に給与を支払っている人は、節税につながりますのでメリットだといえますよね。

ただし、青色専従者として給与を受けている人は、控除対象配偶者・扶養親族になれませんので注意しましょう。

 

赤字を最長3年間繰り越せる

事業所得が赤字の場合、純損失の金額を3年間繰り越して、所得から控除することができます。

たとえば今年の損失を翌年の所得から控除すれば、節税効果が得られますよね。

赤字を最長3年間繰り越せることは、青色申告のメリットだといえるでしょう。

 

貸倒引当金を一定割合まで経費にできる

貸倒引当金とは、売掛金などが回収できない場合を想定して、あらかじめ回収不能な金額を計上するお金のことをいいます。

青色申告にすることで、設定された貸倒引当金を一括評価で経費にすることが可能です。

 

Webライターが青色申告にするデメリット

ここでは、Webライターが青色申告にするデメリットについて解説します。

  • 事前に税務署へ申請書を提出する必要がある
  • 複式簿記での記帳が必要(55万円・65万円の控除を受ける場合)
  • 確定申告の期間内に申告する(55万円・65万円の控除を受ける場合)

 

事前に税務署へ申請書を提出する必要がある

青色申告にするためには、事前に税務署へ「青色申告承認申請書」を提出する必要があります。

新たに青色申告する場合は、原則としてその年の3月15日までに申請しなければなりません。

ただし、新しく開業する人は、業務開始から2か月以内に申請することで、その年から青色申告ができるようになります。

青色申告には上記で解説したようにメリットが多いので、新規開業する人は開業届と一緒に提出すると良いですよ。

 

 

複式簿記での記帳が必要(55万円・65万円の控除を受ける場合)

上記でも解説したように、55万円・65万円の青色申告特別控除を受ける場合は、複式簿記での記帳が必要になります。

複式簿記の知識があまりない人は、自力で会計処理するのは難しいかもしれません。

会計ソフトを利用すれば会計処理にかかる時間も短縮できるのでおすすめです!

 

 

 

確定申告の期間内に申告する(55万円・65万円の控除を受ける場合)

55万円・65万円の青色申告特別控除を受ける場合は、確定申告の期間内に申告することが必須です。

青色申告に限らず、白色申告でも確定申告の期限を超えて申告すると、加算税や延滞税が課せられる可能性があります。

確定申告の期間内に申告するようにしましょう。 

 

スポンサーリンク

 

 

Webライターは青色申告のメリットを理解して確定申告を行おう!

f:id:ERIx:20200308220008j:plain

Webライターのような個人事業主は、税制度についての知識を身に付けることが大切だと感じています。

青色申告のメリットを理解して、正しく確定申告を行い納税しましょう!

 

また、個人事業主として活動する上で避けて通れないのが「確定申告」。

下記におすすめの会計ソフトをご紹介しますので、興味のある人はぜひ無料お試しを利用してみてください。

 

 

Webライターの始め方・稼ぎ方については、こちらの記事もご覧ください。