MENU

Webライターの稼ぎ方をプロが完全解説!稼ぐためのステップを具体的にご紹介

Webライターの稼ぎ方を解説!稼ぐまでの手順を具体的にご紹介

こんにちは、不動産ライターの小花絵里(おばなえり)です。

在宅ワークの中でも人気の高いWebライターですが、本当に稼げるの?と疑問に感じている人がいるのではないでしょうか。

また、Webライターを始めた人の中には、なかなか稼げなくて辛いと感じている人がいるかもしれません。

そこで今回は、不動産ライターとして数々のWeb記事を企業に寄稿している私が、Webライターの稼ぎ方について解説します!

稼ぐためのステップを具体的にご紹介しますので、Webライターで稼ぎたい人はぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人:小花絵里

目次

Webライターは本当に稼げるの?

Webライターは本当に稼げるの?

「Webライターは稼げない」という意見を聞いたことはありませんか?

未経験でも始めやすいWebライターですが、稼げる金額については本人次第です。

継続して稼いでいくためには、仕事が途切れないコネクション作りやWebライターとしてのスキルアップを続けていくことが大切でしょう。

ここでは、参考までにWebライターの単価相場や収入目安についてご紹介します。

Webライターは本当に稼げるの?と疑問に感じている人は、ぜひ参考にしてみてください。

Webライターの単価相場

  • 文字単価0~1円:未経験~超初心者
  • 文字単価1~2円:初心者
  • 文字単価3~6円:中級者
  • 文字単価7円~:本人の努力次第

Webライターの報酬は、1文字あたりの単価を表す「文字単価」によって計算されるのが一般的です。

まったくの未経験者の場合、文字単価1円未満から始めることになるでしょう。

同じ作業量でも、単価が高い方が得られる収入が多くなるということですね!

Webライターの目安収入

私の周りにいるWebライターや私自身の経験を踏まえると、会社員の副業としてWebライターをしている人の目安収入は、月1~5万円程度。

フリーランスのWebライターとして活動している人の収入は、月10~100万円超まで様々です。

稼げるWebライターになるためには、何らかのスキルを特化して他のWebライターとの差別化が必須だといえるでしょう。

私の経験からいうと、特別なスキルがなくても時間をかけてWebライターの仕事に慣れていけば、月10万円程度は稼げると感じています。

絵里
初心者Webライターは、まずは月5万円稼ぐことを目標にしましょう!

Webライターの始め方を知りたい人はこちら!

Webライターの稼ぎ方とは

Webライターの稼ぎ方とは

Webライターの稼ぎ方を大まかに分けると、雑記ライター・専門ライター・その他の方法があります。

それぞれの特徴を知り、ご自身に合う稼ぎ方を選択するとよいでしょう。

雑記ライター

雑記ライターとは、幅広いジャンルの記事執筆を請け負うライターのこと。

様々なジャンルに対応できるので、仕事を獲得しやすくなるメリットがあります。

しかし、特定ジャンルの専門性を高めにくいので、単価は低くなりがち。

慣れないジャンルの場合はリサーチに時間がかかるので、時給換算すると思ったような報酬にならないこともあります。

絵里
Webライター初心者・たくさん作業ができる人におすすめの稼ぎ方です♪

専門ライター

  • 特定ジャンルの専門性が高いライター
  • 売れる記事を書けるコピーライター・セールスライター
  • インタビュー記事の書ける取材ライター など

専門ライターとは、何らかの専門性を持つライターのことをいいます。

ちなみに、私は不動産ジャンルに特化して記事執筆を行っている専門ライターです。

誰でも始めやすいのが魅力のWebライターですが、稼ぎたいのであれば他のWebライターと差別化できる専門性を身に付けた方が良いでしょう。

専門性を高めて、クライアントから需要のあるWebライターを目指しましょう!

その他:Webライターの経験を別事業に活かす

  • ブログ運営
  • noteなどでのノウハウ公開
  • ライター講師
  • 書籍出版 など

Webライターで得た知識や経験をもとに、別のビジネスを始める人もいます。

特に、SEO対策やサイト運営の勉強を兼ねて、ブログ運営をしているWebライターは非常に多いです。私もその1人(笑)

Webライターとしてある程度経験を重ねたら、別事業も展開できる可能性が高まるといえるでしょう。

Webライターで稼ぐためのステップ

Webライターで稼ぐためのステップ

ここからは、Webライターで稼ぐためのステップを具体的にご紹介します。

Webライター未経験の人はもちろん、もっと稼ぎたいと考えているWebライターの方も参考にしていただければ幸いです。

  1. Webライターの仕事を始める
  2. クラウドソーシングで実績を作る
  3. 営業用のポートフォリオを作る
  4. クラウドソーシング以外から仕事を獲得する
  5. 継続して依頼してもらえるクライアントを見つける
  6. 単価交渉して収入アップを目指す
  7. Webライターとしてのスキルアップを続けていく

STEP1:Webライターの仕事を始める

まずは、実際にWebライターの仕事に挑戦してみるところから始めましょう。

Webライターの始め方については、こちらの記事をご覧ください。

Webライターの始め方を知りたい人はこちら!

STEP2:クラウドソーシングで実績を作る

Webライターを始めたばかりの人は、クラウドソーシングでの実績作りを意識しましょう。

契約件数が増えてクライアントから高評価を頂ければ、もっと仕事を受注しやすくなります。

さらに、クラウドソーシングのランク制度を活用すれば、良い条件の仕事を獲得しやすくなるでしょう。

絵里
Webライター初心者は、クラウドソーシングを利用して仕事に慣れよう!

STEP3:営業用のポートフォリオを作る

より良い条件の仕事を獲得するためには、自身をアピールするためのポートフォリオが必要です。

Webライターのポートフォリオは「作品集」のこと。つまり、これまでの実績などを掲載したもののことをいいます。

ポートフォリオがあれば、どのような記事を書くWebライターであるのかアピールしやすくなります。

Webライターのポートフォリオについては、こちらの記事をご覧ください。

STEP4:クラウドソーシング以外から仕事を獲得する

  • 求人サイト
  • Webメディアへの直接応募
  • Web制作会社への応募
  • Twitterのライター募集案件に応募
  • Webライター仲間からの紹介
  • 自身のSNS・ブログへの直接依頼

Webライターの仕事を獲得する方法は、クラウドソーシングだけではありません。上記のように、様々な方法があります。

クラウドソーシング以外の方法は、ある程度Webライターとしての実績がないと仕事を獲得しにくいので、まずは「ポートフォリオ」を作れるくらいの実績を作りましょう。

絵里
ちなみに、私はTwitterとブログからの直接依頼のみで生活しています。

STEP5:継続して依頼してもらえるクライアントを見つける

Webライターとして安定して稼いでいくためには、継続して依頼してもらえるクライアントを見つけることが大切です。

特に、案件を豊富に抱えている「編集プロダクション」「Web制作会社」とつながりを持つとよいでしょう。

絵里
私は1つのWeb制作会社から複数メディアの依頼を受けています!案件管理しやすいのもメリット。

STEP6:単価交渉をして収入アップを目指す

Webライターがこなせる作業量には限界があるため、収入アップを目指すのであれば単価交渉は避けて通れないでしょう。

単価交渉をするタイミングや方法については、こちらの記事にまとめています。

STEP7:Webライターとしてのスキルアップを続けていく

Webライターを名乗る人の数が、年々増えているように感じています。

他のWebライターと差別化を図るためには、自身のスキルアップを続けていくことが大切です。

絵里
私は今後も専門資格の取得やSEO対策・サイト運営の勉強を続けていきます!

Webライターで稼ぐための注意点

Webライターで稼ぐための注意点

ここでは、Webライターで稼ぐための注意点について解説します。

Webライターで稼ぎたいと考えている人は、注意点も理解しておくことが大切です。

  • SEO対策とWebライティングの勉強必須
  • スケジュール管理を徹底する
  • 毎年の確定申告を忘れずに行う
  • 万が一に備えて保険サービスに加入しておく

SEO対策とWebライティングの勉強必須!

Webライターに求められるのは、Webから集客・成約の見込める記事を作成すること。

したがって、Webライターとして稼いでいくためには、SEO対策やWebライティングに関する勉強は必須です。

ネットや書籍などで勉強したり、実際にサイト運営して試行錯誤したりして、スキルを高めていきましょう。

スケジュール管理を徹底する

Webライターで大変なことの1つが、スケジュール管理です。

上手にスケジュールを組めないと、暇な時期と納期が重なる時期の差が大きくなってしまい、結果的に稼ぎにくくなってしまう可能性があります。

できる限り作業量を均一化するために、納期の交渉など工夫してスケジュールを組み立てるとよいでしょう。

毎年の確定申告を忘れずに行う

副業・専業のいずれにせよ、一定の所得があれば確定申告をする必要があります。

確定申告の書類作成が不安だという方は、会計ソフトの利用がおすすめです。

簿記の知識があまりない人でも利用しやすいようになっていますので、まずは無料で使い心地を試してみるとよいでしょう。

万が一に備えて保険サービスに加入しておく

Webライターの仕事をしていく中で、トラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

そのため、万が一の事故などに備えて、保険サービスに加入しておくとよいでしょう。

私は、フリーランス特有の事故の補償に備えて、FREENANCE(フリーナンス) に無料登録しています。

保険サービスだけでなく請求書を買い取って即日払いするサービスなども提供していますので、気になる方はぜひ登録してみてください。

\ 今すぐ!万が一に備えよう! /

まずはクラウドソーシングに登録して、Webライターの仕事を探してみよう!

まずはクラウドソーシングに登録して、Webライターの仕事を探してみよう!

Webライターで稼ぎたい人は、クラウドソーシングで仕事を獲得するところから始めてみてください。

少しずつ公開できる実績を増やして、より条件の良い仕事を獲得していきましょう!

Webライターの仕事を探したい人は、日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」がおすすめ!

クラウドワークスには常に多数のWebライティング案件が募集されているので、自分に合う仕事を見つけやすいのが特長です。

無料で登録できますので、興味のある人はぜひ仕事を探してみてください!

\ 今すぐ!仕事を探そう♪ /

その他クラウドソーシング

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる