Webライターは稼げるジャンルを狙おう!ジャンルの選び方のポイントを徹底解説!

Webライターのジャンル選び

未経験でも始められる在宅ワークとして人気な「Webライター」。

クラウドソーシングなどで仕事が募集されていますが、初心者の方はどのジャンルを選んだら良いのかわからないという人がいるのではないでしょうか?

また、ある程度Webライターの仕事に慣れた人も、どのジャンルの専門性を高めれば良いのかわからず悩んでいる人がいるかもしれません。

そこで今回は、Webライターの稼げるジャンルとジャンルの選び方について解説します!

Webライターのジャンル選びに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

Webライターにおすすめのジャンルの選び方

Webライターにおすすめのジャンルの選び方

ここでは、Webライターにおすすめのジャンルの選び方について解説します。

ジャンルの選び方を「基本的な選び方」と「稼ぐための選び方」に分けて解説しますので、Webライターのジャンルの選び方を知りたい人の参考になれば幸いです。

基本的な選び方

  • 好きなジャンル
  • 興味のあるジャンル
  • 知見のあるジャンル
  • 体験したことのあるジャンル

基本的には、上記のような「興味があって、ある程度知識・経験のあるジャンル」を選ぶことをおすすめします。

まったく知らないジャンルの場合、記事を書くために勉強したり、体験したりするのに多大な時間と労力がかかってしまいます。

ある程度自身の知識・経験があるジャンルを選ぶと、リサーチや執筆にかかる時間も短縮できるでしょう。

「地域情報を調べるのが好きだから観光・グルメ系のジャンルを選ぶ」「クレジットカードに詳しいのでキャッシュレス決済の記事に挑戦する」 など、初心者の場合は特に「書きやすい」と思えるジャンルを選ぶことをおすすめします。

Webライターで稼ぐための選び方

Webライターで稼ぎたいのであれば「案件の多いジャンル」と「単価の高いジャンル」の記事を書けるようにしておくとよいでしょう。

案件の多いジャンルを極めておけば仕事を獲得しやすく、単価の高いジャンルの専門性を高めれば少ない労力で収入を得ることができるからです。

もちろん、どのジャンルでも一定の需要はあります。

しかし、Webライターで「稼ぐ」ためには、継続的に仕事を獲得できることや単価の高い案件に対応できることが必要でしょう。

最低1つは「稼げるジャンル」から自分にできそうなものを選択して、専門性を高めていく努力をすることをおすすめします。

Webライターにおすすめの「稼げるジャンル」

Webライターで稼げるジャンル

ここでは、Webライターにおすすめしたい「稼げるジャンル」をご紹介します。

先ほども解説したように、Webライターで稼ぎ続けるためには、案件数の多いジャンルや単価の高いジャンルの記事を書けるようにしておく必要があるでしょう。

Webライターで稼ぎたい!と思うのであれば、ジャンル選びは重要です!稼げるジャンルから選んで知識・経験を積み、需要のあるライターを目指しましょう。

  • 金融・投資
  • 不動産・住宅
  • 美容
  • 医療・健康
  • 転職

金融・投資

金融・投資系のジャンルは、ある程度の知識と経験がないと説得力のある記事は書けないので、全体的に単価は高めです。

とはいえ、内容によって単価と求められる質は大きく異なります。

たとえば、金融系ジャンルの中でも「キャッシュレス決済(クレジットカードなど)」の場合は文字単価2~3円程度、投資系であれば専門性に応じて文字単価3円~10円程度が多いでしょう。

金融・投資系のジャンルは「執筆者の経歴・資格」が重視されることが多く、記名記事になりやすいです。

そのため、専門性に応じて単価が高くなりやすいといえるでしょう。

逆にいえば、金融・投資系でも文字単価1~2円程度の案件は、監修する人を別に用意しているなどの理由から専門性の高さは求められていないことが多く、未経験でも挑戦しやすいといえます。

未経験から金融・投資系ジャンルを極めたい!という人は、FP2級などの資格取得がおすすめです。

Webライターにおすすめの資格については、こちらの記事もご覧ください。

不動産・住宅

マイホームの売却・購入、不動産投資のいずれにしても、大きなお金が動く分、発信する情報の正確さが求められます。

ちなみに、私は不動産ライターとして活動しています。

不動産ライターがどんな記事を執筆しているのか、不動産ライターの実態はどうなのか知りたい人は、こちらの記事も合わせてご覧ください。

美容

美容ジャンルでは、Webライティングの仕事が数多く募集されています。

アフィリエイト広告が豊富にあることや、老若男女幅広くニーズの高いジャンルであることが関係しているのでしょう。

美容ジャンルの中でも「脱毛」は特に人気で、Webライターの需要も高いです。

脱毛サロンに通った経験のある人・働いた経験がある人は、高めの単価を提示してもらえることがありますよ。

なお、美容ジャンルを極めていくのであれば「薬機法」の勉強が必須です。

美容・健康・医療などのジャンルは特に表現が厳しくなっていますから、薬機法をきちんと理解して執筆できるWebライターは重宝されます。

美容ライターは需要が高い分ライバルも多いので、美容関連の知識・経験に加えて薬機法もマスターすると差別化されやすいですよ。

医療・健康

医療・健康のジャンルは専門知識が必要なことが多く、単価が高くなりやすい傾向にあります。

正確な情報を発信することが求められるため、医療従事者や医療系の専門資格を持つ人が活躍しているジャンルです。

専門性が高くWebマーケティングに長けている人は重宝されますので、文字単価10円以上で活躍している人も少なくありません。

ただし、医療・健康ジャンルでは「どんな経歴・資格の人が書いているか」を重視されることが多いため、未経験・未資格の人が高単価の案件を受注するのは難しいかもしれません。

転職

転職ジャンルはアフィリエイト広告が増えてきている影響もあり、一定の需要があります。

一昔前よりも転職が当たり前の時代になってきたので、今後ますます需要が増える可能性が高いでしょう。

転職ジャンルは専門知識がなくても挑戦できますが、単価の高い案件を受注するためには何らかの専門性を身に付ける必要があります。

Webライターはジャンル選びが超重要!ジャンルを選んで専門性を高めよう!

Webライターはジャンル選びが超重要!ジャンルを選んで専門性を高めよう!

Webライターの世界では、どのジャンルでも一定の需要はあります。

しかし、Webライターとして継続的に稼いでいきたいと考えるのであれば、案件の豊富なジャンルや単価の高いジャンルの記事を書けるようになった方が良いでしょう。

Webライターとして稼ぎたい!という人は、最低1つは稼げるジャンルから自分にできそうなものを選び、専門性を高めていく努力をしてみてください。

Webライターの仕事を探したい人、は日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」がおすすめ!

クラウドワークスには常に多数のWebライティング案件が募集されているので、自分に合う仕事を見つけやすいのが特長です。

無料で登録できますので、興味のある人はぜひ仕事を探してみてください!

\ 今すぐ!仕事を探そう♪ /

その他クラウドソーシング

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる