MENU

納期厳守!Webライターが納期を守るためにおすすめしたい対応5選

Webライターの仕事をしていると必ず直面する「納期」。

納期とは「納入期限」の略称のこと。

Webライターでいえば、クライアントから依頼された仕事(記事)を納品する期限のことをいいます。

今回は、Webライターが納期を守るための対処法・万が一納期に遅れそうなときの対処法について解説します。

WebライターやWebライターに興味のある人の参考になれば幸いです。

目次

Webライターは納期厳守!納期を守らないとどうなる?

Webライターは納期厳守!納期を守らないとどうなる?

Webライターは、記事執筆の対価として報酬を頂いています。

仕事ですから納期を守ることは当然ですが、残念ながら様々な理由から納期に遅れてしまう人もいるようです。

Webライターが納期を守らない場合、次のような影響が出てしまうことが考えられます。

  • クライアントからの信頼を失い、次の仕事がなくなる
  • クライアントとのトラブルにつながる
  • 報酬がきちんと支払われない可能性がある  など

「〇月×日までに記事を納品すること」が仕事の依頼内容だとすると、期日までに納品できなければ約束を破っていることになります。

上記のように、納期を守らないことはデメリットしかありません。

Webライターが納期を守るためには、スケジュールに余裕を持たせるなどの工夫が必要でしょう。

Webライターが納期を守るためにできる対応については、次の項目をご覧ください。

Webライターが納期を守るためにできる対応

Webライターが納期を守るためにできる対応

Webライターが納期を守るためには、スケジュール管理をきちんと行うことが非常に重要でしょう。

現役Webライターの私が考える「納期を守るためにできる対応」は次の通りです。

  • 「納期を守る」という強い意思を持つ
  • 自身が対応できる業務量を把握する
  • スケジュールに「予備日」を設ける
  • 執筆依頼をされた時点で納期の交渉をする
  • 仕事の優先順位をはっきりさせる

「納期を守る」という強い意思を持つ

まずは「納期を守る」という強い意思を持つことが大切です。

納期を守ろうという意識が薄いと、どうしても執筆の優先順位が低くなってしまいます。

中には、「〇〇が忙しかった」「時間がない」などと言い訳を考えてしまい、納期を守れない自分を正当化してしまう人がいるかもしれません。

自分に甘いという自覚がある人は特に、納期を守ることを強く意識しましょう。

自身が対応できる業務量を把握する

私のようにWebライターが主要事業の人もいれば、会社員の副業としてWebライターを行っている人もいるでしょう。

納期を守れるスケジュールを作成するためには、ご自身が対応できる業務量を把握することが重要です。

たとえば私の場合は次のような業務量を踏まえて仕事を受注しています。

  • 1日の執筆文字数:2,000~3,000字
  • 1日の稼働時間:4~5時間程度

1記事5,000字程度の依頼があれば、2日かかる前提でスケジュールを組みます。

実際は5,000字程度であれば1日で書き終えることが多いのですが、余裕を持たせるためにこのように考えているのです。

私は単価を上げるために業務量よりも質を重視しています。Webライターの文字単価についてはこちらの記事をご参照ください。

 

スケジュールに「予備日」を設ける

「急用が入った」「体調が悪く寝込んでしまった」など、予定外のことが起こり執筆に支障が出てしまうことがあります。

また、新規の依頼などの場合、「想定していたよりも執筆に時間がかかってしまった」ということがあるでしょう。

スケジュールに「予備日」を設けることで、予定外のことが起こっても柔軟に対応することが可能です。

余裕を持ったスケジュール管理を行うことをおすすめします。

執筆依頼をされた時点で納期の交渉をする

クライアントから納期を提案されたときにスケジュールの調整を行うことをおすすめします。

依頼の時点であれば、クライアント側もスケジュールの調整がしやすいことが多いからです。

依頼を受けた後で「やっぱり納期に間に合いません」ということでは、相手に迷惑をかけてしまいます。

執筆依頼をされた時点でご自身のスケジュールを確認し、必要に応じて納期の交渉を行いましょう。

仕事の優先順位をはっきりさせる

複数の依頼を受けているときには特に、仕事の優先順位をはっきり決めておきましょう。

たとえば、「構成案提出→クライアント確認→記事執筆」という流れであれば、早めに構成案を提出しないと執筆期間が短くなってしまいます。

納期を確実に守るため、仕事の優先順位をはっきりさせておくことが大切です。

万が一、納期に遅れそうなときの対処法

f:id:ERIx:20200502170027j:plain

普段から納期を守るためにスケジュール管理をしっかり行っていたとしても、様々な事情から計画通りに進まないことがあります。

とはいえ、納期に遅れてしまってはクライアントに迷惑をかけて仕事に影響を与えてしまいます。

納期を過ぎてしまいそう…とわかった時点で、事情とともにクライアントに相談しましょう。

とにかく早めに連絡することが大切です。早めにわかれば、クライアント側も対処がしやすいからです。

1番やってはいけないことは、納期を過ぎても連絡をしないこと。音信不通になること。

納期を過ぎてしまうことに後ろめたさを感じてクライアントに連絡をしにくい…と考える人がいるかもしれません。

しかし、相手も人間です。きちんと事情を伝えて早めに相談すれば、信頼関係を損なわずに済む可能性があります。

納期を守れない場合は、なるべく早い段階でクライアントに相談することをおすすめします。

Webライターは納期を守れるように仕事を進めよう!

Webライターは納期を守れるように仕事を進めよう!

Webライターの仕事はクライアントとの契約で成り立っています。

納期を守れないということは、約束を破るということ。

Webライターは納期を守れるように仕事を進める工夫をすることが大切です。

様々な事情から納期に間に合わない場合は、早めにクライアントへ相談しましょう。 

なお、Webライターの仕事の取り方の1つとして、クラウドソーシングサイトの利用がおすすめです。

私のおすすめは日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」。

クラウドワークスには常に多数のWebライティング案件が募集されているので、自分に合う仕事を見つけやすいのが特長です。

無料で登録できますので、興味のある人はぜひ仕事を探してみてください!

\ 今すぐ!仕事を探そう♪ /

その他クラウドソーシング

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる