Webライターが納期厳守するための工夫とは?遅れそうなときの対処法も解説

こんにちは、不動産ライターの小花絵里(おばなえり)です。

Webライターはクライアントが求める記事を納品することが仕事であるため、記事の納入期限(=納期)が決められています。

読者さん

納期に絶対間に合わせなきゃ!と思うと、キツいな…。

あらかじめ納期が決まっているとプレッシャーになってしまい、キツい・ツラいと感じてしまう人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、Webライターが納期厳守するための工夫について解説します。

万が一納期に遅れてしまいそうなときの対処法についても解説しているので、納期があってキツいと感じている人や納期に遅れそうで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人:小花絵里(おばなえり)
目次

Webライターが納期を守れないとどうなる?

Webライターが納期を守れないとどうなる?

Webライターの仕事で設定されている「納期」。納期は「納入期限」の略称、つまりクライアントに依頼された記事を提出する期限のことをいいます。

ここでは、Webライターが納期を守れない場合にどうなってしまうのか、詳しく解説していきます。

  • クライアントからの信頼を失う
  • クライアントとのトラブルにつながる可能性も

クライアントからの信頼を失う

納期は、「期日までに記事を完成させる」という約束事です。納期を守れない場合は、クライアントとの約束を破ってしまうことになります。

約束を守れないと、また約束を破るのではないかと思われて信頼を失ってしまいますよね。

クライアントからの信頼を失うと、次回から発注する記事数を減らされるなど仕事に悪影響が出る可能性があります。さらに、何度も納期に遅れたり、音信不通になってしまったりすれば、契約解除されてしまう可能性が高まるでしょう。

絵里

何か事情があって納期に遅れてしまう場合は、早い段階でクライアントに相談しましょう。

クライアントとのトラブルにつながる

「納期」は、契約前に取り交わしたクライアントとの約束事の1つ。約束を破れば、クライアントからの印象が悪くなることは避けられないでしょう。

納期に遅れたことを理由になかなか報酬を支払ってもらえない等のトラブルに発展してしまう可能性も考えられます。さらに最悪のケースとして、期日までに記事の制作が間に合わなかったことで損害賠償請求をされてしまう可能性も考えられるでしょう。

絵里

納期に間に合えばこのようなトラブルは起きません。きちんと約束を守りましょう。

万が一、納期に遅れてしまいそうなときの対処法

万が一、納期に遅れてしまいそうなときの対処法

納期に間に合わせたいと思いながらも、様々な事情から納期に遅れてしまいそうになることがあるかもしれません。

ここでは、万が一納期に遅れてしまいそうなときの対処法について解説します。

絵里

とにかく早めの連絡・誠実な対応をすることが大切です。音信不通は絶対ダメ!

  1. 「納期に遅れそう」とわかった時点でクライアントに相談する
  2. 丁寧に謝罪をして「絶対に納品できる日時」を伝える
  3. 今後は納期に遅れないことを伝える

「納期に遅れそう」とわかった時点でクライアントに相談する

納期に遅れてしまう「かもしれない」とわかった時点で早めにクライアントに相談しましょう。

クライアント側からしても、納期に遅れてしまうなら早めに伝えてもらえると何かと対処しやすいからです。

納期に遅れてしまうことはよくないことですが、人間誰しもミスをすることはあります。スケジュール管理のミスや自分・家族の体調不良など、事情があれば正直に話しましょう

絵里

とにかく早めの連絡が大切です。納期ギリギリの連絡では相手も困りますし、印象も悪くなってしまいます。

納期に遅れることを後ろめたく感じてクライアントに伝えにくいかもしれません。しかし、早い段階で正直に事情を話せば信頼関係を損なわずに済む可能性が高まります

納期を過ぎても連絡しない・音信不通になる・嘘をつくことは、社会人としてやってはいけないことです。副業であっても「仕事」。相手のこともきちんと考えて対応しましょう。

丁寧に謝罪をして「絶対に納品できる日時」を伝える

納期に遅れる場合、まずは事情を話して丁寧に謝罪をしてから「絶対に納品できる日時」を伝えましょう

再提案する納入期限は、もちろん早ければ早いほど良いでしょう。しかし、2度目の遅延は許されません「絶対に」間に合う日時を提案してください。

今後は納期に遅れないことを伝える

クライアントが納期に遅れることや再提案した納期を承諾したら、今後は納期に遅れないようにすることを伝えましょう

絵里

1度ミスをしても、誠実な対応ができれば関係性を悪くせずに済むことが多いですよ。今後は納期に遅れないように気を付けましょう。

次からは絶対に納期に遅れないように、工夫してスケジュールを調整してみてください。Webライターが納期に遅れないための工夫については、次の項目をご覧ください。

Webライターが納期に遅れないための対応

Webライターが納期を守るための工夫

ここでは、Webライターが納期に遅れないための対応や工夫について解説します。

  • 仕事を受注しすぎないように注意する
  • 余裕のあるスケジュールにする
  • スケジュールに予備日を設ける
  • 契約前に納期の交渉をする
  • アプリ等でタスク管理をする
  • 納期の1~2日前に完成させる意識を持つ
  • 日頃からしっかり体調管理をする

仕事を受注しすぎないように注意する

納期に遅れないようにするためには、自分のこなせる業務量を超える仕事を受注しないようにすることが大切です。

Webライターは、たくさん仕事を受注すればその分収入アップを目指せる職種です。しかし、作業できる時間には必ず限界があります。

絵里

フリーランスになったばかりの頃は仕事を受注しすぎてしまい、納期に間に合わせるために睡眠時間を削っていました…。

特に、自分の作業ペースが掴めていない場合は、無理なくこなせる仕事量を受注することをおすすめします。

余裕のあるスケジュールにする

納期まで余裕を持って記事を完成させるためには、余裕のあるスケジュールに調整することが大切です。

十分に作業時間を確保できれば、リサーチをしっかりしたり、執筆テーマの知識を深めたりする時間に充てられます。結果的に、記事のクオリティを高めることにつながるでしょう。

納期に追われて焦りながら執筆すると、低品質の記事になってしまう可能性があります。質の高い記事を納品するためにも、余裕のあるスケジュールにすることが大切です。

スケジュールに予備日を設ける

どんなに綿密なスケジュールを作成しても、想定していたよりも作業に時間がかかることがあるでしょう。

そのため、スケジュールを作成するときには、必ず「予備日」を設けることをおすすめします。

予備日があれば、少し想定外のことが起こっても対応しやすくなりますよ。

絵里

私は1週間に1回程度、予備日を設定しています。

契約前に納期の交渉をする

そもそもクライアントから最初に提示された納期が厳しいと感じたら、契約前に納期の交渉をしてみてください。

クライアントは早ければ早いほど納期の変更に対応しやすいため、契約前であれば交渉に応じてもらえる可能性も高いでしょう。

絵里

納期の交渉をしたときに、クライアントが希望する納期に間に合えばプラスの報酬を支払う!と言ってもらえたことがありました。交渉は大事。

ただし、契約前の納期の交渉は、あらかじめ条件を提示して募集しているクラウドソーシングの一般案件では難しいかもしれません。直接契約の場合に検討してみてください。

アプリ等でタスク管理をする

どの案件がどこまで進んでいるのか把握するために、アプリ等でタスク管理することをおすすめします。

タスク管理をすると仕事の優先順位や記事の完成予定日を把握しやすくなるので、スケジュール管理もしやすくなりますよ。

絵里

私はタスク管理にTrelloを利用しています。

納期の1~2日前に完成させる意識を持つ

実際の納期よりも早く記事を完成させられるようにスケジュールを調整すると、予定外のことが起こっても対応しやすくなるのでおすすめです。

さらに、期日よりも前に納品できれば「早めに対応してもらえた」と思われて印象が良くなることも。

質の高い記事を完成させるためには、記事のテーマに関するリサーチにも時間がかかります。余裕を持たせて、良い記事を納品していきましょう。

絵里

私は、記事の完成予定日の1~2日後が納期となるように交渉しています!余裕を持って納品できています。

日頃から体調管理をしっかりする

体調不良から作業ができず、納期に遅れてしまうケースはよくあります。

適度な運動をする・栄養バランスを考えた食事をとる・しっかりと睡眠時間を確保するなど、日頃から体調管理をしっかりすることが大切です。

Webライターと納期に関する注意点

Webライターと納期に関する注意点

「納期に遅れそう…」と悩んでいるWebライターの中には、遅れることの後ろめたさからクライアントに相談しにくいと感じる人がいるかもしれません。

Webライターの納期遅れに関して、1番やってはいけないことが「納期に遅れても連絡しないこと」「音信不通になること」

また、納期がギリギリまで近付いてから申し出るとクライアントは対応に困ってしまいます。印象も悪くなってしまうでしょう。

誰しもミスの1つはあるものです。納期に遅れそうなときは、早い段階できちんと事情を説明することを心がけてください。

意外と、納期を守らないWebライターに頭を悩ませているクライアントは多くいます。きちんと納期を守れるWebライターになれば、信頼されて仕事を継続してもらえる可能性が高まりますよ。

Webライターは納期を守れるように仕事を進めよう!

Webライターは納期を守れるように仕事を進めよう!

Webライターの仕事は、クライアントとの信頼関係によって成り立っています。

クライアントとの良好な関係を維持するためにも、Webライターは納期に遅れないように仕事を進めていくことが大切です。

万が一、納期に遅れてしまいそうなときは、早い段階でクライアントに相談しましょう。嘘をつかないで、誠実な対応を心がけてください。

数ある仕事から好きな仕事を選びたい・自分で条件を決めて仕事をしたい人は、こちらのクラウドソーシングも利用してみてください。

おすすめクラウドソーシング
  • Webライターでなかなか稼げず悩んでいる…
  • Webライターに必要な勉強を動画で学びたい
  • 独学よりも誰かに教わりながら効率よく学びたい
  • 他のWebライターさんと交流したい etc…

このような方は、Webライターのオンラインスクール「#106members」の利用がおすすめ!

コミュニティの参加・登録は無料なので、まずは無料登録してどのような講座があるのか確認してみてください。

\ 今すぐ!ライターで稼ごう♪ /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる