不動産×ライターの生きる道

元不動産営業→現役不動産ライターによる副業&投資ブログです。

WebライターがTwitterを運用するメリット4選!Twitter活用方法も解説します

こんにちは!WebライターのERIです。

今回解説したいのは、「WebライターがTwitterを運用するメリット」。

私はTwitterを運用していますが、Webライターとして活動する上で欠かせないツールとなっています。

実際、WebライターはTwitterを運用している人が多いように感じています。

まだTwitterを開設していないWebライターに興味のある人や現役Webライターは、ぜひこの記事を参考にTwitterの運用を検討してみてください!

 

スポンサーリンク

 

 

WebライターがTwitterを運用するメリット

f:id:ERIx:20200420175335j:plain

Webライター がTwitterを運用するメリットには、次のようなものがあります。

1つずつ解説していきましょう。

  • 自己アピールができる
  • Webライターに関する情報収集
  • 他のWebライターと情報交換
  • Webライターの仕事受注

自己アピールができる

Twitterを利用することで、自分がWebライターであることや得意ジャンル、これまでの実績などをアピールすることができます。

インターネットが普及している現代では、予想外のところからビジネスチャンスが転がってくる可能性が考えられます。 

より良い条件の仕事を受注するためにも、Twitterで自分自身のことを少しでも多くの人に知ってもらえるとよいでしょう。

 

Webライターに関する情報収集

クラウドソーシングの公式アカウント、Webライター、編集者、ディレクターなど、Webライターに関連する多くの人たちがTwitterを利用しています。

Webライターに関係のある人をフォローすることで、案件情報などの役立つ情報を手に入れることができるでしょう。

興味のある人がいれば、積極的にフォローすることをおすすめします。

 

他のWebライターと情報交換

Twitterを利用することで、同業のWebライターと情報交換することができます。

仲良くなると案件情報を交換したり、案件を共有するチームに所属できたり、専門外・手に余るなどの仕事を回してもらえたりすることがあります。

他のWebライターが日々どのような活動をしているか知ることができることも、メリットの1つだといえるでしょう。

 

Webライターの仕事受注

最近、Twitterから仕事を頂くことが多くなっています。

Twitterで当ブログやこれまでの執筆実績を公開していますので、内容を見て依頼してくださるそうです。

他のWebライターからも、Twitterから仕事を受注しているという声を聞いています。

Webライターとして仕事を獲得したいのであれば、Twitterは必須のツールといえるでしょう。

 

WebライターにおすすめしたいTwitter活用方法

f:id:ERIx:20200113173427j:plain

ここでは、WebライターにおすすめしたいTwitterの活用方法について解説します。

仕事を受注したいWebライターの参考になれば幸いです。

 

検索されやすいプロフィールにする

TwitterからWebライターの仕事を受注したいのであれば、検索されやすいプロフィールにするとよいでしょう。

表示名を普段使用しているペンネームにする、「Webライター」を追加するなど。

さらに、プロフィールに得意ジャンルや執筆実績を記載しておくと仕事を依頼する側が判断しやすくなります。

一目見て「Webライター」であることがわかる表示名・プロフィールにすることをおすすめします。

 

Webライター関連の人・アカウントをフォローする

同業のWebライターや仕事を発注しているクライアントなどを積極的にフォローしましょう。

私はライター募集のツイートから応募して仕事を獲得したり、同業のWebライターから仕事を紹介してもらったりしています。

他のWebライター関係の方々が発信する情報の中には非常に有益なものがあります。

ぜひ色んなアカウントを覗いてみてください!

 

フォロー外の人からもDMを受け取れるようにする

Twitterでは、自分がフォローしている人のみからDMを受け取れるように設定することができます。

しかし私は、仕事依頼をDMで受け付けているため、私自身がフォローしていないアカウントからもDMを受け取れるように設定しています。

幅広く多くの仕事を受注したい!と考えるのであれば、DMを開放した方が仕事の依頼を受け取りやすくなるでしょう。

ただし、Webライターとはまったく関係のない不審なDMがくることもありますので、不快に感じる人は開放しない方がよいかもしれませんね。

 

適度にツイートする

情報収集用のアカウントであれば、ツイートしなくてもよいのでは?と考える人がいるかもしれません。

しかし、私は適度にツイートすることをおすすめします。

ツイートする=自分から発信することで、多くの人の目に触れやすくなるからです。

また、フォロワーとの交流もしやすくなります。

あまりにツイートが多すぎるとフォロワーから迷惑に思われるかもしれませんので、適度にツイートするとよいでしょう。

私は、1日あたり0~10ツイート程度を目安にしています。

 

 関連記事

www.erix.work

 

スポンサーリンク

 

 

WebライターはTwitterを利用して仕事を受注しよう!

f:id:ERIx:20191118182010j:plain

Twitterは今回ご紹介したように、Webライター同士の交流や仕事の受注にも活用できる便利なツールです。

Webライターに興味のある人は、ぜひTwitterを活用して仕事を獲得していきましょう!

よろしければ、私のTwitterもフォローお願いします。 

 

おすすめのクラウドソーシングサイト

クラウドワークス

代表的なクラウドソーシングサイトといえば、クラウドワークス

クラウドワークスにはライティング業務以外にも様々な案件がありますので、気になる方はぜひ色々な案件に挑戦してみてください。


日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

 

ランサーズ

代表的なクラウドソーシングサイトの1つであるランサーズ

独自のランク制度や適性報酬のAI判定があるなど、よりよい取引ができるよう工夫されています。初心者の方におすすめ!

クラウドソーシング「ランサーズ」
クラウドソーシング「ランサーズ」会員募集(無料)

 

ココナラ

ココナラでは、「スキルのフリマ」という見出し通り自分のできることを出品できるのが特徴。

ライティングだけでなく、Web制作やイラスト制作など様々な特技を出品することができます。


無料会員登録してサービス内容を見る

 

Bizseek

クラウドソーシングサイトの手数料を気にする方におすすめしたいのがBizseek

手数料を抑えてお得に稼ぎたい人に向いているサイトです。 


手数料業界最安でお得にお仕事【Bizseek】

 

ママワークス

働く「時間」と「場所」を選べる、働くママを応援する求人サイト。

求人の中には、在宅ワーク・時短の仕事などがあります。

スキマ時間に働きたい!という主婦におすすめのサイトです。


【ママワークス】