Webライターとは?仕事内容や必要なスキルを現役Webライターが解説!

みなさんは「Webライター」という職業をご存知でしょうか?

Webライターは、主にWeb媒体のメディアに掲載する記事を書く仕事をしています。

掲載媒体がWebという特性から、「ライター」とはいえ執筆以外の仕事の依頼も多くあります。

そこで今回は、現役Webライターである私が、Webライターの具体的な仕事内容や必要なスキルについてご紹介します。

在宅ワークや副業、Webライターに興味のある人の参考になれば幸いです。

目次

Webライターとは?

f:id:ERIx:20191024201435j:plain

Webライターの主な仕事は「Webに掲載される記事を書くこと」。

掲載媒体がWebであるという特徴から、単に「記事を書く」だけでなく「Web検索順位の高い記事を執筆する」ことを求められることが多くあります。

読者にわかりやすい文章を書くことはもちろんのこと、SEOの知識も必要な職業であるといえるでしょう。

また、Webライターは最低限パソコンとインターネット環境があれば始めることができます。

時間や場所を選ばないこともあり、始めるための敷居が低いことも特徴の1つです。

Webライターは副業にもおすすめの仕事であるといえるでしょう。

Webライターの仕事内容と必要なスキル

f:id:ERIx:20200405172038j:plain

ここでは、Webライターの具体的な仕事内容や必要なスキルについてご紹介します。

Webライターや在宅ワーク、副業に興味がある人の参考になれば幸いです。

Webライターの仕事内容

Web記事ができるまでの流れに沿って、Webライターの仕事内容を解説します。

Webライターの仕事は書くだけではなく、次のような作業も依頼される場合があります。

  1. 検索キーワードの選出
  2. 記事の構成案を作成
  3. 記事の執筆
  4. 記事の編集・校正
  5. 記事の監修
  6. 記事の入稿
  7. 記事のリライト

検索キーワードの選定

クライアントがWeb記事を作成する理由の1つは、集客のため。

特に、Googleなどの検索エンジンからの集客を考えていることがほとんどです。

そのため、記事作成の前にWeb検索で効果的な検索キーワードを選定することから始まります。

あらかじめクライアントがキーワードの選定をしていることがあるので、Webライターは関わらないこともあります。

記事の構成案を作成

いきなり執筆を開始するのではなく、まずは記事の構成案を作成します。

記事の骨組みのようなものですね。

検索キーワードから想定される読者の悩みやペルソナ像を考えて、タイトルや見出しを作成していきます。

特に検索エンジンからの集客を考えるのであれば、記事の構成や見出しは非常に重要な項目です。

そのため、キーワードを意識した構成案が求められるのです。

構成案のみを作成するWebライターも存在します。

記事の執筆

  • キーワードから構成案を作成して執筆
  • あらかじめ決められた記事の構成案に沿って執筆
  • レギュレーションが決められていることも

 Webライターに依頼される「記事の執筆」には上記のような特徴があります。

先ほど解説したように、キーワードの選定や記事の構成はWebでの集客を考えるとかなり大切な要素です。

そのため、Webライターは他の人が考えた構成案に沿って執筆しなければならないことがあります。

また、表記のゆれがないように「数字は半角」などといったレギュレーションが決められていることがあります。

読みやすい文章にするために、クライアントが表記を統一するためのルールを決めているということです。

Webライターは、クライアントが求める記事を作成するのが仕事ということですね。

記事の編集・校正

記事の編集・校正では、誤字・脱字がないか、不自然な言い回しはないか、メディアのレギュレーションに沿って執筆されているかなどがチェックされます。

基本的には、他のWebライターが書いた記事の編集・校正を担当します。

編集・校正作業では、より読みやすい文章に修正していくということですね。

記事の監修

記事の監修は、記事に書かれた内容が適切であるか確認する仕事です。

記事を確認・修正するという点では編集・校正の作業と同じですが、編集・校正は主に読みやすい文章に直す、監修では内容に間違いがないか確認するという違いがあります。

たとえば税金関係の記事であれば、税・会計の専門家である税理士に内容を確認してもらった方が信頼性が増す記事になりますよね。

私も不動産ライターとして、不動産関係の記事を監修することがあります。

記事の入稿

クライアントによっては、WordPressなどへの入稿まで依頼されることがあります。

記事の入稿では、見出しを設定したり、文章に装飾をしたり、適切な場所に画像を挿入したりする作業を行います。

より読みやすくわかりやすい記事にするための作業です。

記事のリライト

時間が経つと情報が古くなってしまったり、競合サイトに負けてしまったりすることがあります。

Web記事の場合、公開した記事を後から編集することが可能です。

そのため、クライアントの中には記事のリライトをWebライターに依頼することがあるのです。

記事のリライトでは、元の記事よりもわかりやすく集客しやすい記事となるよう書き直します。

記事のアップデートをしていく作業だということですね。

Webライターに必要なスキル

  • 知識がない人にも読みやすくわかりやすい文章を書くスキル
  • 誰に向けた何を伝えたい記事なのか把握するスキル
  • 必要な情報を集める能力
  • チャットやメールでのコミュニケーション力
  • SEOの知識
  • WordPressの知識

Webライターは文章に携わる仕事ですから、上記の中でも「知識がない人にも読みやすくわかりやすい文章を書くスキル」「誰に向けた何を伝えたい記事なのか把握するスキル」は必須スキルであるといえるでしょう。

Webライターには特別な資格は必要なく、誰でも始めることができます。

そのため、ある程度スキルがないと稼げるWebライターにはなれません。

掲載媒体がWebであるという特徴から、SEOに関する勉強はしておいた方がよいでしょう。

興味のある人はWebライターの仕事をしてみよう!

f:id:ERIx:20191205223153j:plain

Webライターの執筆ジャンルは不動産・金融のような専門的なものから、恋愛・育児・芸能など日常生活で触れる話題まで様々です。

Webライターの仕事を受注するのであれば、まずはクラウドソーシングサイトを利用するのがおすすめ!

下記におすすめのクラウドソーシングサイトをご紹介していますので、興味のある人はぜひ登録してみてください。

おすすめクラウドソーシング

Webライターの始め方・稼ぎ方については、こちらの記事もご覧ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる