WebライターERIの日記帳

不動産WebライターERIによる副業&投資ブログです。

兼業Webライターが月5万円の副収入を継続的に得た方法

私は現在、不動産・金融の記事執筆をメインとするWebライターとして活動しています。

しかし、以前は住宅メーカーで働きながら副業としてWebライターの仕事を行っていました。

私が副業を始めたきっかけは、転職です。

首都圏→地方への転職で給与水準が違うから仕方ないのですが、自分の中では給与が下がったことに納得できなかったのです。

また、当時はセクハラ上司から「俺の言うこと聞けないなら代表に言ってクビにするぞ」ということを遠回しに言われていたので、将来いきなりクビになることも想定して生きていかないといけないと思ったことも、副業をするきっかけの1つです。

 

会社員の収入に加えて、もう少し収入があったなら…。

そう考えている人がいるのではないでしょうか。

会社員として働いていた頃は、Webライターの副収入が平均して月5万円程度ありました。

そこで今回は、会社員として働いていた頃にWebライターとして月5万円の副収入を継続的に得ていた方法についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

Webライターとは?

f:id:ERIx:20191004175952j:plain

Webライターとは、Webサイトに掲載される記事を執筆する人のことをいいます。

「ライター」という仕事は、なんとなくイメージがしやすいですよね。

新聞記者や雑誌のコラムを書いている人などが思い浮かぶのではないでしょうか。

Webライターも記事を書くことが仕事ですが、掲載される媒体がWebであるという特徴があります。

 

参考までに、私がこれまで執筆してきた記事についてまとめています。

よろしければご覧ください。

www.erix.work

 

Webライターの仕事の始め方

Webライターとして副収入を得るには何をしたら良いでしょうか。

ここでは、Webライターの仕事の始め方について解説します。

クラウドソーシングサイトから受注する

おすすめは、クラウドソーシングサイトから仕事を受注することです。

クラウドソーシングサイトでは、仕事を発注したい人が仕事内容や金額などの条件を書いて募集しています。

募集されている仕事に応募し、当選すると仕事を行うことができる、という仕組み。

代表的なサイトであるクラウドワークスやランサーズでは報酬に手数料がかかることが多いのですが、その分サイト上で支払い管理ができるので初心者にも安心です。

 

メディアに直接応募する

メディアによっては「ライター募集」というページを作成していることがあります。

応募ページより直接連絡を取ることにより、仕事を受注できる可能性があります。

私は過去に何社か送ったことがあるのですが、条件が折り合わず契約には至りませんでした。

 

SNSから受注する

TwitterやfacebookなどのSNSから仕事がくることがあります。

もちろん、SNS上でWebライターであることを公開したり、ポートフォリオなどを記載したりしておかないと仕事は入りません。

私はTwitterをしていますが、たまにTwitterから仕事の依頼をして下さる方がいます。

Twitterのフォローはこちらからどうぞ!→

 

ブログから受注する

ブログがある程度成功している方であれば、ブログのお問い合わせから仕事が来ることがあるようです。

このような弱小ブログでも問い合わせがあります。ありがとうございます!

 

Webライターの仕事の始め方は様々です。

初心者の方はクラウドソーシングサイトから仕事を受注することをおすすめします。

 

関連記事

www.erix.work

 

スポンサーリンク

 

Webライターで月5万円の副収入を得る方法

実際に私がどのような仕事内容で月5万円の副収入を得ていたのか。

副業としてWebライターを行っていた時期の報酬を例として公開します。

■不動産系サイト
3,000文字×文字単価6円×2記事=36,000円
■地域系サイト
1,000文字×文字単価3円×3記事=9,000円
■金融系サイト
2,000文字×文字単価2円×2記事=8,000円

合計53,000円
所要日数:5日

だいたいこんな感じでした。

車で往復1時間半の通勤で疲れていたので、仕事後は時間が取れませんでした。

主に休日しか執筆できないので、単価が高い案件を集中的にこなしていた感じです。

当時は不動産営業という本業があったので、忙しい月は書けなくて収入が減ったり、余裕のある月はもっと執筆したりしている月がありました。

 

Webライターの報酬は文字単価で決まることが多い

いきなり「文字単価」という単語を入れてしまったので、馴染みのない方にはわかりにくかったかもしれません。

Webライターの報酬は、文字単価から計算されることが多くあります。

執筆した記事の文字数に文字単価を掛けて計算されることもあれば、初めに「3,000文字程度で文字単価2円だから6,000円の報酬です」と決められていることもあります。

後者の場合は、実際に執筆した文字数が3,000文字を超過していても6,000円ということになります。

 

Webライターの案件には様々なジャンルのものがあります。

単価は低いけれど、初心者を対象にライティングのアドバイスを行ってくれる案件もあるようです。

自分に合った案件を見つけて稼いでいきましょう!

 

おすすめのクラウドソーシングサイト

Webライターの副収入を得る方法として、クラウドソーシングサイトを利用するのがおすすめです。

ここでは、代表的なクラウドソーシングサイトを3つご紹介します。

 

クラウドワークス

代表的なクラウドソーシングサイトといえば、クラウドワークス

兼業Webライター時代は、クラウドワークスのみを利用していました!

クラウドワークスにはライティング業務以外にも様々な案件がありますので、気になる方はぜひ色々な案件に挑戦してみてください。

私も初めはテープ起こしをするつもりで登録しています(笑)


日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

 

関連記事

www.erix.work

 

ランサーズ

私は退職してフリーのWebライターとなってからランサーズを利用し始めました。

ランサーズは仕事の適正価格をAI判定していたり、獲得報酬額などで変動するランクを設けていたりするなど、独自の制度があります。

ランサーズの公式Twitterがエゴサーチして利用者にリプしているなど、企業努力が見える素敵なサイトです。

 

www.lancers.co.jp

 

ココナラ

最近、テレビCMなどでよく見かける「ココナラ」。

「スキルのフリマ」という見出し通り、自分のできることを出品できます。

出品内容はライティング業務だけでなく、イラスト作成など幅広く出品されています。

少し変わった面白い出品もあります。自分の能力でできそうなことを出品すると良いでしょう。

 


無料会員登録してサービス内容を見る

 

悩んだらまずはやってみよう!

Webライターの案件には様々なものがあります。

書けそうな案件に応募しまくり、実際に執筆してみることが大切です。

知らない分野でも調べていくうちに楽しくなったり、逆に得意分野をさらに極められたりする可能性があるからです。 

 

悩んでいるだけでは副収入を稼げません!

上記のクラウドソーシングサイトの登録は無料です。

副収入を得たいと思っている人は、まず登録してどのような案件があるか確認することから始めてみましょう。