Webライターの文字単価の相場とは?単価別の特徴や単価アップの方法も解説

Webライターの文字単価 相場と特徴を解説!

こんにちは、不動産ライターの小花絵里(おばなえり)です。

Webライターの報酬は、「文字単価」により計算されることが多くあります。

自分の好きな仕事を選べるメリットがあるWebライターですが、文字単価の相場や特徴がわからないと仕事を選びにくいですよね。

そこで今回は、会社員の副業ライターからフリーランスのWebライターになった私が、文字単価の相場や特徴について解説します。

単価アップの方法についてもご紹介しますので、もっと稼ぎたいと考えているWebライターの方はぜひ参考にしてみてください。

絵里

Webライターに仕事を発注する方にも参考になれば幸いです。

この記事を書いた人:小花絵里(おばなえり)
目次

Webライターの報酬は「文字単価」「記事単価」で決まることが多い

Webライターの報酬は「文字単価」「記事単価」で決まることが多い

Webライターの報酬は「文字単価」もしくは「記事単価」により計算されることが多くあります。

ここでは、文字単価・記事単価を含めて、Webライターの単価について解説します。

文字単価とは

文字単価とは、「1文字あたりの単価」のこと。たとえば、1記事3,000字の仕事を文字単価2円で受注する場合は「3,000字×文字単価2円=6,000円」の報酬になります。

執筆した文字数で報酬が計算されるので、単純な執筆作業のみの案件に用いられやすい傾向にあります。

クラウドワークス ランサーズ ココナラ などのクラウドソーシングで募集されているWebライティングの仕事は、文字単価により報酬が決められることがほとんどです。

絵里

私は基本的に執筆以外の作業をしないので、文字単価で受注しています。

記事単価とは

記事単価とは、「1記事あたりの単価」のこと。文字数に関係なく、制作した「1記事」に対して報酬額が決められます。

Webライターに依頼される仕事は、記事の執筆だけではありません。WordPressなどへの入稿作業や画像選定、取材・インタビューなど、「Web記事を制作するための作業全般」をすることもあるのです。

絵里

1記事の制作にかかる労力を考慮して「記事単価」が設定されるのですね。

その他の計算方法(時給など)

アルバイト・パートと同じように、時給により報酬が計算されることがあります。時給計算されるケースの多くは、ライティングだけでなく編集・ディレクターなどの業務もあわせて依頼されることが多いでしょう。

絵里

私も、編集の仕事をしていたときは時給計算で報酬を頂いていました。Webディレクターを兼任している人の中には、1か月あたりの固定給が決められていることも。

その他、集客・販売を得意とするコピーライターの中には、PVや商品の販売数に応じて報酬を設定している人もいます。

読者さん

Webライターの得意分野によっても、単価の相場や考え方が変わりそうですね!

【Webライター】文字単価の相場と特徴

Webライターの文字単価の相場と特徴

基本的に、Webライターの文字単価・記事単価は、記事の種類やジャンル、ライター個人のスキルなどにより決められます

ここでは、フリーランスのWebライターとして活動している私の経験や他のWebライターの方々からの話を総合して、文字単価の相場と特徴をまとめました。

  • 文字単価0.5~1.0円(初心者・未経験者向け)
  • 文字単価1.0~2.0円(脱初心者向け)
  • 文字単価3.0~6.0円(専門的なスキルのある人向け)
  • 文字単価6.0~10円(専門家・取材ライターなど)
  • 文字単価10円以上(クライアントや仕事内容に応じて決まる)

文字単価0.5~1円(初心者・未経験者向け)

仕事の特徴
  • クライアントは個人または小規模の法人が多い
  • クラウドソーシングで多く募集されている
  • 初心者向けに細かいマニュアルが準備されていることが多い
  • メディアごとに細かいレギュレーションが決まっている
  • Webライターの書いた文章がそのまま掲載されることはほとんどない
  • 商品紹介やエンタメなど誰でも書きやすいジャンルが多い

初心者Webライターや未経験者の方は、文字単価0.5~1円程度の仕事から始めることが多いでしょう。

文字単価1円未満の仕事は主に初心者・未経験者を対象にしているため、あらかじめ記事の骨組みが決まっていたり、執筆マニュアルが用意されていたりすることが多くあります。

これからWebライターにチャレンジしたい!と考えている初心者・未経験者の方は、「初心者歓迎」「未経験可」などの案件を探すことをおすすめします。

絵里

初心者の方は、まずは文字単価1円の仕事を獲得できるようにスキルアップしていきましょう。

文字単価1~2円(脱初心者向け)

仕事の特徴
  • クライアントは個人・法人どちらもあり
  • クラウドソーシングで多く募集されている
  • レギュレーションを守り、きちんとリサーチをして執筆することが求められる
  • 専門性の高いジャンルは監修者を別で準備していることが多い(=ライターには特別な知識・経験を求めていないことが多い)
  • 執筆以外の作業(WordPressへの入稿・画像選定など)を依頼されることも

ある程度Webライターの仕事に慣れてくると、文字単価1円以上の仕事も獲得できるようになるでしょう。

文字単価1~2円になると、決められたレギュレーションを守り、きちんとリサーチして執筆することが求められます

また、金融・不動産・医療などの専門性が高いジャンルの場合、監修者を別で準備していることが多いのが特徴です。

絵里

専門性の高いジャンルにも挑戦したい!という人は、まずは文字単価1~2円の仕事から挑戦してみましょう。きちんとリサーチできれば勉強になりますよ。

文字単価3~6円(専門的なスキルのある人向け)

仕事の特徴
  • クライアントは法人(メディア運営元から直接・Web制作会社など)
  • クラウドソーシングでの募集は少なめ
  • 個別に依頼がくることがほとんど
  • 専門的な知識・経験が求められるジャンルが多い
  • 記名記事となることが多い

Webライターの場合、文字単価3円以上になると何かしらの専門性が求められることがほとんどです。さらに、個人のクライアントはほとんどいなくなります。

クラウドソーシングでの一般募集は少なく、個別依頼になることが多いでしょう。

絵里

Webライターとしては初心者でも、特別な資格や経歴があれば文字単価3円以上の仕事も獲得しやすいですよ。

文字単価6~10円(専門家・取材ライターなど)

仕事の特徴
  • クライアントは法人(メディア運営元から直接・Web制作会社など)
  • クラウドソーシングでの募集はほとんどない
  • 個別に依頼がある
  • 掲載先は大手企業運営のメディアが多い
  • 専門的な知識・経験が求められるジャンルが多い
  • 取材などの執筆以外の対応が求められることも
  • 記名記事となることが多い

文字単価6円以上になると、クラウドソーシングでの一般募集はほとんど見かけなくなります。

また、Webライターに文字単価6円以上の予算を出せるということは、それなりに規模の大きい企業が多くなっていきます。

絵里

金融・不動産・医療のジャンルは、テーマによって文字単価6円以上となることも多いですよ。

取材ライターの相場は1記事3~5万円程度。作業内容などにもよりますが、文字単価にすると10円前後になることが多いようです。

文字単価10円以上(クライアントや仕事内容に応じて決まる)

文字単価10円以上になるときは、上記に加えてWebライター自身のスキルやクライアントの予算、執筆テーマ、作業内容などにより決まることが多いでしょう。

なお、執筆以外の作業が増えてくると、記事単価で計算されることが多くなります。特に取材・インタビュー記事は企画から担当するケースが多いため、1記事制作にかかる作業時間から時給計算して「記事単価」を設定している人もいますよ。

絵里

私は文字単価5~6円程度で仕事を受注することが多く、最高で20円の仕事をしたことがあります。ジャンルやテーマによっても単価の相場は変わるでしょう。

私が文字単価5円以上の仕事を獲得している方法については、noteにまとめています。興味のある方は、こちらもご覧ください。

Webライターが単価アップするための方法

Webライターが単価アップするための方法

必ずしも「単価が高ければ良い仕事」というわけではありませんが、できれば単価が高い仕事をしたいと考えている人が多いのではないでしょうか?

ここでは、Webライターが単価アップするための方法について解説します。なかなか単価が上がらず悩んでいるWebライターの方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 自分の価値を高める
  • 応募・提案する数を増やす
  • 単価交渉する

自分の価値を高める

Webライターの仕事に限りませんが、「誰でも簡単にできる作業」には価値を見出しにくいのが現実です。

単価アップするためには、自分自身の長所をハッキリさせて伸ばしていくなど価値を高める努力が必要でしょう。

自分の価値を高めるための一例
  • どんなジャンルでも徹底リサーチして記事を書ける「雑記ライター」
  • 薬機法をきちんと遵守して記事が書ける「美容ライター」
  • FPなどの国家資格を取得して「金融ライター」としての権威性を高める
  • 取材・インタビューを得意とする「取材ライター」になる
  • 企画から担当できる「Webディレクター」を目指す など
絵里

私は権威性を高めるため、資格取得に力を入れています。

応募・提案する数を増やす

クラウドワークス ランサーズ では、常に数多くの仕事が募集されています。今よりも単価の高い仕事に応募・提案する数を増やすことで、単価アップを狙える可能性が高まります

絵里

私も最初はクラウドソーシングで募集されている仕事にたくさん応募・提案していました。

ご自身の作業時間と納期を確認した上で応募していきましょう。契約前にスケジュールを調整(場合によっては辞退)することも大切です。

単価交渉する

長く継続している案件でも、クライアント側から単価アップを提案してもらえることはかなり稀です。

作業量を増やして収入アップを目指す方法もありますが、できれば単価を上げて少ない案件数で収入アップを目指していきたいと考える人も多いのではないでしょうか?

単価アップを考えるのであれば、単価交渉は避けて通れない道になるでしょう。単価交渉の仕方やタイミングについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

絵里

私も現在の単価になるまでは何度も単価交渉をしてきました。

Webライターに依頼する方法と相場はどのくらい?

記事の種類や作業内容によっても単価相場は変わる

ここでは、Webライターに記事制作を依頼する場合の方法と相場について解説します。

Webライターに仕事を発注したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

  • クラウドソーシング
  • SNS(Twitter)
  • Web制作会社

クラウドソーシング

クラウドソーシングでの一般募集は、初心者向けに文字単価1円前後であることが多いでしょう。

なお、一般募集では初心者の方からの応募が多くなります。そのため、知識・経験のある人に依頼したい場合は個別に依頼することをおすすめします。

絵里

クラウドソーシングでは、独自のランク制度やキーワード検索からWebライターを探せますよ。

おすすめクラウドソーシング

SNS(Twitter)

Twitterでは「#ライター募集」のハッシュタグなどによるツイートでWebライターの募集をしていることがあります。

Twitterに登録しているWebライターは初心者から上級者まで様々です。ツイートで募集されている仕事は、Webライター個人のスキルや経験などに応じて変動するケースが多いでしょう。

絵里

私の感覚としては、ツイートで見かける募集は文字単価1~3円程度が多い印象です。

まったくの初心者ではなくある程度Webライターの仕事に慣れている人を募集したい場合に、Twitterも活用しているケースが多いようです。

Web制作会社

Web制作会社にメディア運営のすべてまたは一部を委託して、Web制作会社からWebライターに発注する方法です。

企画や編集はWeb制作会社が担当することが多いため、Webライター個人に発注するよりも費用がかかる可能性が高いでしょう。

また、会社ごとに作業内容や料金プランが異なるので確認が必要です。

Webライターは文字単価の相場や特徴を理解しておこう!

Webライターは文字単価の相場や特徴を理解しておこう!

今回ご紹介したように、Webライターの報酬は文字単価もしくは記事単価により計算されることが多いのが特徴です。

文字単価の相場と特徴を知り、ご自身に適した仕事を受注していきましょう!

Webライターに仕事を発注するクライアントの立場になる方の参考にもなれば幸いです。

  • 未経験だからいきなり1人で仕事するのは不安…
  • Webライターに必要なスキルをオンラインで学びたい
  • 仲間と一緒にスキルアップしていきたい
  • Webライター以外の在宅ワークも興味がある etc…

このような方は、全29種類のコースが定額で学び放題「SHElikes(シーライクス)」がおすすめ!

SHElikesでは、Webライターだけでなくパソコン1つで働けるクリエイティブスキルを幅広く学べます

仲間と一緒にスキルアップできる仕組みが作られているので、挫折しにくいことメリットも。

まずは無料体験レッスンに参加して、興味のある講座を体験してみてください!

\ オンラインで定額学び放題♪/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次