不動産×ライターの生きる道

不動産ライターによる副業&投資ブログ

Webライターに向いている人・向いていない人の特徴とは?現役Webライターが解説!

副業や在宅ワークの中でも人気が高い仕事の1つが「Webライター」。

「Webライターに興味はあるけれど、私自身がWebライターに向いているかどうかわからない」と悩む人がいるのではないでしょうか。

そこで今回は、Webライターに向いている人・向いていない人それぞれの特徴について解説します。

Webライターに興味がある人の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

 

Webライターに向いている人の特徴

f:id:ERIx:20210303154713j:plain

ここでは、Webライターに向いている人の特徴を解説します。

1つずつ解説しますので、Webライターに興味のある人はぜひ参考にしてみてください。

  • 文章を書くことが好きな人
  • クライアントの求める文章を書くことが苦ではない人
  • メールやチャットでのコミュニケーションがとれる人
  •  1人で地道な作業を行うことができる人
  • 情報を集めることが得意な人
  • タイピングが得意な人
  • スケジュール管理ができる人

 

文章を書くことが好きな人

Webライターの仕事のほとんどは、文章を書いたり修正したりする地道な作業です。

特に初心者のうちは稼げない状況が続くことも多いので、そもそも文章を書くことが好きな人でないと続けられない可能性があります。

ですから、文章を書くことが好きな人はWebライターに向いているといえるでしょう。

 

クライアントの求める文章を書くことが苦ではない人

Webライターの主な仕事は、クライアントの求める文章を書くことです。

そのため、あらかじめ執筆のルールが決められていたり、執筆した記事に対して修正が求められたりすることがあります。

自分を表現したい!クライアントの意見は関係ない!という人は、Webライターよりもブログなどの方がおすすめです。

 

メールやチャットでのコミュニケーションがとれる人

Webライターは、クライアントとの連絡を主にメールやチャットで行います。

基本的に対面することはなく、インターネット上でやり取りが完結します。

私は地方在住なこともあり、Webライターの仕事で関わった人とは誰とも会ったことがありません。

対面せずにインターネット上のみでのコミュニケーションをとれる人は、Webライターに向いているといえるでしょう。

 

1人で地道な作業を行うことができる人

Webライターは、ひたすら文章やWebメディアと向き合う仕事です。

文章を書く・修正する・読みやすいように編集するなどの地道な作業を行います。

1人で引きこもって作業をすることが苦にならない人は、Webライターに向いているといえるでしょう。

 

情報を集めることが得意な人

Webライターに求められる記事の内容は「読者の悩みを解決するための記事」であることがほとんど。

そのため、記事の執筆にあたり情報収集が欠かせません。

誤った内容を公開するわけにはいかないので、クライアントから「この情報源はどこ?」と指摘されることも。

Webライターに向いている人の特徴の1つとして、Webや書籍などからの情報を集めることが得意な人が挙げられるでしょう。

 

タイピングが得意な人

Webライターは、基本的にパソコンで記事の作成を行います。

スマートフォンでも不可能ではありませんが、長い文章を書くにはかなり不便です。

タイピングがあまり得意でなくてもWebライターの仕事はできますが、タイピングが得意な人の方が記事の執筆がしやすいでしょう。

 

スケジュール管理ができる人

Webライターは決められた納期までに記事を納品することが求められます。

スケジュール管理ができずに仕事を引き受けすぎてしまうと、納期を過ぎて他の人に迷惑をかけてしまう可能性があるのです。

Webライターは個人事業主として仕事をしている人がほとんど。

したがって、スケジュール管理は自分で管理しなければなりません。

 

 

Webライターに向いていない人の特徴

f:id:ERIx:20210303154913j:plain

上記とは逆に、Webライターに向いていない人の特徴を解説します。

あくまで私の独断と偏見による特徴ですから、当てはまるからといって必ずしもWebライターができないわけではありません。

Webライターに興味がある人は、ご自身の特徴を踏まえて工夫しながら挑戦してみてください。

  • 文章を書くことが嫌いな人
  • どうしても自分を表現したい人
  • メールやチャットでのコミュニケーションが苦痛に感じる人
  • 引きこもって作業することが苦手な人
  • 納期などの約束を守れない人
  • 誰とも関わらず1人で仕事がしたい人

 

文章を書くことが嫌いな人

Webライターの仕事には執筆以外にも記事の構成案作成・編集・監修などがありますが、いずれにしても文章と向き合うことになります。

根本的に文章を書くことが嫌いな人は、Webライターの仕事を苦痛に感じる可能性が高いでしょう。

 

どうしても自分を表現したい人

Webライターに依頼される主な仕事は、クライアントが求める記事を完成させること。

したがって、クライアントが求める内容に反して自分を表現したい人には向いていないといえます。

どうしても自分を表現したい!誰の意見にも邪魔されたくない!という人は、ブログなどを利用しましょう。

 

メールやチャットでのコミュニケーションが苦痛に感じる人

Webライターの連絡ツールは、メールやチャットがほとんど。

インターネット上でのやり取りのみで仕事ができますので、実際に対面することはほぼありません。

そのため、実際に会って話す方が良いという人や、メールやチャットでのコミュニケーションを苦痛に感じる人は、Webライターに向いていない可能性があります。

 

引きこもって作業することが苦手な人

Webライターの仕事は、記事を書く・修正するといった地道な作業です。

基本的には、部屋に引きこもって1人でパソコン作業をすることになります。

引きこもって作業をすることが苦手な人は、Webライターの仕事が向いていないといえるでしょう。

 

納期などの約束を守れない人

Webライターの仕事では、表記のレギュレーションがあったり、納品期限などが定められたりすることが多くあります。

報酬を頂く「仕事」ですから、上記のようなクライアントとの約束を守ることは非常に大切なことです。

納期などの約束を守れないと、クライアントをはじめとした他の人に迷惑をかけることになります。

ですから、約束を守れない人はWebライターに向いていません。

引き受けた仕事は、責任をもって取り組みましょう。

 

誰とも関わらず1人で仕事がしたい人

Webライターの仕事は、Webライター1人で完結する仕事ではありません。

クライアントだけでなく、編集や校正といった別の工程を担当する人など、1つの記事に対して様々な人が関わっていることが多くあります。

したがって、誰とも関わらず1人で完結する仕事がしたい人は、Webライターには向いていないといえるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

【まとめ】Webライターに向いている人・向いていない人の特徴

f:id:ERIx:20210303155007j:plain

  • 書くことが好きな人はWebライターに向いている
  • 引きこもって地道な作業ができる人はWebライターに向いている
  • クライアントの意向に反しても自分を表現したい人はWebライターに向いていない
  • 約束を守れない・誰とも関わらず1人で仕事がしたい人はWebライターに向いていない

Webライターの仕事は、情報収集をして文章と向き合う地道な作業がほとんどです。

そのため、人によって向いているかどうかがわかりやすいのではないでしょうか。

Webライターに興味のある人は、ご自身の特徴を踏まえた上で、ぜひ挑戦してみてください。

 

なお、Webライターの仕事に興味がある人は、クラウドソーシングサイトの利用がおすすめです。

下記におすすめのクラウドソーシングサイトをご紹介していますので、気になる人は無料登録して仕事を探してみましょう!

おすすめクラウドソーシング

 

 

Webライターの始め方・稼ぎ方については、こちらの記事もご覧ください。