不動産×ライターの生きる道

元不動産営業→現役不動産ライターによる副業&投資ブログ。

ついに、1棟アパート大家になりました!その規模は…2戸!!

これまでブログでは、築古貸家と賃貸併用住宅についてお伝えしてきました。

実は先日、ついに1棟もののアパートを手に入れました…!

その規模は、なんと……2戸!

2戸の壁を超えられませんでした(笑)

 

今回は、1棟2戸のアパートを購入するに至るまでをお話しします。

 

スポンサーリンク

 

 

きっかけは、業者との何気ない会話

f:id:ERIx:20200311195512j:plain

ある日、夫は知り合いの不動産業者Aさんと雑談をしていました。

Aさんは雑談の中で、こんな話をしていました。

知人オーナーが物件をXXX万円で売却しようとしているらしい。俺が買おうかな~と思ったんだけど、キャッシュが減るのは困るんだよね。だから見送ろうかなって思ってる。

もう少し話を聞くと、明らかに値付けがおかしい!

立地や築年数などを考えると、市場に出したら倍の価格でもおかしくない。

簡単にいえば安すぎる。

 

「Aさんが辞退されるのであれば、私に購入させてもらえませんか?今すぐ買付証明書を提出します!」

 

そんなわけで、夫は物件を見る前に速攻で買付証明書を出したのでした。

私にはLINEで物件の概要を送ってきていたのですが、このときは購入の決断までしていたとは思いませんでした(笑)

 

購入物件の概要と決め手

今回購入した1棟2戸アパートの概要はこちら。

  • この地方の中では街中の立地
  • 最寄り駅まで徒歩15分程度
  • ファミリー向け・メゾネット3LDK
  • 敷地内駐車場は2台のみ(1部屋につき1台)
  • 物件にたどり着くまでに、細くて入り組んだ道を通る必要がある

ファミリー向けの間取りであれば、駐車場2台が必須となる地方。

敷地内に駐車場が1台しかとれないことはネガティブポイント。

しかし、決め手はやはり価格でした。

 

先約がいたが…

すぐにAさん経由で売主に連絡を取ってもらいましたが、既に先約がいるとのこと……。

ただ、先約の方はローン審査が通らなくてキャンセルになりそうということだったので、2番手で受け付けると言ってもらえました。

 

そして、先約の方はローン審査が通らなかったので、売主さんは私たちと話を進めてくださることになりました。

 

日本政策金融公庫の無担保ローンという選択肢

f:id:ERIx:20200311200353j:plain

話を進めることになった!…とはいえ、私たちもローンで支払いたい。

以前、築古貸家を購入したときは金融機関で門前払いされてしまったので、今回は最初から日本政策金融公庫を訪ねることにしました。

築古貸家の話はこちら。

www.erix.work

 

日本政策金融公庫の新創業融資制度

今回、日本政策金融公庫を選択した理由は次のようなものです。

  • 事業としての融資のため、金融機関の不動産投資ローンとは判断基準が異なる
  • 無担保ローンが選択できる
  • 投資初心者にも門戸が広い
  • 少額でも融資してもらいやすい

このうち、日本政策金融公庫を選択した1番の理由は「無担保」でした。

無担保で借りられるということは、物件に抵当権を設定しないということ。

私たちは、共同担保用の資産を確保したかったので無担保ローンを選択しました。

今後、もっと規模の大きい良い物件が見つかったときに、少しでも良い条件で借り入れできるように準備しておきたかったのです。

無担保・無保証人で借り入れできる、日本政策金融公庫の新創業融資制度についてはこちらの記事をご覧ください。

www.erix.work

 

 

スポンサーリンク

 

 

現在入居率1/2=50%!入居者募集中!!

f:id:ERIx:20200311200737j:plain

無事に決済・引渡しが終わり、現在の入居率は1/2=50%!入居者募集中!

この地方で客付けを有利にするには、やはり駐車場を確保すること。

今回は2台目駐車場を確保するために様々な工夫を行いました。

また近いうちに更新しますので、乞うご期待!

 

追記:更新しました。

www.erix.work