Webライター関連記事は新サイトに移転しました。新サイトはこちら

食い違う間取り!何度伝えても全然違う間取りを提案するアパートメーカー

本ページはプロモーションが含まれています。
しんし

こんにちは、現役賃貸営業マン&不動産投資家のしんし(@shinshi_fudosan)です。

旗竿地に建物が入ることがわかったので、間取りの詳細を決めていきます。

今回は、アパートメーカーに希望の間取りプランを作成してもらっていたときの話です。

前回の話はこちら

この記事を書いた人:しんし
目次

土地の買付後、アパートメーカーに間取り作成を依頼

土地の買付後、アパートメーカーに間取り作成を依頼

土地を買付した後、下記の希望を伝えてアパートメーカーに間取り作成を依頼をしました!

私が希望していた間取り
  • 駐車場が世帯数に対して1台しか確保できないなら「1K」
  • 駐車場が世帯数に対して2台確保できるならカップル向け「1LDK」
  • 上記のいずれにしてもサンルームを作ってほしい

この地域は全国的にみても日照時間が短く、特に冬は雪が降ることもあってなかなか洗濯物を外に干すことができません。そのため、室内で洗濯物が干せるサンルームが重宝されています。

後日提案されたのは、希望が全然反映されていない間取りだった

後日提案されたのは、希望が全然反映されていない間取りだった

アパートメーカーに間取りの希望を伝えてから約1か月後、図面ができたと連絡がありました。

早速図面を見てみると…

提案された間取り
  • 世帯数に対して駐車場1台しかとれないのに
  • カップル向け1LDK
  • しかもサンルームなし
しんし

私の伝えた要望がまったく反映されていない!!!!!!

確かに土地の広さを考えたら、せっかく広い間取りが入るのだから同じ世帯数なら大きい間取りにした方がいいのかな?とも思えました。

しかし、このエリアで賃貸営業をしていた私は、駐車場が1台しかない築浅カップル向け1LDKの客付けに非常に苦戦をした経験があります。

そのため、土地の広さから考えてもったいないと思っても、駐車場が1台しか確保できないカップル向け1LDKは許容できませんでした。

今回私の伝えた要望がまったく反映されなかったのは担当者に口頭で伝えてしまったからかもしれないと考えた私は、間取りの要望「サンルーム付き1K」と紙に書いて伝えました

ここ数年、このエリアで建てられた新築物件は1LDKばかり。エリア内で築浅1Kは供給が少なかったため、他社と被らないように1Kで作ってもらうよう依頼をしたのでした。

修正依頼をしたのに提案された間取りはまさかの…

修正依頼をしたのに提案された間取りはまさかの…

アパートメーカーの担当者に間取りの修正をお願いしてから1か月後、再び間取りを提案してもらえました!

担当者

しんしさん、良い間取りができましたよ~!

しんし

これは期待できるぞー!

そして完成した図面を確認したら、なんと!サンルームなし1LDKの間取り!!

またまたこちらの希望がまったく反映されていない間取りが出来上がっていました。今回は「サンルーム付き1K」しか要望がないのに、何一つ合っていない(泣)

こちらの希望がまったく反映されていない間取りが2回続いたので、さすがに担当者に理由を確認してもらいました。

なぜ今回のようなことが起こったかというと…営業担当者は設計担当者に私の要望を伝えていたそうなのですが、設計担当者が「この間取りの方が絶対にいいから!」とのことで、今回の提案になったようです…。

しんし

せめて事前にこの経緯を教えてくれていたらよかったのですが(笑)

しかし、設計担当者が自信をもっておすすめしていた通り、私の希望とは違うけれどたしかに良い間取りだなと思えたので概ねこのまま進めることに。

とはいえ、この地域で暮らすならサンルームは必須。全部屋サンルームを作るのは難しいのかもしれないけれど、できる限り多くの部屋でサンルームを作ってほしいという要望は伝えました。

実際の間取りはどうなった…!?次回は、新築アパートで作成した間取りをご紹介したいと思います!

不動産情報をお探しの方へ

気になるエリアにどのような物件があるのか知りたい方は、無料で複数の不動産会社に物件情報の取り寄せ依頼ができる一括資料請求サービスの利用がおすすめです。

【PR】不動産情報を探すなら「タウンライフ」

【公式】タウンライフ不動産

  • 完全無料あなたの希望に合う物件情報をご提案!
  • 複数社から気になる不動産会社を選択可能
  • タウンライフ独自の基準を満たした不動産会社のみ掲載
  • 物件を探す手間を省けるので忙しい人も◎

\ 簡単スピード登録!物件情報を入手しよう /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次